出典:宝石ネイルで指先に上品なきらめきを!おすすめデザインをピックアップ @ chololunさん

Beauty

ネイルデザインはラメグラが◎初心者さんでもトライしやすいコツを伝授

ラメグラってご存知ですか?ラメグラはネイルサロンで人気のデザイン。また一見難しそうでも、ちょっとしたコツをおさえればセルフでも簡単にできちゃいますよ!
また、シンプルなのにおしゃれなカラグラにも注目!カラグラとは爪先に向かって色が濃くなっていくカラーグラデーションのことなんです。

そこで今回は、ネイル検定1級・ジェルネイル検定上級を持つ私が、カラー別デザインや、セルフネイラーさんも簡単にできるおすすめラメグラデザインのやり方をご紹介します。

■ラメグラって何?人気の理由が知りたい!

ラメグラとはラメを使ったグラデーションのデザインのことです。マニキュアやジェルネイルのクリアベースに元々ラメが入っているものを使う方法や、クリアベースに好きなラメを混ぜて使う方法があります。とても細かいラメパウダーから、ホロまで大きさもさまざまで、幅広いデザインを作ることができますよ。

また、カラーのあるラメも豊富。ネイルデザインの中でも人気のラメグラはおしゃれなだけでなく、少し爪が伸びても境目がわかりづらい&長い期間楽しめる!ところも人気の理由なんです。「セルフだと根本が塗りにくい…ガタガタになっちゃう」という方でも、ラメグラならサロンの様な仕上がりが手に入りますよ♡ネイルサロンでも、シンプルなラメグラでなら比較的安い値段設定なのにかわいい!と大人気!
簡単にできるので、セルフネイル初心者さんにも取り入れやすいんです。

■カラー別!人気のラメグラデザインをピックアップ

人気のラメグラデザインをカラー別に紹介します!

・肌なじみの良いふんわりピンクがラメグラで華やかに

出典:ネイル×ラメでアカぬけ☆基本の付け方&おすすめデザインをチェック!@noriko_sweet_love さん

ラメグラデーションとピンクはとても相性が良いんです。さらに、ホロやシェルを加えるとこんなに魅力的に!キラキラ度も増しますよ。
ヌーディーな色とラメは透明感もあり、とても女性らしく指先がキレイに見えておすすめです。オフィスなどでも取り入れやすいですよね!

・相性の良いフレンチネイルとシルバーのラメグラ!

出典:photoAC

こちらは、シンプルなフレンチネイルとシルバーのグラデーションの組み合わせです。シルバーのラメグラにストーンを散りばめてアレンジすると、ラメグラだけとは違った輝きが増して一気に華やかに!ストーンを置くときのコツは、大きなものを先に置くと、比較的バランスがとりやすいですよ。
パーティーや、ブライダルネイルとしてもおすすめです。こちらのデザインのように、爪の根元がクリアだと爪が伸びてきても境目がわかりづらくきれいに見えます。

・派手になりがちなゴールドはクリアと組み合わせ!

出典:photoAC

シルバーに比べてゴールドは派手なイメージがあるので、ゴールドのワンカラーだとどうしてもギラギラ感が抵抗のある方も…。でも、クリアベースだと取り入れやすくなりますよ!ランダムに置いたホロが、少量のラメをグッと引き立てていますね。ハケでうまくホロの量が調節できないときには、アルミなどに一旦取り出してからハケにとって塗ると塗りやすいですよ。

・いつものベージュにラメグラプラスで指先キラキラ!

出典:宝石ネイルで指先に上品なきらめきを!おすすめデザインをピックアップ @ chololunさん

肌なじみが良く、とても人気のベージュも、ラメグラを加えるだけで、おしゃれ度がアップ!
すべての爪にラメグラを取り入れることに抵抗がある方も、このようにシンプルなカラーと組み合わせるだけでいつもと違った雰囲気を出せますよ!ラメがポイントになっていてかわいいですよね。

・夏には海をイメージしたブルー系のラメグラがかわいい!

出典:ネイル×ラメでアカぬけ☆基本の付け方&おすすめデザインをチェック!@selfnail.maimai さん

こちらは、ブルー系のベースカラーにシルバーのラメグラを合わせたデザイン。さらにブルーのラメが入ったベースクリアも合わせてまるで海のような夏らしいデザインに仕上がっています!

・まるで冷たい雪のよう…サロンでも人気、冬こそラメグラ!

出典:冬のセルフネイルはクリスマス&スノーが可愛い♡ @rm.6708さん

雪を思わせるラメグラは、冬に人気のデザイン。重くなりがちなネイビーもラメが入ると明るくなります。ネイビーの部分をクリスマスカラーの赤に変えてもかわいいですよ!ゴールド・シルバーの煌びやかなラメグラでクリスマスをおしゃれに彩ってみてはいかがでしょう。
ラメグラが、冬らしさをアップさせてくれますよ☆

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]