出典:photoAC

Baby&Kids

イヤイヤ期の女の子の取扱説明書☆正しい対応で成長を見守ろう!

妊娠・出産を経て、スタートする子育て。長きに渡る子育て期間の中で、ママ・パパたちにとって試練のひとつとも言えるのが子どもの“イヤイヤ期”です。
成長の証しとはいえ、何に対しても泣きわめかれてしまうと親である大人たちも参ってしまうもの。今回は、繊細な心の持ち主が多い“女の子のイヤイヤ期”にスポットを当てて、向き合いかたを考えていきたいと思います。

イヤイヤ期まっただなかの子どもたちとうまくつき合うためにも、彼女たちの心理を理解することからはじめてみましょう。

■イヤイヤ期って一体いつからいつまで続くの?

出典:photoAC

子どもが成長したことの証でもある、イヤイヤ期の幕開け。しかし、日々子どもといっしょに過ごしているママにとっては、一体いつまで続くのか…と不安になってしまうものです。
イヤイヤ期は、子どもによって個人差があるもののだいたい1歳半くらいからスタートします。この頃になると、だんだん言葉の数が増えてきて自己主張できるようになってくるので、“ついにイヤイヤ期が始まったな”と自覚するママも多くなってきます。
“魔の2歳児”という期間を過ぎ、3~4歳ころになるとイヤイヤも落ち着いてくるケースがほとんど。イヤイヤ期と呼ばれる期間は、1年ちょっと続くことになります。

■男の子とは違う!女の子のイヤイヤ期はどんな感じ?

出典:photoAC

男の子も女の子も2歳になる少し前くらいから始まる、イヤイヤ期。男の子とは違う性質を持つ女の子たちは、イヤイヤ期にどのような反応があらわれるのでしょうか。

・女子ならでは?特定のものに強いこだわりを持つ

出典:photoAC

女の子のイヤイヤ期にみられる行動のひとつに、“特定のものへの執着”というものがあります。決まった服しか着なかったり、好きな食べ物しか食べなかったりするようになるため、毎日頭を悩ませているママたちも多いのではないでしょうか。
女の子のお手本となるのは、目の前にいるママ。姉妹がいる場合は、自分のおねえちゃんもお手本の対象となります。
“私もママやおねえちゃんみたいになりたい!”という自立心が、物への執着となってあらわれるのです。

・早くおねえさんになりたい!なんでも自分でやりたがる

男の子よりも自立心の芽生えが早いことから、“自分で!”という言葉もイヤイヤ期のころから目立つようになります。早く着替えてほしい、早く食べてほしい…というママの気持ちとは裏腹に、どれだけ時間がかかっても自分ひとりでやり遂げたいというのがイヤイヤ期の女の子の気持ち。
ちょっとでも手を出そうものなら、“ギャーッ!”と泣きわめくこともめずらしいことではありません。でもこれは、心がメキメキと成長している証し☆ママへのあこがれからだと思考を転換することが、気長につき合うためのコツです。

・ただのわがまま?要望が通らないと大泣きで暴れる

出典:photoAC

イヤイヤ期の女の子は、自分が思う“こうしたい!”“ああしたい!”ということが通らないと、全力で泣いて暴れます。家の中でも参るのに、スーパーなど外出先でこの行動が出ると、親としては本当に困りますよね。
自分もママたちのように、自分一人で考えて行動したいという気持ちから、さまざまな要望を言うようになります。要望が通らずにイヤイヤするも、自己主張ができるようになった証拠です。
目の前で泣き叫んで暴れるわが子を見ながら成長を実感するのは、かなり難易度が高いもの。しかし、ミルクを飲んで寝ているだけだった赤ちゃんが、こんなふうに自己主張できるようになったという成長を噛み締められる瞬間でもあるのです。

■本人はどんな風に感じているの?イヤイヤしている女の子の心理

出典:photoAC

わが子がイヤイヤ期に突入すると、一体何を考えているのかわからないという状況におちいることも。イヤイヤしている女の子たちの心理とは、どのようなものなのでしょうか。

・自分でやりたいのにうまくできないことでイライラしている

出典:photoAC

イヤイヤ期にまっただなかの女の子は、いろいろなことへのチャレンジ精神が燃えたぎっているものです。ママがやっていることのマネをするのも、イヤイヤ期の女の子に見られる行動のひとつ。
しかし、実際にやってみるとママのようにうまくできないという現実に、直面する時期でもあるのです。“できると思っていたのにできない!”という状況に陥れば、大人でもイライラするもの。
まだまだ精神的に未熟なイヤイヤ期の女の子たちは、そんなイライラと毎日格闘しているのです。

・客観的に見ればすごくかわいい!甘えたいけどうまくできない

出典:筆者撮影

心の成長著しいイヤイヤ期の時期は、憧れの存在であるママへも上手に甘えることができなくなります。“私、もうおねえさんなんだもん”という気持ちで行動しているため、本能的にどこかで“ママに手伝ってもらわなくてもできるんだもん!”と考えているのです。
しかし実際は、できると思っていたことができなくてイライラするし、手伝ってもらえなかったらそれはそれで悲しい。自分でもよくわからない感情に襲われてしまって、ママにすらうまく甘えられなくなります。
その結果、泣くことしかできず負のスパイラルに突入。一生懸命おねえさんになろうとしているのが、イヤイヤ期の女の子の特徴なのです。

・みんなわかってくれない!伝えたいのにうまく伝わらない

出典:photoAC

“あれがしたい!”や“これをこんなふうにしたい!”など、自分の中からどんどん湧き出てくる欲求に対応しきれていないのが、イヤイヤ期の女の子。徐々に会話が成立するようになっているとはいえ、まだまだ言葉のボキャブラリーが少なく、なかなか気持ちをうまく伝えることができません。
伝えたいことがたくさんあるのに、なかなか言葉にすることができずママやパパに伝えられないのも、2歳前後~3歳4歳くらいの女の子がイヤイヤしてしまう理由のひとつ。
女の子のイヤイヤ期は、気持ちを言葉にするための訓練時期とも言えるのです。

■わが子と向き合いたい!イヤイヤ期はどう接するのがベスト?

出典:photoAC

自分もその経験があるはずなのに、親である大人は子どものイヤイヤをなかなか理解してあげることができません。子どものイヤイヤと向き合うには、どう接するのが正解なのでしょうか。

・言葉を使って子どもがやりたいことを引き出してあげる

ママが思っている通りに動いてくれないのも、イヤイヤ期の女の子の特徴。やりたいと思っていることがあるのに、なかなか行動できずイライラしてしまうと、ママにとっても子どもにとっても悪循環となってしまいます。
そんなときには、親が言葉をかけて子どものやりたいことを引き出してあげるのがおすすめ。例えば、片づけないといけないことを理解していながらもなかなか行動に移せない子どもには、言葉で選択肢を与えてあげるといいでしょう。
「ひとりで片づけたい?それとも、ママといっしょに片づけたい?」など、子どもが首を縦に振るだけで行動へ移せるような言葉がけを意識するのがコツです。

・「〜したかったんだよね?」と親が子どもを認めてあげる

なかなかじょうずに自分の欲求を言葉にできないイヤイヤ期の女の子たちは、自分がうまくママやパパへ伝えられないことに対してイライラしています。
そんなイライラを解消してあげるためには、子どもがやりたいと思うことや伝えたいと思っていることを、うまく引き出してあげるのがベスト!
「〇〇したかったんだよね?」や「○○が欲しかったんだよね?」など、ママがわかる範囲で子どもの気持ちを代弁してあげるといいでしょう。
気持ちを代弁してもらえたことで、子ども自身も“ママはわかってくれてるんだ”という安心感を得ることができます。

・子どもにも気分転換は必要!今の気分を変えてあげる

出典:photoAC

仕事や家事に行き詰まったとき、大人でも“ちょっとリフレッシュしたいな”と思うもの。イヤイヤ期の女の子にも、イライラした気分をすっきりさせるために、気分転換が必要なのです。
気分転換の方法は、なんでもOK!女の子なら、公園に行ってお花を摘んだりするのもいいでしょう。大泣きしたり暴れたりしてしまうときこそ、ママが誘導して子どもの気持ちを切り替えてあげるのがベスト。
場所を変えたりおもちゃを替えるだけでも、気分転換になるので試してみてください☆

■年齢によって対応は変えてあげた方がいいの?

出典:photoAC

1歳代から長ければ4歳代まで続く、イヤイヤ期。スタート時の1歳と終了時の4歳では、子ども自身も成長のステージがガラっと変わっています。
子どもの成長に合わせて、イヤイヤとの向き合い方変えてあげるのがベストです。

・【1歳】子どもの気持ちに共感してあげよう!

1歳代のイヤイヤは、“自分でやりたい!”という気持ちが芽生えたことによる、成長の証。まだまだ自分の気持ちを言葉にして伝えることができない年齢なので、まずその気持ちに共感してうなずいてあげることが大切です。
寄り添ってもイヤイヤが落ち着かないときは、何か他のことへ興味をそらしてあげてもいいでしょう☆

・【2歳】子どもがやりたいことをとことんやらせてあげよう!

イヤイヤ期の絶頂期とも言える2歳の時期は、子どものひどいイヤイヤと向き合うことに疲れてしまうママ&パパも少なくありません。1歳のころと違って、簡単に他のことへ興味が移ることも少なくなり、お手上げ状態になるケースも多くなります。
2歳のイヤイヤに対しては、まず子どもがやりたいことを思いっきりとことんやらせてあげると良し◎自分の“やりたい!”が満たされれば、あっさりイヤイヤを止める機会も増えてきます。
無理矢理子どもを動かそうとするのではなく、“子どもペース”に合わせてあげることが大切なのですね☆

・【3歳・4歳】スキンシップで落ち着かせてあげよう!

3歳・4歳にもなると、自分の気持ちを言葉にできる子も増えてきます。2歳までのイヤイヤとは少し内容が異なり、親と子の認識のズレがイヤイヤに繋がっていくケースも。
この時期までのイヤイヤと同じく、まずは一旦子どもの気持ちを受け入れてあげて、抱きしめるなどスキンシップを取りながら心を落ち着かせてあげることに注力しましょう。一人でできることが増えたとは言え、まだまだ小さい子どもなことに変わりはありません。
不安定になっている子どもの心を落ち着かせてあげてから、しっかり話を聞いてあげましょう。

■これはNG!逆効果な接しかたを知っておこう

出典:photoAC

イヤイヤ期の女の子は、とてもナイーブ。逆にイヤイヤを増長してしまう対処法もあるので、地雷を踏まないためにもぜひ知っておきましょう。

・やりがちだけど気をつけて!怒鳴りつけて恐怖で黙らせる

いつからかスタートしたイヤイヤ期は、いつまで続くのかわからない不安から、精神的に参ってしまうママも少なくありません。
そのため、自分の中に湧き出してくるイライラに任せて、イヤイヤしている娘に対して大きな声で怒鳴ってしまうケースもよくあるものです。
毎日必死でイヤイヤ期の子どもと戦っているママのメンタルは、いつもギリギリだということもよく理解できます。しかし、怒りに任せて怒鳴ってしまうのは、子どものイヤイヤを助長してしまうきっかけにもなるので、おすすめできる対処法ではないのです。
ママから怒鳴られると、怒りのエネルギーを感じ取ってイヤイヤをやめる子もいるかもしれません。しかし、それは一時的なものでしかありません。
恐怖心からイヤイヤを止めただけであって、根本的な理由はなにも理解できていないのです。本当にダメなことをしているときは、声のボリュームで子どもの行動を制御するのではなく、ダメなポイントを端的に伝えることが重要だと言えます。

・手をあげて痛みで黙らせようとするのは逆効果

イヤイヤ期の子どもを叱るときは、“子どもにきちんと愛情が伝わっているか”に着目することが大切です。もちろん、命にかかわるような危険なことをしようとしているときは、叩くことが必要なケースもないとは言えません。
しかしイヤイヤが出ている子どもに対しては、手をあげてしまうと余計にイヤイヤが増してしまう可能性も高くなるため、賢いしつけの方法とは言えないのです。
子どもが“ママ・パパはしっかりと自分のことを見てくれている”と感じられるようなしかりかたができているかどうかが、イヤイヤ期の子どもとつき合うポイント。
イヤイヤ期にしか得られない成長を見届けるには、手をあげるのではなく愛情が伝わるように叱ってあげることが大切です。

■わが子だけじゃない!イヤイヤ期はみんなが通る道

長ければ4歳ころまで続くこともある、イヤイヤ期。自立心が強い女の子は、イヤイヤ期に驚くような成長を遂げるケースもあります。
自分のことを愛せる人間に育ってもらうためにも、愛を持ってイヤイヤ期の子どもと向き合いたいものです。

syksn

おかっぱヘアの6歳女の子と、自宅で誕生した2歳男の子のママ。お笑いをこよなく愛する大阪人です。子供たちと好きな芸人の漫才を見ながら、日々我が子のお笑いセンスを磨いています。
カフェ巡り大好き!遅ればせながら着々とタピ活にもいそしんでおります。
【Instagram】asamakoma
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!