Baby&Kids

共感力は効果絶大。公共の場で子どもを静かにする方法

vol.957【1日1成長お母さん】大きな声で叱るより、子どもの気持ちに寄り添う方法を見つけよう

2歳児の外出は興奮がいっぱい。公共の場では対策を考えておきましょう

2歳くらいの子どもは好奇心旺盛です。特に男の子の場合は活発に動く子が多いので、外出先でのお母さんは目が離せません。
興奮して走りまわり、飽きてしまったら大声で騒ぎ出すなど本能のままに行動をします。
そんな子に「静かにしなさい」と頭ごなしに叱っても効き目はありません。公共の場で周囲に迷惑をかけていると感じるようであれば、お母さんが子どもを連れてその場を離れるなど対策をしてみるとよいでしょう。

興奮している時に叱る、脅すは逆効果!まずは落ち着かせることが先決です

お母さんの職場の研修会に子ども同伴が許され、2歳のA君も一緒に出席しました。同じ年頃の子どもたちも参加していたのでA君は大喜びです。
ただ、会場の広さに興奮したA君は会場を走り回り研修に使用される教材で遊び始めます。お母さんが「やめなさい!」と叱りますがA君には全く通じません。
こんな時に「怒るわよ」などの脅しや「もう知らない」と突き放す行為は逆効果。まずは子どもが落ち着くことができる対応を心がけましょう。

話を聞いてほしい時は「叱る」よりも「共感」する方が効果的です

子どもは、大人の持ち物というだけで紙切れ1枚でも興味津々です。いたずらではなく、思わず手に取ってみたい欲求が抑えられないだけなのです。
頭ごなしに叱らず「きれいな色ね」など共感してあげ「お仕事に使う大切なものよ」と教えながら興味を他に移しましょう。
子どもは共感されたことで、相手に心を開きます。興奮している子には、静かな場所に連れ出して背中や頭をタッチしながら優しく声をかけると落ち着くことでしょう。

約束を守れた時に褒めることで効果が増す。感謝の想いを込めて伝えよう

公共の場でマナ-を守るというのは、社会のルールです。小さなうちから繰り返し教える事で社会性が身に付きます。
とはいえ、まだ2歳くらいでは我慢ができない事も多いでしょう。お出かけ前に「静かにしようね」と約束しても、守れない事もあります。
だからこそ、きちんと約束が守れた時は褒めてあげると同時に「ありがとう」と心から感謝の想いを伝えましょう。お母さんの役に立てたという喜びが、後の貢献する喜びへと繋がるのです。

今日の1日1成長

子どもが興奮している時こそ親は冷静になろう。寄り添う気持ちが1番大切
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!