出典:@chari0423さん

Baby&Kids

おくるみの巻き方、知ってる?いろんな巻き方を写真や動画でレクチャー

新生児の頃から重宝するベビーグッズのひとつ「おくるみ」。まだ体がふにゃふにゃで不安定な赤ちゃんを抱っこしやすくするだけでなく、包まれることで安心できたり、安全を守ったり、体温調節ができたり…と、赤ちゃんにとってもメリットがたくさんあります。今回はそんなおくるみについてや、おすすめの巻き方を動画や写真を交えてご紹介します。

小さな赤ちゃんがおくるみに巻かれている姿って、なんとも言えずかわいいですよね♡しかし、ちゃんとした巻き方をしないと抱っこしたときに巻きが取れてしまうことも。
正しいおくるみの巻き方を覚えて、いろんな巻き方に挑戦してみましょう!

■おくるみって何?おくるみで包む理由は?

出典:mamagirl2018冬号

「おくるみ」とは、赤ちゃんの体を包むことができる大きめの布のこと。産後、産院から退院するとき必要なものの中にリストアップされていることもありますよね。
おくるみは、まだ体がふにゃふにゃで不安定な赤ちゃんをおくるみで包むことで、抱っこしやすくなるというメリットがあります。そのほかにも、

・布で包むことで赤ちゃんの安全を守る
・体が安定しづらい赤ちゃんの姿勢を維持する
・包み込むことで赤ちゃんに安心感を与える
・体温調節が苦手な赤ちゃんの保温ができる
・手足の動きを適度に押さえ、窒息を予防する

など、ママにも赤ちゃんにもうれしい利点がたくさん!本になって話題の「ジーナ式」というねんねトレーニング法では、おくるみを使って寝かせる方法を推奨しているほどなんです。
1枚持っておけば、さまざまなシーンで活躍してくれること間違いなしですよ。

■おくるみの種類と選び方

出典:おくるみ(アフガン)は乳児期の万能アイテム!用途や選び方は?

素材や形によっていろいろなデザインがあるおくるみ。選ぶ際は、使用する時期やシーンなどを考慮するとよいでしょう。
素材の種類としては、ガーゼ生地やコットン生地、パイル生地、フリース生地などが挙げられます。暖かい時期は通気性が良く、吸水性も高いガーゼ生地のおくるみを、肌寒い時期は厚手のコットン生地やパイル生地のおくるみを、気温が低い時期は保温性に優れているフリース生地のおくるみを…というように、使用する時期に合わせて数枚そろえておくのもよいでしょう。

出典:mamagirl2018冬号

形の種類は、1枚の布になっているものをはじめ、足をすっぽりと覆うものやフードや帽子つきのものなどたくさん!お家で使用することが多いなら1枚の布になっているタイプ、抱っこひもで外出することが多いなら足が分れているタイプ、ベビーカーで外出することが多いならフードつきが便利かもしれません。
ママと赤ちゃんの好みやライフスタイルに合わせて、使い勝手の良いものを選べるといいですね♡

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]