出典:「布小物Chaton noir*シャトンノアール*手作りと子育てと Powered by Ameba」

Baby&Kids

入園・入学グッズにも!手縫いでもできる巾着の基本的な作り方

巾着袋は大きさやマチによってさまざまな用途に使えるマルチなアイテム!入園や入学に際して必要になることも多いので、作り方を覚えておくと便利です。縫い方は簡単な直線縫いだけなので、手芸の初心者という人でも作りやすいでしょう。ミシンがなくても手縫いで作ることもできるので、特に子どもの入園・入学を控えているママは、この機会に巾着袋の作り方を覚えてみては?

■簡単!基本的な巾着の作り方

基本の作り方さえおさえておけば、さまざまな大きさの巾着袋を作ることができます。コップ袋、お弁当袋や体操着入れなど、子どもが幼稚園や小学校などで使うグッズにも応用できるので、知っていて損はなし!それでは基本的な巾着の作り方を見ていきましょう。

出典:「handmade-kikiのブログ Powered by Ameba」

・必要な材料


<材料(紐両側・裏地あり・マチなし)>
横:幅+縫い代3cm
縦:高さ+縫い代3cmの倍の長さ
上記サイズの布を表布・裏布それぞれ1枚ずつ
巾着の幅の2倍+20cmの長さの紐を2本

縦半分に折り、巾着の底部分をわにして作ることで工程を少なくすることができます。ただし柄の向きに上下があるものはこのまま作ると片側の柄が上下反対になってしまうので、その場合は縦の長さを「高さ+縫い代4cm」で計算し、表布・裏布それぞれ2枚ずつ用意しておきます。
紐の長さも、長めがいい、短めがいいなどあれば各々調整してください。

・基本の巾着の作り方

出典:「*Ravi* 富士・富士宮で活動中 couturelapin主催 Powered by Ameba」

1.表布・裏布を中表にした状態で重ね、長さの短い方(巾着の横幅の部分)の布端から3cmのところを縫い合わせ、縫い始め、縫い終わりは返し縫いをしておきます。片側が縫い終わったらもう一方も同様に縫い合わせます。
2.縫い合わせたところをアイロンで割り、裏布は左に、表布は右にくるように縫い目を中心に合わせ、返し口・紐通し口をそれぞれ開けてぐるっと縫います。返し口は裏布に8cmほど、紐通し口は表布に、裏布との境の縫い代から2cm作っておきます。サイドになる部分は端から1.5cmの部分を、表布の底になる部分は端から1cmの部分を縫い代に。
3.表に返したときにゴワつかないように、角になる4ヶ所を斜めにカットしておきます。縫い目から数ミリ離して切ることがポイント。
4.脇は縫い代を割り、アイロンをかけます。このとき、底部分になる辺は2枚とも同じ側へ倒してアイロンをかけ、表布、裏布が同じ方向に倒れないよう互い違いになるようにしましょう。
5.返し口から布を引っ張り出し、表へ返し、裏布を表布の中へ入れ込みます。裏布がすべて中へ入るように整え、奥まできれいに布をならします。
6.端から2cmの部分をぐるっと一周縫い、袋口を作ります。縫い終わりは返し縫いをしましょう。
7.返し口を縫って綴じ、袋口に紐を通したら完成です!

裏地付きの巾着は、返し口をきれいに綴じればリバーシブルとしても使うことができ、気分によって柄を変えることもできます。もちろん手縫いで作ることもできるので、ミシンがなくても挑戦できますよ。

■裏地なしの巾着の作り方

裏地付きはなんだかハードルが高いという方は、まずは裏地なしの巾着を作ってみてはいかがでしょうか。少ない布でより簡単に巾着袋が作れます。

・必要な材料


<材料(紐両側・裏地なし・マチなし)>
横:幅+縫い代2cm
縦:高さ+縫い代3.5cmの倍の長さ
上記サイズの布を1枚
巾着の幅の2倍+20cmの長さの紐を2本

裏地のない巾着は裏地のあるものに比べて布が半分で済むので、ハギレなどを利用して作ることもできます。柄の向き上下がある布の場合は、横方向はそのままで縦方向の長さを高さ+縫い代4.5cmに変更し、布を2枚用意して中表に重ね、下から1cmのところで縫い合わせておきましょう。

・裏地なしの巾着の作り方


1.布を裏にし、端から1cmのところを手前に折り返します。さらに2.5cm折り返し、折り目をつけておきます。
2.1cm折り返した状態で、巾着のサイドになる部分にジグザグミシンをかけてほつれ止めをします。手縫いの場合はブランケットステッチなどを施しておくとほつれ止めになります。
3.中心線から中表の状態で布を半分に畳み、上から7cm程度のところにあき止まりを作り、下からあき止まりまで両サイドを縫います。このとき縫い代は、端から1cmのところ。
4.上からあき止まりまでの縫い残した箇所をアイロンできれいに折ります。
5.アイロンで折った部分を上から下へ縫い、あき止まりの下を通り、反対側のアイロンで折った部分を下から上へ縫っていきます。縫い跡はカタカナの“コ”の字のようになります。
6.最初につけた2.5cmの折り目で布端を畳み、端から0.5cmの部分を縫い、袋口を縫います。紐通し部分は2cmになります。
7.紐を通したら完成です!

■マチありの巾着の作り方

マチありの巾着は、たくさんの物を入れるのにとても便利です。マチを広くとればお弁当袋が作れます。マチありの巾着袋の基本的な作り方をマスターすれば、好きなようにマチのサイズも変えることができるので、巾着袋の幅をグンと広げることが可能です。

・必要な材料


<材料(紐両側・裏地あり・マチあり)>
横:幅+マチ+縫い代3cm
縦:高さ+マチの半分の長さ+縫い代3cmの倍の長さ
上記サイズの布を表布・裏布それぞれ1枚ずつ
巾着の幅の2倍+20cmの長さの紐を2本

柄に上下の向きがない布は縦の用尺の半分になる部分はわになるように布を裁ちます。柄に上下の向きがあるものは、縦の用尺を高さ+マチの半分の長さ+縫い代4cmのものを2枚用意し、柄の向きが逆にならないよう中表に合わせて下から1cmのところを縫い合わせておきましょう。

・マチあり巾着の作り方


1.表布と裏布が表裏になるよう重ねて、辺の短い布の上下に当たる部分の布端3cmを縫い合わせます。
2.縫い代をアイロンで割り、縫い目を中心で合わせて左に裏布・右に表布がくるようにします。
3.サイド部分を1.5cmの縫い代で縫います。このとき、返し口は裏布に8cmほど、紐通し口は表布に、裏布との境の縫い代から2cm作っておきます。
4.表裏の布の両端(底になる部分)にマチを作っていきます。まずサイドの縫い目と中心(短い辺の部分)が重なるように合わせて、直角三角形になるようにします。そしてマチの長さ分、横に縫っていきます。
5.マチの部分が縫えたら、三角形の先の余分な布を切り取ります。そのあと布端をジグザグミシン(手縫いの場合はブランケットステッチなど)でほつれ止めを施しておきます。
6.返し口から布を引き、表に返します。すべて表に返したら、表布に裏布がきれいに納まるよう入れ込んでいきます。
7.端から2cmの部分を一周縫い、袋口を作ります。
8.返し口を縫って綴じ、紐を通せば完成です!

両紐、裏地あり、マチありの巾着は紹介した巾着の中でも難しい部類に入るでしょう。しかしマチの作り方以外は基本の巾着の作り方と同じなので、マチの作り方さえおさえておけばすんなり作ることができると思います。

■片引きの巾着の作り方

片引きの巾着袋は、紐が1本で済むので紐が両側のものよりも作りやすく、小さい子でも扱いやすいという利点があります。幼稚園や保育園の園グッズは両引き巾着でもいいですが、子どもがより扱いやすいものをと考えているのなら片引き巾着でそろえるのがおすすめです。

・必要な材料


<材料(紐片側・裏地なし・マチなし)>
横:幅+縫い代1cmの倍の長さ
縦:高さ+縫い代4cm
上記サイズの布を1枚
巾着の幅の2倍+20cmの長さの紐を1本

・片引き巾着の作り方


1.上の布端から1cmのところで折り目をつけ、さらに2cm折り返して折り目をつけます。
2.1cm折り返した状態で布の両端(巾着のサイドに当たる部分)にジグザグミシン(手縫いの場合はブランケットステッチなど)でほつれ止めを施します。
3.中表になるように中心から半分に折り畳み、ほつれ止めを施した辺の端から1cmを塗っていきます。このとき、上から6cm程度のところにあき止まりを作り、あき止まりから下の部分だけを縫うようにします。
4.裏地なし巾着の4、5工程と同様に、縫い残した部分をアイロンで割り、“コ”の字になるように縫います。
5.サイドの縫い目を手前に倒した状態で、下から1cmの部分を塗っていきます。縫い目を倒すとき、ねじれたようになりますが表へ返せばきれいになるので気にしなくて大丈夫です。
6.底部分にジグザグミシン(手縫いの場合はブランケットステッチなど)でほつれ止めを施し、余分な布端は切り取ります。
7.最初に折り目をつけた上から2cmの部分を折り返し、布端から0.5cmの部分を一周縫い、袋口を作ります。このとき、サイドと底の縫い目は逆になるように折り畳んでおくと表に返したときにきれいに仕上がります。縫い始めと縫い終わりは返し縫いで補強しましょう。
8.紐を通したら完成です!

■みんなの作ったおしゃれな巾着を紹介

巾着袋と聞くと、なんだか古臭いイメージを持つ人もいるかもしれません。ですが、作り方次第でおしゃれでかわいい巾着はいくらでも作れるのです!
みんなが作ったすてきな巾着の実例を紹介します。

・フリル巾着

出典:「LuLu Ribbon's Powered by Ameba」

巾着の周りの部分にフリルをつけるだけで、女性らしさがグンとアップします。サテン生地を取り入れれば、大人の女性の雰囲気漂うアイテムに。このほか、袋口を2段にすることで袋口をフリル状にすることもできます。

・チュール巾着

出典:「LuLu Ribbon's Powered by Ameba」

袋口をチュール生地にすれば、ドレッシーな雰囲気の巾着袋に。ちょっとした化粧品や、サニタリー用品を入れるのにピッタリのおしゃれなデザインがポイントです。

・リボン巾着

出典:「R's closet✱ナチュラルハンドメイド布小物雑貨✱Powered by Ameba」

巾着袋は紐部分をリボン結びにすれば、素敵なラッピングにもなります。紐を太めで長いものにすれば、プレゼント感もアップ!プレゼントは、ラッピング用の袋ではなくあえて手作り巾着に入れることで、温かみのある贈り物になるでしょう。

・フェルト巾着

フェルト生地を使った巾着袋は、布の端処理をしなくてもきれいに仕上げることができます。また、フェルト生地の巾着袋はクッション性に富んでいるので、傷つけたくない小物を入れるのに適しています。小さめに作ればピアスや指輪などのアクセサリーを入れるポーチとして使うこともできますよ。

■巾着の用途は無限大!

巾着袋は、幅や高さ、マチの長さを自在に変えることで、どんな用途にも合わせることができます。コップ袋、お弁当袋、体操着入れ、アクセサリーポーチやプレゼント用のラッピングにも!巾着袋の作り方をマスターして、便利に活用してみてはいかがですか?

引用文献
「布小物Chaton noir*シャトンノアール*手作りと子育てと Powered by Ameba」
「R's closet✱ナチュラルハンドメイド布小物雑貨✱ Powered by Ameba」
「LuLu Ribbon's Powered by Ameba」
「handmade-kikiのブログ Powered by Ameba」
「*Ravi* 富士・富士宮で活動中 couturelapin主催 Powered by Ameba」

Bukko

5歳差兄弟のママ。おもちゃ、小物、ヘアアクセサリーなど子育てに関するさまざまなハンドメイド品を多数作っています。子どもが喜ぶものづくりを追求していきたいです!似顔絵屋さんもしています♪
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!