Baby&Kids

女の子のお母さんは注意!「あなたのためよ」は子どものためではない

「あなたのため」は自分自身のための言葉だと自覚して、きっぱり卒業しよう

お母さんはまず「あなたのため」という言葉から卒業しましょう。子どもは経験を積むことで人として成長していきます。人間関係や社会経験の中で、喜びや悲しみ、成功と失敗をきちんと味わうことが大切なのです。
お母さんは子どもを守りすぎず「失敗も経験」と呟きながら見守ってください。「だって苦労したらかわいそうじゃない」と思うでしょうか?そんな時こそがお母さんの出番です。失敗して帰ってきたら「よく頑張ったね」と認めて共感すればいいのです。

お母さんがふくろうになると子どもは自立する。見守り上手になろう

手出し口出ししたくなった時は、ふくろう(OWL)の法則で子どもを見守りましょう。
まずは子どものすることを観察(Observe)し、どのように行動するかを待ち(Wait)、どう思っているのか子どもの話をじっくりと聴く(Listen)のです。そうすることで子どもは自分で考え、解決する力を身につけていきます。
見守り上手なお母さんは子どもの自信を育てます。自信のある子どもは周りの人を大事にできます。きっと友達母娘よりずっと明るく、お母さんの人生も子どもの人生も照らしてくれるでしょう。

今日の1日1成長

友達母娘からは卒業!子どもを見守るお母さんこそ最高のお母さん
子どもの自立力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]