出典:@ uemisa_baby さん

Baby&Kids

抱っこひもケープはベビーとのお出かけ必需品!推しアイテムはこれ

夏や冬に赤ちゃんを抱っこしてお出かけしようと思うと、「日差しが強くて暑くない?」、「冷たい風が当たって風邪をひいてしまうのでは?」なんてことが気になりませんか?そんなときに、とっても役立つのが抱っこひもケープです。
今回は、抱っこひもでのお出かけの強い味方、抱っこひもケープに注目!おすすめのアイテムも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

まずは抱っこひもケープの使い方や選び方についておさらいしておきましょう。

■抱っこひもケープっていつどうやって使うもの?

出典:@ chimama_san さん

ここからは、抱っこひもケープに関する、ママの疑問にお答えしていきます。

・抱っこひもケープの使い方

抱っこひもケープを使う時期に特に決まりはありませんが、夏の暑さや冬の寒さ対策として、取り入れるママさんが多いようです。市販の抱っこひもケープは夏・冬向けのタイプが売られているので、使いたい時期に合ったものを選びましょう。
抱っこひもケープのつけ方は、『Ergobaby(エルゴベビー)』などの抱っこひもに付属のクリップを使って留めるだけと簡単です。クリップつきのものはベビーカーに取りつけられる2WAY仕様のものもあるので、マルチに使えますよ!

■抱っこひもケープの選び方のポイントとは?

出典:mamagirl2018冬号

抱っこひもケープは、主にUV対策、防寒対策、花粉対策・雨対策といった用途によって選ぶことができます。ここからは、それぞれの特徴について説明していきましょう。

・抱っこひもケープは、用途によって種類を選ぼう!

出典:冬も夏も抱っこひもケープがあれば大丈夫!ベビーとの快適なお出かけに@ o_m_k_a_sさん

<UV対策>
日差しが強い夏場は、赤ちゃんの日焼けが気になりますよね。そんなときはUV効果のあるケープを選びましょう。ここで注意してほしいのが、通気性のいい素材を選ぶこと。夏は、紫外線だけでなく暑さも赤ちゃんには大敵。
熱がこもらないよう快適な素材のものを選びましょう。

<寒さ対策>
体温調整が苦手な赤ちゃんは、寒さに弱く気温の変化に敏感です。そのため寒い時期に抱っこひもでお出かけするときは、ダウンやフリースなど冷たい風を通さない暖かなケープを使いましょう。

<雨対策>
雨の日に抱っこひもでお出かけすると、赤ちゃんが濡れてしまわないか心配ですよね。撥水加工されているケープなら、雨をはじいて赤ちゃんが濡れてしまうのを防いでくれます。

<花粉対策>
春は花粉症が気になりますよね。1歳を過ぎると花粉症の症状が現れる赤ちゃんもいるそうです。対策するには花粉の接触する時間を減らす必要があります。花粉症が心配なママは、ケープを使って赤ちゃんを花粉から守ってあげてください。

・洗濯できるかどうかもチェック!

出典:photoAC

デザインや機能性で選ぶのももちろん大切ですが、お手入れが面倒だと使うのが嫌になってしまいますよね。特に夏場は汗をかくのでケープも汚れてしまいます。お手入れをラクに済ませたいなら、洗濯機で丸洗いできるタイプのものを選ぶのがおすすめです。

■季節別 おすすめの抱っこひもケープをチェック!

ここからは、夏・冬におすすめの抱っこひもケープを紹介していきます。ぜひ抱っこひもケープを購入するときの参考にしてみてくださいね♡

・アウターのように着れる♡おしゃれなデザインのベビーケープ

出典:@ chimama_san さん

「服のように防寒ケープを着る」をテーマに作られた『Konny(コニー)』の抱っこひもケープ。従来のケープと違い、アウターのようなデザインなので、赤ちゃんを抱っこしていないときはショールやカーディガンのようにして使うことができます。
コニーのケープは、落ち着いたカラーぞろいなので、大人きれいスタイルにぴったりです。

<参考価格>
コニー抱っこ紐防寒ケープ
価格:6,480円(税込)

・寒い冬もこれがあれば安心!機能性抜群 UNIQLO

出典:ユニクロブランケットは機能性抜群!ミッキーやスヌーピーコラボも @t.m.momさん

『UNIQLO(ユニクロ)』で昨年も人気だった「ライトウォームパデット2WAYブランケット」が、2019年さらに使いやすくなって再登場しています! 2カラーのボタンを使用することで、スナップボタン掛け違いを防止できたり、ポケットの位置を調整してママの手を入れやすくしたりと、ユーザーの声を反映したデザインになっているのだとか。
ブラウン・ネイビー・グレーとどんなコーデにも合わせやすい万能カラーがそろっていますよ。

<参考価格>
ライトウォームパデット2WAYブランケット
価格:2,990円(税抜)

・プチプラかわいいアイテムがほしいならココ!西松屋

出典:@shiiiiiromamaさん

子育てママたちに人気のプチプラショップ『西松屋』の防寒ケープは、2,000円~3,000円台と手に取りやすい価格なのがうれしいところ。@shiiiiiromamaさんがチョイスした防寒ケープは、裏面がフリース素材でできているので、寒い冬もぽかぽか。また撥水加工がされた表面にはポケットがついていて、ハンカチなどの小物を収納することもできます。
くま耳つきのキュートなフードつきで、プチプラとは思えないクオリティです!店頭には常時数種類の防寒ケープが並んでいるようなので、実際に手に取ってお気に入りを見つけてみてください。

同じくプチプラかわいいアイテムが欲しいなら、しまむらグループの子育て用品専門店『Birthday(バースデイ)』もおすすめですよ♡

・冷たい風や雨から赤ちゃんをガード!エルゴ専用の抱っこひもケープ

出典:抱っこひものレインカバーとはどんなもの?選ぶときのポイントは? @imari_breakfast

『Ergobaby(エルゴベビー)』のベビーキャリアには専用の「ウインター・ウェザーカバー」が販売されています。表は頑丈で軽いリップストップ生地、内側はやわらかなフリースが使われていて、冷たい風や雨から赤ちゃんをガード!レッグポーチを赤ちゃんに合わせて、ストラップで調整できるのもいいところです。
エルゴの抱っこひもならどのタイプでも取りつけられるので、サイズが合うか心配な人は専用の抱っこひもケープを購入するといいかもしれません。

<参考価格>
ウインター・ウェザーカバー ブラック
価格:6,000円(税抜)

・春~秋まで長く使える!2way使用で使い勝手◎ ユグノー

出典:@ uemisa_baby さん

『ユグノー』の「シャダンケープ」は、夏の強い日差しを遮って、赤ちゃんの体感温度を3度下げてくれるのだとか。裾が袋状になっているので、足先も紫外線からしっかりガードすることができます。

<参考価格>
ユグノー シャダンケープ
価格:4,200円(税抜)

・おしゃれママ御用達☆デザインの豊富さも魅力 エスメラルダ

出典:@shiiiiiromamaさん

こちらは、おしゃれママから人気のマタニティーブランド『Esmeralda(エスメラルダ)』の「2WAYサマーケープ」です。抱っこひもだけでなくチャイルドシートにも取りつけられるクリップつきの2WAY仕様。
また、コットン100%なので軽量&肌触り抜群で赤ちゃんもママも快適に過ごせます。折りたためばコンパクトになるので、マザーズバッグに入れて持ち歩けるのがうれしいところ。

<参考価格>
エスメラルダ 2WAYサマーケープ
価格:2,999円 (税抜)

■抱っこひもケープは代用可能?手作りできる?

出典:冬も夏も抱っこひもケープがあれば大丈夫!ベビーとの快適なお出かけに@ azu415saさん

市販のものを購入しなくても、抱っこひもケープは手に入るんです!

・クリップさえあれば、家にあるもので抱っこひもケープが作れる!

出典:筆者撮影 ※写真はイメージです。

抱っこひもケープは、家にあるものでも代用可能です!クリップは100均で売っているマルチクリップを使えばOK。あとは、お手持ちのブランケットやバスタオルにクリップをつけるだけで完成です。

・自分好みのデザインの抱っこひもケープを手作りしても

出典:photoAC

「好みのデザインがなかなか見つからない」人は、思い切って抱っこひもケープを手作りしてみてはいかがでしょうか。手作り抱っこひもケープは、意外と簡単に作れます。手縫いでももちろんできますが、ミシンがあれば時短できますよ♡

■あったか防寒ケープの作り方をチェック

ここからは、あったか防寒ケープの作り方を詳しく紹介していきましょう。

出典:冬も夏も抱っこひもケープがあれば大丈夫!ベビーとの快適なお出かけに@ sachiko_twelveさん

・防寒ケープを作る材料と防寒ケープの手順6ステップ

【材料】
好みのデザインの生地(表布)
フリースやボア生地(裏布)
平ゴム
クリップ2個
ヘアゴム

【作り方】
1.縦15cm・横7cmにカットした肩ひも用の生地を筒状に縫い、ヘアゴムの先にクリップをつけたものを通す。
2.縦90cm、横80cmに裁断した生地2枚を、中表にして縫い合わせていく。
このとき、ゴムを通すために上辺以外の生地の外周1cm内側と、さらにもう1cm内側を2か所を縫いましょう。上辺はフードを別に作って縫い合わせてもOKです。
3.2で縫い合わせた生地の間にゴムを通して絞り、ゴム口を塗ってゴムが外れないようにする。
4.3の生地の上部端から1cm内側に、肩ひもを挟んで上辺を縫う。
このとき裏返せるように手が入る程度のスペース(返し口)を開けておきましょう。
5.返し口に手を入れ、生地を表に返す。
6. 返し口をまつり縫いすれば完成!

手持ちの抱っこひもに合わせて、サイズは微調整してくださいね!

■抱っこひもケープで、赤ちゃんとのお出かけをらくらく快適に!

夏や冬の抱っこひもでのお出かけは、赤ちゃんの体調が特に心配になってしまうもの。ケープを使えば、そんなママの心配ごともひとつ減るかもしれません!あなた好みの抱っこひもケープで、赤ちゃんとのラクラク快適なお出かけを楽しんでみてくださいね。

※この記事で紹介している価格は、2019年9月時点のものです。

erimu

1歳男の子のママ。プチプラでかわいい雑貨、洋服、インテリアが好きで集めています。
子ども用のヘアアクセをハンドメイドしたり、旅行にいくのが趣味♪

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!