出典:@ fumi___3さん

Baby&Kids

抱っこ紐のおすすめを先輩ママに調査!機能性&デザインもチェック

赤ちゃんとのお出かけにかかせないのが抱っこひもです。両手が使えて外出時に便利なスグレモノ。赤ちゃんも抱っこひもに入れてあげるとママの温もりでぐっすり安心して眠りますよね。ママの中にも、腕や腰が疲れにくい抱っこひもは買ってよかった育児用品、という方が多くいるのではないでしょうか。
今回は、そんな抱っこひもの種類や、おすすめについてご紹介します。

■抱っこひもが使える赤ちゃんの時期や抱っこひもの種類は?

出典:@ ____dddaan__さん

抱っこひもの使える時期やどんなタイプがあるのか説明していきます。

・抱っこひもって?いつから使えるの?


抱っこひもは抱っこをするサポートをしてくれるもので、主に0〜3歳くらいまで使用できるものが一般的です。
種類により使える時期はことなりますが、大きく分けると首すわり前から使えるものと、首すわり後から使えるものがあります。使いたい時期に応じて合うものをしっかり選びましょう。

・抱っこひもはどんなタイプがある?


昔からあるスリングタイプ、よく見かける腰と肩で支えるタイプ、ウエストポーチのような見た目のヒップシートタイプ、男性でもOKなカバンタイプなどさまざまな抱っこひもがあります。
縦抱き、おんぶ、前向き抱っこなど何種類かの抱き方ができるものも多く販売されています。

■抱っこひもの選び方のポイントは何?

出典:photoAC

さまざまなメーカーから出ており、種類がたくさんある抱っこひもですが使いたい時期や欲しい機能、使う人の体の大きさなどでも選び方が変わってきます。

・使用時期で選ぶときのポイント


新生児の頃から使いたいという方は新生児からと記載があり、首の支えがしっかりある抱っこひもを選ぶ必要があります。
中には別売りのインサートをつけないといけない抱っこひももあるので、暑い季節などはインサートなしで大丈夫なものがおすすめです。

首が座ってから使いたいという方は、かなりの種類があるので迷いがち。
外国製か日本製かで、装着したときの大きさやひもの長さなども違いますので、赤ちゃんといっしょに店舗に行って実際に試してみるのがおすすめです。

例えば、新生児の頃は荷物が多いからベビーカーで大丈夫、重くなってから使いたいという方や、上の子の保育園のお迎えがあるから新生児から使える抱っこひもでパッと簡単に装着できるものを使いたいという方など、生活スタイルによっても選ぶ抱っこひもの種類は変わってくるので、どのような場面で使いたいかを考えることもポイントです。

・簡単に装着できるものはある?使いやすさで選ぶ

出典:@ g_enshさん

背中でベルトをとめたり、セーフティベルトをとめたり…ちょっと面倒という方もいるかもしれませんが、そんな方にはヒップシートのような腰だけでつける抱っこひもがおすすめ。赤ちゃんの乗せ降ろしも簡単なので人気が高まっています。
簡単に装着ができ、赤ちゃんを降ろすときにも楽な抱っこひもが良いですね。

・素材も注目!暑い時期に使える抱っこひもは?

出典:@ me__0911babyさん

素手で抱っこしていても、ママも赤ちゃんも暑くなりがちな抱っこひもですが、クール素材やメッシュなどのものもでています。暑がりな方や、暑い時期にたくさん使う予定の方は涼しい素材を購入しましょう。
通気性が良くなるだけで快適になりますよ!

・機能性を重視して選ぶ


抱っこひもは多種多様。落下防止のベルトがついていたり、ポーチのようにコンパクトになったり、ベビーカーにそのまま乗せることができたり…その抱っこひもにしかない機能という部分で選ぶのも良いですね。
最近では前向き抱っこをしたいという方も多いので、前向き抱っこができるものも人気のようです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]