出典:photoAC

Lifestyle

100均の材料だけでハーバリウム作り!ポイントや作り方紹介

インテリアやギフトに大活躍のハーバリウム。インテリアとしてだけでなく、最近ではボールペンの持ち手部分にもハーバリウムを施した製品や、ハーバリウムを照らす専用のライトが販売され人気の様子です。
そんなハーバリウム、家庭でも簡単に手作りできてしまうんです。しかも、材料はすべて100均でそろえることができてとっても経済的。今回は100均の材料を使ったハーバリウムの作り方やポイントをご紹介します。

■ハーバリウムってどんなものなの?

出典:@ fuku_milkさん

インテリアやプレゼントにも喜ばれるアイテムですが、「ハーバリウム」とは「植物標本」を意味する言葉で、もともとは研究のために集めた植物を乾燥させた標本のことを指していました。
現在の観賞用にされているハーバリウムのほとんどは、プリザーブドフラワーなどの花材をガラスの瓶に入れ、専用のオイルや液体に浸して作られています。
「部屋のなかの光のあたる場所に置くときらめいて何倍にも魅力が増す!」、「フォトジェニック♡」などの声も。
そのままお手入れ不要で1年以上みずみずしいキレイな状態を保つことも人気の理由のようです。

■全部100均でそろう!何を買えば良い?

出典:photoAC

販売されているハーバリウムのなかには高価なものもありますが、『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』などの100均でそろえた材料でもすてきなハーバリウムを作ることができます。
まず、100均でゲットすべき材料についてみていきましょう。

・ハーバリウムに欠かせない!ガラス瓶


まずは、ハーバリウムの入れ物にするためのガラス瓶を見つけましょう。100均にはいろいろなタイプの瓶の取り扱いがありますが、選ぶときのポイントは、キャップつきできちんと蓋の閉まる瓶であること。蓋が閉まらないと、なかに入れる液体がこぼれてしまうので要注意です。

・ベビーオイルなどの液体

出典:photoAC

本来は専用液などを使用するハーバリウムですが、今回は100均で手に入るもので代用します。
オイルなら主成分をみてミネラルオイルが多いものがベストなので、ベビーオイルなどがおすすめです。または、洗濯のりでも作ることができます。

・造花orドライフラワー


最後に、ハーバリウムの主役ともいえる花を選びます。100均にはいろいろな造花や、ときにはドライフラワーなども置いてあるので、好きなものをチョイスしてくださいね。どんな花でもいいのですが、ガラス瓶の大きさを確認して、なかに入りそうなサイズのものを選びましょう。
造花やドライフラワーにプラスして、貝殻やビーズなどの装飾品を入れるのも楽しいですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]