Baby&Kids

わがままばかりの毎日にうんざり!不安を感じやすい子の対処法

vol.967【1日1成長お母さん】不安を安心に変える!気持ちを受け止め個性を認めてあげましょう

わがままや文句ばかりの子は不安を抱えている。お母さんを嫌いな訳ではない

いつもグズグズわがままを言ったり、何かにつけて文句ばかり言う子。お母さんは毎日のことにほとほと困ってしまいますね。
でも決してお母さんを困らせたくてグズグズ言うわけではありません。実は生まれつき不安が人より大きく、わがままや文句を言うことで心のバランスを保とうとするタイプの子がいるのです。
キッズコーチングではネガティブタイプと呼ばれます。わがままなのではなく、自己表現が苦手なだけなのです。

子どもの気持ちを否定してはいけない。気持ちを受け止め理由を探ろう

3歳のAちゃんは夕飯なのに「イヤ!」と突然泣き出しました。「どうしたの?」とお母さんが聞いても「これじゃない!」の一点張り。かれこれ30分「違うのにする?」と言っても駄々をこねます。
「イヤなのね」と気持ちを受け止め、落ち着くまで待ちました。落ち着いてきたAちゃんにお母さんが「どうしたら食べられる?」と聞きました。すると「お箸がいい!」と言い出したのです。
数回しか使ったことがないお箸。最近はスプーンでしたが、どうやら挑戦したかったようです。

感情のコントロールが苦手なだけ。気持ちを伝える言葉と解決方法を教えよう

思い通りにならなかったり、自分の不快の元がわからなかったりと感情を落ち着かせるのは子どもにとって容易ではありません。特にこのタイプの子は感情のコントロールが苦手です。
感情が高まってる時は抱きしめとタッチングで気持ちを落ち着かせ「お箸が使いたかったのね」「眠たいのね」「遊びたかったのね」と気持ちを伝える言葉を教えてあげましょう。
その後「どうしたい?」と尋ね、言葉が出てこないようなら選択肢を与えます。

“7秒抱きしめ”が不安を安心と自信に変える!スキンシップが最大の鍵

お母さんの愛情こそが、不安を安心と愛されてる自信へ変えてくれる最大の鍵。抱きしめたり、スキンシップをたくさん取ることで自信を育み自己肯定感を高めましょう。
7秒間抱きしめることで愛情ホルモンと言われるオキシトシンが分泌され、幸せな気持ちになれます。抱きしめることに抵抗があっても大丈夫!
お風呂や寝る前に足をもんだり、疲れていると感じた時に背中に手をあてながら声をかけてあげるとよいでしょう。

今日の1日1成長

わがままや文句は不安の表れ。7秒抱っこで安心感と自信を育てよう!
子どもの表現力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
杉岡由香(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!