出典:photoAC

Lifestyle

押入れのカビはもう怖くない!カビ対策をキチンとして快適な日々を過ごそう

押入れは物を納めたり、布団を出し入れしたりするのには欠かせない収納場所ですが、普段はほとんど開けることがありませんよね。すっかり掃除することさえ忘れてしまいがちな押入れは、実はカビが生えやすい場所であることを知っていますか?
今回は、押入れにカビが生える原因を知り、防カビの方法やすでに生えてしまったカビの除去方法を学びましょう!

■押入れのカビはなぜ生えるの?まずは原因を知ろう

押入れにはどうしてカビが生えてしまうのでしょうか。まずは原因に迫ってみましょう!

出典:photoAC

・生温かくてジメッとしているから


押入れはその名のとおり、荷物を“押し入れて”=詰め込んで収納しておく場所。つい詰め込み過ぎてしまったために通気性が悪くなり、押入れ内に空気がこもってしまいます。普段使わないものを納めている場所なので、定期的に換気するのも忘れがちですよね。

出典:photoAC

布団で寝るスタイルの人は、布団を出し入れするのが日課ですが、そこにも問題が!
朝起きたばかりの布団は、人の体温でぬくもっているうえ、睡眠中に出た汗などの水分を多く含んだ状態。そのまま畳んで押入れに収めると、湿気を含んだ温かい空気が押入れの中にこもってしまいます。

・掃除の頻度が低く汚れが多くなってしまう場所だから


押入れの掃除を部屋のように毎日掃除できるでしょうか。大きな荷物を出して掃除機をかけるなんて、なかなか毎日はできないですよね!しかし押入れは思ったよりも汚れがたまりやすい多い場所。布団を出し入れすれば、髪の毛や小さなゴミが溜まっていき、気がつけば押入れの隅がホコリだらけになってた……なんていうことも!

■押入れにはどんなカビが生えやすい?

押入れの中に生えやすいカビは白カビと黒カビの2種類。どんな特徴なのでしょうか。

出典:photoAC

・白くフワフワとした綿のような“白カビ”


白カビといえば、食品を傷ませてしまったときに生えたのを見たことがありますよね。白カビは、食品や革製品、木材でできた壁や床など自然素材に生えやすいのが特徴です。“湿気が多くほこりっぽい場所”を好むので、木材が使われている押入れは格好の場所なのです。

・黒い汚れのように点在する“黒カビ”


黒いペンで点々を描いたように生えるのが黒カビです。黒カビは結露しやすい場所や湿気が多い場所にある汚れを好んで発生します。乾燥や低温にも強く、空気中でも生きられる黒カビは、湿気が多く汚れた押入れに付着して胞子を作るのです。目に見えない黒カビの胞子がどんどん増殖し、ある日突然押入れを開けたら黒カビだらけ……なんてことに!しかも黒カビは、一度生えてしまうと擦っても拭き取ろうとしても簡単には落ちない、とても厄介なカビなのです。

■押入れのカビを防止する方法はないの?

押入れにまだカビが生えていない状態ならすぐ実践!防カビの方法をチェックしておきましょう。

・頻繁にふすまを開け閉めする


押入れの防カビ対策には、湿気をため込まないよう換気するのが有効です。いつもは閉めているふすまを小まめに開け閉めするよう心がけてみましょう。ふすまを開けるだけなので面倒なことは一切ありませんよね!

・風通しをよくするために中身を空っぽにする日を作る

出典:photoAC

物の詰め込み過ぎで通気性がよくない押入れは、ときどき中身を出して空の状態で換気しましょう。時間がかかる作業なので、よく晴れた日の午前から計画を立てて取り組むとよさそうですね。

出典:photoAC

除湿機やエアコンの除湿機能などを使うのもおすすめ☆

・汚れをため込まないよう掃除するのも大切

出典:photoAC

カビを生やさないためには掃除も大切!掃除機を使ってゴミやほこりを隅々まできれいに取り除きます。汚れが目立つ場所は、乾いた雑巾に消毒用アルコールスプレーを含ませて拭きましょう。押入れの中身を空にした日にまとめて行うと効率的ですね!
簡単な掃除なら週に1回、風通しする日は半期に1度や、季節の変わり目など定期的に掃除する日を決めておきましょう。

出典:@harenohi_117さん

きれいになった押入れはすのこを敷いて通気性をよくするのも◎

■もしもカビが生えてしまったら?押入れのカビ取り方法

どんなに防カビ対策をしても、残念ながらできてしまったカビ。どのように取ればよいか、除去する方法をご説明します。

出典:photoAC

カビ取り掃除を始めるまえに、必ずマスクと使い捨て手袋を装着したうえで換気しながら行ってくださいね☆

・白カビの除去方法


白カビには消毒用アルコール(エタノール)や水に溶かした重曹が効果的!カビ臭い押入れのニオイ除去にも有効です。
中身を取り出した押入れに、スプレーボトルに詰め替えた液体を直接吹きかけ、乾いた雑巾で拭きましょう。
すべて完了したら、押入れの中をしっかり乾燥させてから中身を戻します。
取り出した物自体にもカビが生えていないか確認し、もし生えていた場合は状態により処分するか、上記の方法で除去するようにしましょう!

・黒カビの除去方法


白カビと同じく、黒カビもアルコールに弱い性質をもつため、消毒用アルコールなどで拭き取る方法で除去します。
しかし、一度生えてしまった黒カビはとても厄介で、消毒用アルコールでは色が消えないことも。
その場合はスプレータイプの塩素系漂白剤を使ってみましょう!
液体タイプよりも濃度が薄めなので、壁を傷めにくいのだそう。押入れのカビが生えた部分に直接吹きかけます。ムラが気になる場合は漂白剤を吹きかけた雑巾でもOK。少し置いた後きれいな雑巾でしっかり水拭きします。あとは乾燥させるだけで完了です。

塩素系漂白剤を使う際は、使い方によっては壁の塗装や木材が変色したり、傷んだりする場合があるので、まずは目立たない部分で試してから使いましょう。

■押入れのカビ取りにおすすめの商品

ここからはカビ取りに使えるおすすめ商品を3つ紹介しますね☆

・ドーバー パストリーゼ77 500ml(スプレーヘッドつき)

出典:@kani00homeさん

消毒用アルコールでおすすめなのは、口コミでも話題の「パストリーゼ77」。アルコール度77%の高い除菌力はウイルスや菌に効果的なうえ、口に入れても安心な成分で作られています。押入れはもちろんですが、キッチン、玄関、トイレなど家中これ一つで除菌しながら拭き掃除できるので便利ですよね☆

・花王 キッチン泡ハイター 本体400ml  

出典:筆者撮影

泡で出てくるタイプのキッチン用塩素系漂白剤。密着性の高い泡はカビの生えた部分を効果的に除去してくれます。

・ジョンソン カビキラー台所用漂白剤 除菌@キッチン 漂白・ヌメリ取り  本体400g


こちらもキッチン用の塩素系漂白剤です。泡スプレータイプは使いやすさも◎
カビキラーでお馴染みのジョンソン製品なので、カビ取り効果はお墨つきですね!

■押入れのカビ対策を習慣にして暑い夏も快適に過ごそう☆

押入れのカビは見て見ぬふりをしてしまいそうな場所ですが、もしもカビを発見してしまったときは、今回ご紹介した方法をぜひ試してみて下さい。カビが取れてきれいになった押入れは、再びカビが生えないようカビ対策を習慣にしましょう!
スッキリとした気持ちで湿気の多い夏も快適に過ごせるとよいですね。

hinataka

お菓子とパンをこよなく愛する育児中のママです。食に携わる仕事を経て、独学で製菓衛生士免許を取得。現在は6歳と3歳の兄妹の育児に奮闘しながらも、自己流のお菓子作りを楽しんでいます。
【Instagram】harenohi_117

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!