出典:@bm.p0512さん

Lifestyle

ダイソーのヨガマットで十分!優秀すぎて神☆あわせトレーニンググッズも

健康維持や美容におすすめのグッズを、たくさんラインナップしている『DAISO(ダイソー)』。数多くある商品の中から今回は、ダイソーのヨガマットをピックアップ!サイズや特徴、使えるシーンなどをまとめました。
合わせて、ヨガといっしょに使える便利グッズもご紹介するので、「ヨガをもっと楽しみたい!」と思っている方も必見ですよ。

早速チェックしていきましょう!

 

■全国各地にあるダイソーでヨガマットがゲットできる!

出典:photoAC ※写真はイメージです

ヨガマットはスポーツ用品店や『しまむら』や『ニトリ』などでも売られていますが、お手頃価格で買いたい人は、100均のヨガマットをチェックしましょう。
プチプラヨガマットは『Can Do(キャンドゥ)』も取り扱われていますが、特にダイソーのヨガマットがおすすめなんです!ここからは、ダイソーのヨガマットの特徴を詳しくチェックしていきましょう。

 

・ダイソーのヨガマットの価格は?

 

ダイソーには、大きさの異なるヨガマットが2種類あります。ひとつは400円(税抜)、もうひとつは600円(税抜)。さすがに100円ではありませんが、スポーツブランドのヨガマットなら1万円近くするものも多いので、どちらもお買い得ですね。

 

・ダイソーヨガマットはどのくらいのサイズなの?

 

ヨガマットのサイズは、以下の通り。

【400円のもの】長さ160cm×横幅48cm×厚さ2mm
【600円のもの】長さ172cm×横幅61cm×厚さ6mm

ダイソーのヨガマット、以前は400円で厚さ2mmのものしかなかったようですが、2019年5月頃バージョンアップして、サイズUP&バリエーションが豊富になりました☆

 

・ダイソーヨガマットの素材はなに?

 

一般的なものは、熱可塑性エラストマー、天然・合成ゴム、ポリ塩化ビニル(塩化ビニル樹脂)、コルク、畳などでできているよう。ダイソーのヨガマットは、クッション性や安定感がある塩化ビニル樹脂を採用しています。
ホームセンターなどで売られているものも、こちらのタイプが多いようですよ!

 

・ダイソーヨガマットのカラーは全部で4色!

 

ヨガマットのカラーバリエーションは、ライトグリーン、ブルー、パープル、ピンクの全4色。ビビットカラーのヨガマットなら、敷くだけでも元気がでそうですね。

 

■ダイソーのヨガマットは一般的なものとどう違う?

ダイソーのヨガマットを、一般的なものと比較してご紹介します。

 

・400円のヨガマットは一般的なものよりサイズが小さい

 

一般的なヨガマットの長さは、170cm~190cm程度です。600円のタイプは長さ172cmあるのであまり差はありませんが、400円のタイプは長さ160cmしかないので、ちょっと短め。また、横幅も20cm程度短くなっています。

 

・ダイソーのヨガマットはやや薄め

 

一般的なヨガマットの厚さは、4mm~15mmほど。生活雑貨を種類豊富にラインナップしているニトリにもヨガマットは4種類ありますが、一番薄いタイプでも厚さ4mmあります。
ダイソーのヨガマットで400円のものは、厚さが2mmほどなので若干薄めかもしれません。しかしとってもお手頃価格なので、まずは安いものでヨガに挑戦してみたい人に、おすすめです!
「一般的なヨガマットに近いタイプが欲しい」という方は、厚さが6mmある600円のものにしてみてはいかがでしょうか?

 

・丸めるととてもコンパクトに!軽いのも魅力的☆

 

出典:@ bm.p0512さん

サイズが小さめでやや薄い400円のヨガマットは、くるくるっと丸めるととてもコンパクトになります!600円のヨガマットもゴムバンドがあるので、小さくまとめることができますよ。
また、ダイソーのヨガマットは一般的なヨガマットと比べて軽いので、持ち運びやすくなっています。自宅でヨガをするときだけでなく、スクールに通うときにもおすすめですよ。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]