出典:筆者撮影

Beauty

ケイトのコンシーラーが驚きのカバー力!人気の理由を徹底解説

プチプラながらも質の高いメイクが叶うことで人気の『KATE(ケイト)』。ドラックストアで手軽に購入できるのが魅力ですよね。今回は、そんなケイトの“コンシーラー”にクローズアップ!驚きのカバー力で絶賛されたコンシーラーの特徴や使い方、ネットの口コミなどを元美容師のsayacoがまとめてご紹介しますよ。

「肌トラブルをカバーして、キレイなメイクを完成させたい!」という方は必見☆ぜひ参考にしてみてくださいね。

■上手なコンシーラーの選び方ってあるの?

出典:下地メイクの必需品!コンシーラーの魅力と人気ランキングをチェック @ mai_0901_さん

コンシーラーを購入しようと思ったときに、「どれを選んだらいいかわからない!」と困ったことはありませんか?それもそのはず、コンシーラーはいろいろなメーカーが販売しており、カラーもタイプも種類豊富!特に、コンシーラー初心者の方が自分の肌の悩みをカバーできるものを見つけるのは至難の業かもしれません。
そこでまずは、コンシーラーの上手な選び方を伝授。コンシーラーを選ぶときは、自分の肌の悩みをカバーするのにピッタリなカラーを見つけましょう。例えば、目の下のくまはオレンジ系やベージュ系、ニキビはイエロー系やグリーン系がおすすめです。
カラーが決まったら、今度はコンシーラーのタイプをチョイス!スティックタイプはカバー力の高さ、リキッドタイプは肌なじみの良さ、クリームタイプは伸びの良さが魅力ですよ。それぞれのメリットを考慮した上で、コンシーラーを選んでみましょう。

■スティックコンシーラーの基本的な使い方は?

気になるポイントに直接塗ってカバーできるため、初心者さんやメイクが苦手という人でも使いやすいスティックタイプのコンシーラー。まずは基本的な使い方からご紹介します。

・スティックコンシーラーの基本的な使い方

出典:下地メイクの必需品!コンシーラーの魅力と人気ランキングをチェック @ xx.m.beauty.xxさん

スティックコンシーラーはリキッドタイプに比べテクスチャが固めなので、ファンデーションの後に塗るのが基本です。シミやニキビ跡など、肌悩みポイントに直塗りしたら指の腹でポンポンとなじませていきます。コンシーラーとの境目が分からないように意識して塗ると、きれいに仕上がりますよ☆
その他に、口角のくすみや小鼻の赤みに塗っても効果的◎ただし、まぶたのくすみに塗ってしまうとアイシャドウがヨレやすくなってしまうので注意しましょう。

・コンシーラー×ブラシで頬の赤みもカバーできる!

出典:@ beauty_mmrさん

スティックコンシーラーを手の甲に伸ばし、ファンデーション用のブラシになじませたら、頬の赤みにくるくると広げます。こうすればコンプレックスだった赤ら顔も瞬時に解決♡
一般的に、固めテクスチャのスティックコンシーラーは顔料が多いため、カバー力もリキッドタイプに比べ優れています。厚塗りになってしまうとヨレやメイク崩れの原因になってしまうので少量ずつ重ねていくイメージで使いましょう。

■ケイトのスティックコンシーラーがすごい!

ネットの口コミで「コンシーラーでカバーしたとは思えないほどきれいな肌に仕上がる!」と高評価のケイトのスティックコンシーラー。その魅力をチェックしていきましょう。

・ケイト スティックコンシーラーA

出典:筆者撮影

ベストコスメランキングでも上位を占める「ケイト スティックコンシーラーA」。肌へのフィット感が抜群で、隠しにくいニキビ跡やシミも完璧にカバーできる!と話題に。するすると肌になじんでいく感覚がクセになるコンシーラーです。ちなみに、過去には「ケイト スティックコンシーラーN」という商品もありましたが、現在は販売していないようです。

・ライトベージュとナチュラルベージュの全2種類

出典:筆者撮影

スティックコンシーラーAのカラーバリエーションは、ライトベージュとナチュラルベージュの全2種類。白み肌のブルベの方はライトベージュ、クリーム系肌のイエベの方はナチュラルベージュがおすすめですが、プチプラなことから2色使いをしている方も多いようですよ☆

・ニキビ跡やシミ・そばかすをカバーしてくれる

出典:photoAC

スティックコンシーラーAは、ニキビ跡やシミ・そばかすをカバーする効果があります。スティックタイプのコンシーラーは部分的に使用するのに便利なので、小さなニキビ跡やそばかすも簡単にカバーできますよ。

■ケイトのコンシーラーでカバーできる?みんなが消したいところ

ニキビ跡やシミ・そばかすをカバーする効果が期待できる、ケイトのスティックコンシーラーA。実はさまざまな肌悩みにも効果的にカバーできる優秀アイテムなんです。

・目の下の茶グマにも効果的

出典:photoAC

目元がくすんで見えてしまう“クマ”には、青・黒・茶色の3種類があります。青クマをカバーするにはオレンジ系、黒くまをカバーするにはパール入りベージュ、茶グマをカバーするにはベージュ系がおすすめですが、ケイトのスティックコンシーラーAはベージュ系なので、茶グマに効果的ですよ◎

・ほうれい線カバーはライトベージュで

出典:photoAC

ほうれい線は、明るめのコンシーラーでカバーすることが可能!ハイライト効果でシワをカモフラージュできます。スティックコンシーラーAでは、ライトベージュがおすすめ。ほうれい線に対して垂直にコンシーラーを塗って、指で馴染ませましょう。

・ニキビの赤みをカバーするならナチュラルベージュ


ニキビの赤みをカバーするときはグリーン系のコンシーラーが効果的ですが、肌よりワントーン低いコンシーラーでカバーすることもできます。ケイトのスティックコンシーラーAの場合は、ナチュラルベージュがベスト!ニキビの赤みにチョンと乗せて馴染ませてください。小さな赤みならコンシーラーを綿棒に取り、のせるようにしてなじませると良いですよ◎

・気になるホクロもカバーできる

出典:photoAC

密着力が高いケイトのスティックコンシーラーAは、ホクロもカバーできるんです。ホクロをカバーするときは、ホクロ全体を覆い隠すようにコンシーラーを乗せて。スポンジでポンポンと馴染ませてから、ファンデーションやフェイスパウダーで仕上げましょう。

■実際に使ってみた感想は?ネットの口コミをチェック!

出典:筆者撮影

実際にケイトのスティックコンシーラーA使ってみた方の声をご紹介します。

「ケイトのスティックコンシーラーAは、肌にピタッと密着する感じ。小さなニキビ跡や小鼻のくすみカバーに重宝します」(24歳/飲食店勤務)

「ファンデーションとよく馴染むので、違和感なく仕上がります。コンシーラーをつけているのが全くわかりません」(27歳/保育士)

「いろいろなコンシーラーを試してきたけど、コスパがよくてカバー力も抜群なのはケイトのスティックコンシーラーAでした。くま隠し、シミ隠し、ホクロ隠しと多様に使っています」(26歳/ビューティーアドバイザー)

■ケイト スティックコンシーラーAが物足りないならコレがおすすめ!

スティックタイプで使いやすいことから人気のスティックコンシーラーAですが、“絶対無敵!”とはどうしてもいかないもの。“隠す”だけでなく、コントロールカラーや発光などによって美しく仕上げることも大切です。
そんなときにおすすめのコンシーラーが、ケイトからも発売されていますよ☆

・コントロールカラーでカバー!レタッチペイントパレット

出典:筆者撮影

スティックコンシーラーAでは隠し切れない「クマ消し」と「赤み消し」に特化した欠点スナイパー。クマ消しパレットにはオレンジのコントロールカラーが、赤み消しパレットにはグリーンのコントロールカラーがセレクトされています。さらに、使いやすいライト&ナチュラルベージュカラーや、肌を反射させるハイライトカラーも入っているので1,000円台で本当にいいの?と驚きを隠せません!

・眉毛まで消せる!?ハイカバーなら、パーツスマッシュ

出典:@ fei_fei1997さん

固めテクスチャのコンシーラーを付属のチップに取って肌にのせるという新感覚の使い方「パーツスマッシュ」。眉毛までも隠せるというのだから、だいたいの肌悩みはカバーしてくれそうですよね。とにかく高密着で、それでいて厚塗りがなくしっかりカバーしてくれるので、隠しにくいシミやニキビ跡に悩まされている方はぜひ試してみてください。

■ケイトのコンシーラーでトラブルなしの美肌を演出!

出典:筆者撮影

今回は、ケイトのコンシーラーをご紹介しました。密着度が高くカバー力も良いうえに、途中の化粧直しをしなくてもOK!という納得の名アイテム。キレイなメイクを長時間キープして、コンプレックス肌とサヨナラしましょう!まだ使ったことがない方は、ぜひ試してみてくださいね。

sayaco

インテリアコーディネーター×美容師という異色の資格をもつ新米ママ。
ある時は空間コーディネート、ある時は花嫁のメイクなど、得意なことを活かして働いていました♡
子育ても得意になりたい今日この頃。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!