出典:@midoringo279さん

Lifestyle

ダイソーのスキレットは200円から手に入る!IHでも使えて超優秀

料理をおしゃれに見せてくれるだけでなく、食材のおいしさも引き出してくれるスキレット。朝食からディナー、おやつタイムまで、活躍するシーンもさまざまです。いろんなサイズをそろえたり家族分の数を用意したりするなら、コスパが抜群な『DAISO(ダイソー)』のスキレットがおすすめ!サイズはどれくらい?どんなお料理に使えるの?お手入れの方法は?気になるポイントをリサーチしてみました。

2018~2019年にかけて、インスタなどでスキレットを使った映え料理の投稿が増え、挑戦したい…と思っている人も多いのでは?ここでは、気軽に挑戦できそうな200円から購入できるダイソーのスキレットを紹介します。

◼今さら聞けない!スキレットってどんな調理器具?

『ニトリ』のスキレット、通称“ニトスキ”の流行により、家庭にもすっかり定着したスキレット。そもそもスキレットとはどんな調理器具でどのような特徴があるのかを、ここでおさらいしておきましょう。

・小さくても存在感抜群!鋳鉄製のフライパン

スキレットとは、鋳鉄(ちゅうてつ)製の小さなフライパンのことを意味します。シンプルなルックスで調理後そのままテーブルに出してもおしゃれに見えることから、SNSでもスキレットを使った調理法が話題に☆
使い込むうちに油がなじんでいくので、どんどん使いやすくなっていきます。直接火にかけたり、オーブンに入れたりと、使い勝手のよさも魅力です。

・食材のおいしさを引き出してくれる

出典:photoAC

厚みのあるスキレットは、熱伝導が良い&蓄熱性に優れているということから、一度熱すると冷めにくく、食材をムラなくじっくり調理することが可能。特にお肉などを柔らかく仕上げてくれる点が、ユーザーからの人気ポイントのようです。
どんな食材もおいしく仕上げてくれるところが、見た目以外の選ばれている理由なんですね!

・キャンプなどのアウトドアでも大活躍!

出典:photoAC

スキレットがその魅力をさらに発揮するのが、キャンプなどのアウトドアシーン!直火にかけてアヒージョを作ったりステーキを焼いたり、キャンプならではの大胆な料理にもおすすめです。
スキレットをふたつ重ね、上にも炭を置いて加熱すれば、ダッチオーブンにもなっちゃいます☆シンプルで無骨なルックスも、アウトドア魂をくすぐりそうですね。

◼【2020年最新】ダイソーのスキレットのラインナップを調査!

ここでは、2020年1月時点で販売が確認された、ダイソースキレットをご紹介!大きさやおすすめの使い方、また過去に販売していた形も合わせて合計7種類のスキレットをご紹介します。

・通称200スキ!小ぶりで使いやすいスキレットS

出典:@midoringo279さん

「スキレットS」は、200円で購入できることから通称“200スキ”とも呼ばれています。サイズが小さいのでテーブル上でも場所をとらず、ソーセージや1人分の目玉焼きを用意するのにもぴったり!朝食シーンでも活躍してくれそうです。
写真のようにカステラやパンケーキを焼いてみてもかわいらしいですね♡まるでカフェに来たように、おやつタイムがもっと楽しくなりそうです。

「スキレットS」サイズ:内径130mm×深さ22mm

・通称300スキ!スキレットMはディナーにも使える

出典:@akahanavyさん

スキレットSより一回り大きい「スキレットM」。こちらは300円で販売されており、通称“300スキ”と呼ばれています。
メインディッシュをのせて出せば、おうちが洋食屋さんに早変わり!ハンバーグも最後までアツアツでおいしくいただけますよ♡
他にも、アツアツで食べたいビビンバを盛りつけるのもおすすめ!スキレットをあたためれば、ほど良いおこげもできそうです。スキレットSより深さがあるので、丼ぶりものにも使えます。

「スキレットM」サイズ:内径151mm×深さ30mm

・イモノ四角取手付皿は一人前のおかずにぴったり!

出典:@ acuc_mamaさん

小さな四角形の「イモノ四角取手付皿」は、200円。一人前のおかずをのせるのにちょうどいいミニサイズです。

出典:@hikaruhashikawaさん

卵焼きを作ったり、ケーキの型としても使ったりもできますが、写真のようにチーズフォンデュを作る際に使用してみても◎蓄熱性が高いので、チーズもトロトロの状態を維持できますよ♡

「イモノ四角取手付皿」サイズ:横約125 mm

・お肉をのせるならイモノのステーキプレート

出典:@ acuc_mamaさん

ステーキや焼肉など、お肉をのせるのにぴったりのスキレットが「イモノのステーキプレート」。楕円形で少し大きめなので、お肉や添えものなどをたっぷりとのせることができますよ。こちらは、300円商品です。

「イモノのステーキプレート」サイズ:内側229×127×深さ22mm

・オーブン料理に!オーバル両手付スキレット

出典:@ acuc_mamaさん

両脇についた取手の見た目がかわいいこちらのスキレットは、「オーバル両手付スキレット」。通常のスキレットより取手が短いので、グラタンやハンバーグなどをオーブンに入れやすいのもメリットです。

「オーバル両手付スキレット」サイズ:内側169×112×深さ27mm

ここまでが2020年1月時点、店舗で確認できたダイソーのスキレットです。
続いては、インスタグラムで見つけたダイソースキレットをご紹介します。

・大きめサイズがうれしい♡ラージステーキプレート

出典:@machio1120さん

「ラージステーキプレート」は、400円商品。今回紹介する中で最も高い商品ですが、大きなステーキ肉も余裕で置ける大きさがあります。
ビーフステーキやチキングリル、フライドポテトなどを盛りつけても良いですね♡普段使いはもちろん、記念日やパーティーの食卓にもぴったりです。

「ラージステーキプレート」サイズ:内側268×168×深さ14mm

・食パンがぴったり収まるスクエアスキレットM

出典:@ r.kuni_fld96さん

写真の左側が「スクエアスキレットM」。食パンがちょうどぴったり収まるくらいのサイズ感で、朝食などに使い勝手が良さそうです。2020年1月時点の店舗では確認できませんでしたが、店舗によっては在庫次第で見つけることができるかも?

「スクエアスキレットM」サイズ:内側130×130×深さ32mm

ダイソーにはS~Mサイズ、丸や四角、オーバル型などたくさんのスキレットがありましたが、取手カバーや蓋などの周辺アイテムは確認できませんでした。どちらも、今後の発売に期待したいですね♡

■番外編!ダイソーにはシーズニング不要のスキレット風プレートもアリ

出典:@ acuc_mamaさん

スキレットに挑戦したいけれど、シーズニングして上手に維持できる自信がない…という人におすすめのスキレット風アイテム「グリルプレート」なるものをダイソーで発見!これなら、シーズニング不要でスキレット風のおしゃれな食卓を実現できますよ♡
ただしプレートなので、直火はNG!100均鉄板プレート系とは扱い方が違うので、注意事項を読んで使用してくださいね。こちらは、200円商品です。

「グリルプレート」サイズ:約16cm

■ダイソースキレットの安全性は?

値段が安い食器や鍋に対して、「安全性はどうなの?」という声がよく聞かれるため、ダイソーのスキレットも気になるという人もいるのでは?各100均では、しっかり安全性を判断した上で販売しているので、基本的には問題ないかと思います。
しかし、ある程度の値段がするスキレットとダイソーのスキレットがまったく同品質というわけではないので、品質や安全性は実際に見て使って、自分で判断するほかなさそうです。

■ダイソーのスキレットはIHで使える?

ダイソーで現在販売されているスキレット鍋は、基本的にIH対応可能なものです。しかし、使用前のシーズニングという作業がIHには不向きと言われています。
その理由は、シーズニングの「しっかり熱する」という手順の際にIHコンロのサーモスタット機能が動作して、熱伝導を止めてしまう可能性があるからです。そのためIHコンロを使用している人は、シーズング作業を卓上ガスコンロなどで別途行っている人が多いよう。
自宅がIHコンロという人は、シーズニング用のコンロを用意しないといけないかも…ということを覚えておきましょう。

◼ダイソースキレットのシーズニング方法をチェック!

鉄製のスキレットは、購入後そのまま使用するとこびりつきやサビが生じやすくなってしまうため、油をなじませてサビにくくする、「シーズニング」という作業が必要です。
ここでは、シーズニングの方法をご紹介します。

1.サビ止めのワックスを落とす
まずはスポンジと洗剤でスキレットを洗い、表面に塗られたサビ止めのワックスを落としていきます。ある程度洗ったら空焚きし、水分を完全に飛ばします。
スキレットから煙が上がるくらいまで、しっかりあたためましょう。

2.全体に油を塗る

出典:@ r.kuni_fld96さん

火を止めたら、オリーブオイルなどのオイルをキッチンペーパーで塗っていきます。スキレットの内側だけでなく、縁や取手部分も丁寧に塗りましょう。
油を塗り終わったらスキレットを火にかけます。この「油を塗る」→「火にかける」という工程を数回繰り返し、油をなじませていきます。

3.くず野菜を炒める

出典:@ r.kuni_fld96さん

鉄臭さが気になる場合は、最後にくず野菜を軽く炒めると良いのだとか。特に玉ねぎやネギといった香味野菜だと、消臭効果も高いようですよ。

◼ダイソースキレットのお手入れに洗剤はNG!正しい洗い方とは

調理でスキレットを使用したあとは洗剤で洗いたくなりますが、スキレットに洗剤を使用するのはNG。食器用洗剤の界面活性剤により油の膜がはがれ、使いにくくなってしまいます。
また、スキレットが完全に冷めてしまうと汚れがこびりつく原因に。かといってスキレットがまだ熱いうちに冷たい水で洗ってしまうと、温度差でひび割れが生じてしまうこともあるようです。

スキレットは、熱が残っているうちにあたたかいお湯とスポンジで洗剤を使わずに洗う、というのが正しいお手入れ方法。長く使うためにも、ぜひ覚えておいてくださいね☆

◼ダイソーのスキレットで映えも狙える鉄鍋料理にチャレンジ!

出典:@ mame.rahagishi さん

使いやすいサイズがそろっているダイソーのスキレット。難易度高そうなスキレットですが、100均のお手頃価格なら気軽に挑戦できそうです!おしゃれなスキレットなら、いつものレシピももっとおいしく見せてくれそうですね♡さっそくダイソーでスキレットをゲットして、今夜の晩ご飯時に使ってみませんか?

※記事内で紹介した価格は、全て税抜価格です。
※この記事で紹介している商品は、現在店頭にない場合がございます。

たってん

元気でやんちゃな男の子2児の母。プチプラコスメやファッション、グルメ情報を集めるのが大好き。最近はアンチエイジングコスメにも興味深々!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]