出典:@iamayas000さん

Lifestyle

リビングに観葉植物を◎おしゃれな空間に幸運が舞い込んでくるかも

観葉植物は一年を通して鮮やかな緑を保ち、室内でも自然を感じさせてくれるアイテムです。お気に入りの雑貨と並べたり、天井から吊ったり…と飾り方を一工夫するとおしゃれなインテリアにもなります。

最近では観葉植物の種類や育て方などを紹介するブログやSNSも話題に◎癒しや安らぎを与えてくれて、おしゃれな空間を演出してくれる観葉植物は家族の集うリビングにおすすめのアイテムです。
そこで今回は、リビングにおすすめの観葉植物に注目◎おすすめアイテムやInstagramで見つけた、おしゃれな観葉植物の飾り方をご紹介します!

■リビングにおしゃれな観葉植物を置こう

観葉植物は、生き物です。しっかり管理しないと、元気がなくなり枯れてしまうこともあります。まず最初に、上手に育てるためのポイントを押さえておきましょう。

・日当たりがよい場合

日当たりのよい窓際は、観葉植物が成長しやすい場所。ヤシの木・サンスベリア・ローレンティー・ハートカズラなど多くの種類は、太陽の光を当てることで大きく成長します。葉っぱ越しの太陽の光は、キラキラと元気を与えてくれますね。日当たりのよい場所は、日光が大好きな観葉植物にとってベストポジションです。
しかし、中には直射日光が苦手な種類もあるので要注意。その際はカーテン越し、または明るい日陰に移動しましょう。

・照明の光だけになる場合

日当たりのよい場所でなくても、LEDライトを使用すれば栽培可能です。実際に水耕栽培や植物工場では、LEDライトを使用した栽培方法を実施しています。特別な仕様のライトではなく、家電量販店で販売されているライトでOK◎LEDライトなら省エネであり発熱しないので安心です。
ポイントは、充分な量の光源を与えること。光量が足らないと上手く育たずに枯れてしまう場合もあります。もし、植物が弱っていたら応急処置として日光を当ててあげましょう。

・基本の育て方

観葉植物を上手に育てるための、管理方法や注意点を4つのポイントにまとめました。

・日当たり条件…直射日光・明るい日陰・日陰(蛍光灯)・暗い日陰(白熱灯)のうち、どのタイプを好むのか確認してから置く場所を決める。
・温度調節…一般的に15℃以上の気温が元気に育つ温度。10℃を基準とし、それ以下になる場合には場所を移動する。
・水やり…土が乾いたら水をたっぷり、受け皿にためない程度に水をあげる◎さらに霧吹きを使用する葉水も大切。葉や幹にも水を与えてあげると根から吸い上げられない水分を吸収し、温度調節や病害虫予防などに効果的。
・風通し…観葉植物を育てている部屋は、通気を良くする必要がある。空気の流れがない部屋では害虫に侵される心配も。窓を開けるか、こまめな換気を心がける。

■リビングにおすすめの観葉植物3選

小さい植物から大きな植物まで、初めての人でも比較的に育てやすい観葉植物をご紹介します。どれも店舗や通販での購入が可能です。

・幸運を運んでくれる観葉植物パキラ

出典:@iamayas000さん

パキラは、風水的に悪い気を鎮めてくれる力があるといわれている観葉植物です。家族みんなの気が集まるリビングに置くことで、負のエネルギーを吸収し変わりに良い気を引き寄せてくれる効果が期待されます。

・鮮やかなグリーンと個性的な形が◎モンステラ

出典:筆者撮影

モンステラは、ハワイでは神聖な植物とされています。風水でも幸運を呼ぶ観葉植物として、さまざまなアイテムにモンステラのデザインが使用されており、フェイクグリーンとしても人気の種類です。個性的な葉っぱと木のぬくもりを感じられるモンステラは、おしゃれなカフェや美容室などでも飾られています。もちろん、おうちのメインルームであるリビングにもおすすめの観葉植物です。

・ガラス容器で観葉植物を育てる

出典:@iamayas000さん

観葉植物を置きたいけれど、なかなかスペースがない…そんなときにおすすめなのがハイドロカルチャーです。土を使わないので、気軽に栽培できると話題になっています。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]