Baby&Kids

お母さんが自分の人生を楽しんで生きる姿が最高の手本!

vol.906【1日1成長お母さん】お母さんは素敵な人生の先輩になって子どもの人生を導こう

お母さんはいつだって子どもの応援隊長!幸せを願うからこそ頑張っている

お母さんはいつでも子どもの幸せを願っているもの。自分の人生を楽しんで、好きなことに打ち込んでイキイキと生きてほしい。そんな風に思っていることでしょう。
子どもには幸せになってほしいし、自分に自信を持ってほしい。後悔のないように、思い切りチャレンジして生きてほしい。お母さんが毎日家事に仕事に子育てに忙しくても頑張れるのは、そんな思いがあるからこそではないでしょうか。

子どもは親の頑張りをちゃんと見ている。子どもの将来にも影響を与える

6歳のKちゃんはお母さんが大好きです。いつも仕事に走り回っているお母さんですが、家に帰ってご飯を作ってくれたり、一緒にお風呂に入って楽しく遊んだりするのが大好きなのです。
「私ね、大きくなったらお母さんと同じ仕事するの」とKちゃんは言います。「どうして?」と驚いたお母さんが聞くとKちゃんはこう言いました。「だってお母さんすごーく頑張って、毎日楽しそうなんだもん!」

子どもの一番身近な大人はお母さん。楽しむ姿が子どもの将来を明るくする

子どもが人生を自分で切り開き自信を持って生きる子にするには、いろいろな方法があることでしょう。でも1つ確実に大きな影響を与える事があります。それは“お母さんが自分の人生を楽しんでいること”です。
子どもを幸せにしたければ、お母さんが自分の人生を楽しんで、幸せに生きている姿を見せる事がとても大切です。それが子どもにとっての大人のイメージを形作るからです。

お母さんが自分の人生を楽しむ。まずは1日1回、好きなことをしてみよう

お母さんが人生を楽しめば、子どもは必ず自分の人生を楽しむ大人になれます。お母さんのイキイキとした姿が「大人って楽しそうだな」と大人になることを楽しみに思えます。自分の将来を楽しみに思い描く事ができるようになるのです。
日常の小さなことからでも構いません。まずは1日1回、1ヵ月に1回など、自分で決めて好きなことをしてみましょう。お母さんの姿が子どもの未来の明るい手本となるでしょう。

今日の1日1成長

子どもの人生を豊かにするため、お母さんが自分の人生を楽しんで生きよう!
子どもの自己実現力も1成長、お母さんの自己肯定力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!