Lifestyle

コストコのヨーグルトは大容量で種類も豊富!使い切りレシピも大公開!

お出かけ気分を楽しみながらお得な買い物もできる『COSTCO(コストコ)』。大きなカートに、広々としたフードコート…なぜかワクワクして、気がつけば大量に買い込んでしまうお買い物スポットですよね!
今回は、そんな魅力的な商品がいっぱいのコストコから「ヨーグルト」をピックアップ!製菓に関わってきた私がおすすめする、コストコのヨーグルト活用法もご紹介します。

コストコには、日本でもおなじみのメーカーのヨーグルトが数多く販売されていますが、驚くのはその量!大容量サイズやケース売りなど、アメリカンサイズが当たり前。割安だと分かっていても、量が多すぎて使いきれないという声も…。
今回は、そんなコストコのヨーグルトの魅力を、最後までおいしく使い切る活用法とともにご紹介します♡

■コストコでおすすめのヨーグルト

出典:@bm.p0512さん

コストコには、日本でもメジャーなメーカーの商品が数多く販売されています。どんなヨーグルトが販売されているのか、ラインナップを見てみましょう!

・品ぞろえが豊富な“ダノン オイコス 脂肪ゼロ”110g×12個セット

出典:筆者撮影

『ダノンジャパン』の「オイコス」は、コストコでも特に人気のヨーグルト。12個セットで1,000円程度の安さもうれしいですね!ギリシャヨーグルトならではのクリーミーな口当たりと濃厚な味が人気の理由だとか。

出典:筆者撮影

プレーンタイプは加糖と砂糖不使用の2種類、ストロベリーなどのフルーツフレーバーなど種類も豊富。高タンパク・低カロリー・脂肪ゼロなので、スポーツをする人や健康に気遣う人にもおすすめのヨーグルトです。

・大容量の“アテナ ギリシャヨーグルト”1㎏

出典:筆者撮影

「アテナ ギリシャヨーグルト」は、滑らかな口当たりとチーズのような濃厚な味が特徴的。大きな容器にたっぷり1kgのビッグサイズが900円前後で販売されています。プレーンタイプなので、はちみつやヨーグルトソースを加えたり、料理に使ったりと、あらゆる楽しみ方ができますね。
「1kgもあると使い切れるか不安…」という人は、あらかじめ取り分けて冷凍しておいても◎冷凍方法は後ほどご説明しますね。

・他にはない濃厚な味がクセになる“湯田ヨーグルト”800g


「湯田ヨーグルト」は、コストコのヨーグルトでも味に定評のある商品。種類は加糖タイプの1種類。もっちりとした食感と生クリームを使った贅沢な味わいは、一度食べるとハマる人続出のおいしさなのだとか。
ヨーグルトには珍しいアルミパウチのパッケージに800g入り500円程度で販売されています。一部の地域のコストコでしか販売されていないという情報もあるので、まずはお近くのコストコをチェックしてみて下さいね!

・各種メーカーの果肉入りや低糖タイプまで豊富なラインナップ

出典:筆者撮影

コストコには、他にも「チチヤスヨーグルト」や「森永アロエヨーグルト」、『江崎グリコ』の「おいしいカスピ海 脂肪ゼロ」など、スーパーでもおなじみのヨーグルトが大容量ケースで販売されています。低糖やカロリーオフ、果肉が入ったものなど、いろいろな種類のヨーグルトから選べるのもうれしいポイントですね☆

■コストコのヨーグルトを使い切るには?余ったヨーグルトの活用法

出典:筆者撮影

コストコのヨーグルトはとにかく大容量!値段が安いのに惹かれて買ったものの、賞味期限内に食べきれないのは残念ですよね。ここからは、コストコの大容量ヨーグルトを最後まで使い切る活用法をご紹介します。
他のヨーグルトでも応用できるので、ぜひ覚えておいて下さいね!

・食べ切れそうにない場合は冷凍保存しよう

出典:photoAC

ヨーグルトは冷凍すれば、表記されている賞味期限から3、4週は保存可能。大容量パックの場合は、そのまま冷凍してしまうと後で扱いにくくなるので、フリーザーパックや小分け容器に密閉した状態で保存することがポイントです。
冷凍したヨーグルトは、衛生面から1週間以内で食べ切るようにしましょう。詳しい冷凍保存の仕方は、以下を参考にして下さいね!

【無糖タイプのプレーンヨーグルト】
一度冷凍すると離して水分が出てしまい、元のような滑らかな食感には戻りません。解凍するときは、冷蔵庫で半解凍の状態にして食べるか、電子レンジで解凍し、加熱料理に使用するのがおすすめです。
どうしてもそのまま食べたいという場合は、冷凍する前に砂糖やジャムなどを加えましょう。目安は、ヨーグルト400gに砂糖大さじ1杯。糖分の力で分離が防げ、解凍後でもおいしく食べられますよ!

【加糖タイプのプレーンヨーグルト・フレーバータイプ】
すでに糖分が入っているこのタイプのヨーグルトは、冷凍による影響が少ないので、そのまま冷蔵庫で解凍して食べることができます。カップごと冷凍するのも◎

ちなみに、ヨーグルトを冷凍しても乳酸菌は生きたままなので、ヨーグルトメーカーを使った自家製ヨーグルトの種として使うことは可能です。その場合も保存期間や衛生面に注意して使って下さいね!

■朝食メニューにおすすめのヨーグルト使い切りレシピもチェック☆

出典:筆者撮影

そのまま食べてもおいしいヨーグルトですが、たっぷりあるならアレンジするのも◎いつもの朝食がワンランクおいしくなる簡単レシピをご紹介します。

・材料はたった3つだけ?ヨーグルトでふわふわホットケーキ

出典:筆者撮影

<材料>
・ホットケーキミックス:200g
・卵:1個
・プレーンヨーグルト(無糖):150g

<作り方>
1.卵、ヨーグルトをボウルに入れしっかりと混ざったら、ホットケーキミックスを加えて、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わす。少し粉が残っているくらいで、混ぜすぎないのがコツ。
2.フライパンを熱し、おたま1杯分の生地を流して弱火で焼く。フライパンが焦げつきやすい場合は、バターや油を敷いておくと◎
3.表面にふつふつと穴が開いてきたらひっくり返して蓋をする。30秒~1分程度焼き、きれいな焼き色がついたら取り出す。

牛乳の代わりにヨーグルトを使うことがふわふわになるポイント!ホットケーキミックスに含まれるベーキングパウダーと、ヨーグルトのような酸性の食材を合わせたときに発生する炭酸ガスが、生地をふわっと膨らませてくれるのです。
軽い口当たりとやさしい甘さは、ハムや卵、チーズといっしょにオープンサンド風に食べるのもおすすめです。お皿に盛りつけて、バターやメープルシロップ、ジャムをかけてリッチにしても♡

・混ぜて塗るだけのお手軽レシピ♡レアチーズケーキ風トースト

出典:筆者撮影

<材料>
・食パン:1枚
・ギリシャヨーグルト(または水切りヨーグルト):大さじ2杯(50g)
・はちみつ:小さじ2杯(15g)
・レモン汁:少々

<作り方>
1.ヨーグルトとはちみつ、レモン汁を混ぜ合わせたものを食パンに塗り広げる。
2.トーストし、食パンの縁に焼き色がついたら取り出す。

ヨーグルトは無糖、加糖、フルーツフレーバーなど好きな味でOK!はちみつの量はお好みで加減して下さいね。仕上げにはちみつや、フルーツ、ナッツで飾りつけるのもおすすめです。

水切りヨーグルトは、ザルにさらしやクッキングシートを敷き、ヨーグルトを入れて冷蔵庫で半日ほど置いておけば簡単に作れます。そのままパンやホットケーキにつけたり、サワークリームの代わりに料理のトッピングとして使用しても◎

■子どものおやつにもおすすめしたいお手軽ヨーグルトレシピ

子どもが毎日楽しみにしているおやつにも、ヨーグルトを使った簡単レシピにチャレンジしてみましょう。

・ちょっとおしゃれに♡ヨーグルトクリームのフルーツサンド

出典:photoAC ※写真はイメージです

<材料>2人分
・食パン(8枚切り):4枚
・ギリシャヨーグルト(または水切りヨーグルト):100g
・ホイップクリーム:100g
・いちご、バナナ、オレンジ、キウイなどお好みのフルーツ

<作り方>
1.食パンは耳を切り落とす。フルーツは大きめにカットしておく。
2.ヨーグルトとホイップクリームを混ぜる。ホイップクリームは市販のもの、生クリームから作ったもの、どちらでもOK。
3.食パン枚に、2のクリームを等分して塗り、フルーツを乗せる。クリームを塗ったもう1枚の食パンでサンドし、ラップで包んでしばらくなじませる。
4.三角形になるよう対角線でカットする。

脂肪分の高い生クリームを減らし、低脂肪・低カロリーなギリシャヨーグルトを加えることで、ヘルシーになり栄養価もアップします。生クリームたっぷりのデザートには抵抗がある…という人や、育ち盛りの子どもにもおすすめのおやつと言えますね。
爽やかなヨーグルトの味は、朝食メニューにもぴったりですよ♡

・計量不要で混ぜるだけ!マシュマロフルーツヨーグルト

出典:筆者撮影

<材料>
・ヨーグルト、マシュマロ、ドライフルーツ:各適量

<作り方>
1.お好みのヨーグルト、マシュマロ、食べやすい大きさにカットしたドライフルーツ(レーズンやプルーン、ドライマンゴー、キウイなど)を器に入れてまぜ、冷蔵庫で一晩置く。
2.冷蔵庫から取り出し、再び全体を混ぜる。

マシュマロが溶けてムースのようになり、ふわふわ食感がおもしろいおやつに。大きめのマシュマロは小さく切ればなじみやすくなりますよ。ドライフルーツが苦手なら入れなくてもOK!フルーツ味のグミを入れても子どもが喜びそうですね。

■ヨーグルトといっしょに購入したい商品

ヨーグルトといっしょに買いたい商品もチェックしておきましょう!

・朝食には栄養価の高いシリアルと合わせるのも◎

出典:筆者撮影

・栄養価の高いはちみつを組み合わせて


殺菌効果が高いと言われるはちみつと、お腹に優しいヨーグルトは相性も抜群!シンプルにヨーグルトに入れて食べるのもOKですが、レシピでも紹介したように、いろいろなメニューにヨーグルトといっしょに加えることでアレンジの幅が広がります。
はちみつは賞味期限が長いので、自宅にひとつあれば重宝しますよ!

・ヨーグルト用フルーツソースで味にバリエーションを


“ヨーグルトソース”、”フルーツソース”といった名前で販売されているヨーグルト用ソース。ジャムよりもさらっとして混ざりやすく、フルーティーな甘さが特徴です。手軽に買えるパウチタイプのものから、瓶に入った高級感のあるものまで種類も豊富です。
大容量のプレーンヨーグルトを買っても、フルーツソースいくつかあれば、毎日の気分に合わせて食べられますね。

・朝食には栄養価の高いシリアルやナッツと合わせるのも◎

出典:筆者撮影

ヨーグルトと組み合わせて食べるにはシリアルやナッツもおすすめ☆牛乳の代わりにヨーグルトにすることで、お腹に良い乳酸菌と食物繊維を同時に摂取できます。シリアルには、コーンフレーク、ナッツやドライフルーツの入ったグラノーラなどいろいろなタイプがあり、コストコでは大容量で販売されているようですよ。
シリアルなら常温で保存でき、きちんと密閉すれば開封後もおいしく食べることができるので、ヨーグルトといっしょに常備しておいても良さそうですね♡

■コストコのヨーグルトは大容量!食事やおやつに取り入れて健康的な毎日を

出典:@bm.p0512さん

コストコのヨーグルトは、コスパの高さと種類豊富なラインナップが魅力的でしたね。ヨーグルトは、おいしいだけでなく、美肌や整腸作用、風邪予防の効果も期待でき、健康に良いと言われている食べ物。朝食に取り入れるのはもちろんですが、おやつやデザートの材料としてもおすすめしたい食材のひとつです。
ぜひ、毎日の食事に積極的に取り入れて、家族みんなで美味しさを分かち合いながらおいしく食べられると良いですね!

※この記事で紹介している価格は、時期や店舗により異なる場合があります。

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!