出典:@y_twinsplaceさん

Lifestyle

マットレスプロテクター装備で、パパの寝汗も子どものおねしょも怖くない!

マットレスの汚れはシーツをかぶせれば防げると思っていませんか?実はシーツをしていても、寝汗や皮脂汚れによってマットレスは汚れてしまっているもの。マットレスは洗濯できないからこそ、キレイな状態を保つためにもマットレスプロテクターが必要となります。子どものおねしょで困っているというママにもおすすめしたいアイテムなんです。

マットレスプロテクターってなに?どんな商品が人気なの?そんな疑問にお答えします!

■マットレスプロテクターって一体なに?

マットレスプロテクターという単語を初めて聞いたという方もいるのではないでしょうか。まずはどのようなアイテムなのか、簡単に押さえておきましょう。

・マットレスプロテクターの役割とは

出典:photoAC

マットレスプロテクターは、その名の通りマットレスを保護するために使います。主な役割は2つ。

まずひとつとして、寝汗や湿気といった水分からマットレスを守ります。「人は一晩の睡眠中にコップ1杯分の汗をかく」と聞いたことはありませんか?寝汗や湿気がマットレスに染み込むと、カビやダニの温床になってしまいます。マットレスプロテクターは防水加工されており、こうした水分がマットレスに染み込むのを防いでくれるのです。

出典:photoAC

ふたつ目は、マットレスへのダニの侵入を防ぐという役割。ダニはアレルギーの原因ともなりうるため、皮膚の弱い方や小さな子どものいる家庭ではより注意を払う必要があります。就寝時にかゆみを感じていた方が、マットレスプロテクターを使うようになってかゆみから解放されたという事例も。ダニだけでなく、皮脂汚れやアカなどがマットレスに付着してしまうのも防いでくれますよ。

・シーツとの違いはどこにある?

出典:photoAC

シーツがあればマットレスプロテクターは必要ないのでは?と思う方もいるかも知れませんね。「マットレスにかける」という意味では似ているシーツとマットレスプロテクターですが、その性質は異なります。
マットレスプロテクターは、シーツとマットレスの間に敷くため、直接肌にはふれません。前述したように、高い防水性を持つことも特徴です。肌触りを重視するシーツとは異なり、マットレスの保護に重点をおいています。
また、商品によってはクッション性のある中材を使用しているものも。マットレスの寝心地をよくしたりヘタリを防いだりという側面も持ちます。

■おすすめのマットレスプロテクター

マットレスプロテクターは、寝具専門店や家具販売店、amazonなどのネットショップで購入することができるよう。評価の高いおすすめのアイテムをピックアップしてみました!

・マットレスプロテクター/テンピュール


アメリカ生まれの『TEMPUR(テンピュール)』では、寝具メーカーならではのクオリティの高いマットレスプロテクターを取り扱っています。
特殊な素材を使用することで、汗や汚れをシャットアウトしながらマットレスにこもった湿気を外に逃がします。薄く伸縮性があるため、マットレスにぴったりフィット。寝心地を邪魔しません。
こちらはシングル、セミダブル、ダブルと3つのサイズ展開。四隅のゴムバンドで着脱も簡単です。

・マットレスプロテクターGÖKÄRT/IKEA


『IKEA(イケア)』のマットレスプロテクター、「GÖKÄRT(ジョーシェルト)」は、起毛素材の心地よい肌触りも特徴的。綿とポリエステルの混紡になっており、通気性がよく湿気をこもらせません。
一方で防水加工はしっかりしているため、寝汗や水分からマットレスを守ってくれます。60℃でタンブル乾燥可能なので、ダニも除去できますよ。

出典:@y_twinsplaceさん

@y_twinsplaceさんが使用しているのは、IKEAの子ども用マットレスプロテクター。防水性が高く、おねしょ対策としてもおすすめです。

・マットプロテクター/プロテクト・ア・ベッド


『Protect A Bed(プロテクト・ア・ベッド)』の「マットプロテクター」は、世界中の一流ホテルでも採用されています。防水性、防ダニ性とともに注目したいのが、吸水速乾性。寝汗をサッと吸い取るのに、透湿性が高くムレることはありません。綿100%の肌触りも魅力的です。

出典:@daiki.tanaka209さん

汗や汚れが気になるのは枕も同じ。@daiki.tanaka209さんが使用しているのは、同じくプロテクト・ア・ベッドが手がける枕用の「ピロープロテクター」。マットレスプロテクターと同じように、寝汗やダニから枕を守ってくれます。

・ポリエステルベッドパッド/ニトリ


コスパの高い家具インテリアを多数販売する『ニトリ』。「ポリエステルベッドパッド」は、マットレスだけでなく敷き布団にも使用することができます。
サラリとした生地で、睡眠中の汗からマットレスをカバー。サイズもシングルからセミダブル、ダブル、ワイドダブル、クイーンまで展開しており、ご家庭の寝具にピッタリ合うものが見つかるはずです。
ニトリならではのお手頃価格なので、はじめてマットレスプロテクターを使うという方にもおすすめですよ。

■清潔に保つには定期的に洗濯を!

マットレスプロテクターを清潔に保つには、定期的に洗濯する必要があります。

・自宅でのお洗濯も簡単に!

出典:photoAC

洗濯をする際は、洗濯機に簡単に折りたたんで入れ、弱流水で洗います。生地が傷まないよう、大きめの洗濯ネットに入れるとなおよいでしょう。
側面まで防水加工されているものは、洗濯後に角の部分に水が溜まりやすくなります。乾きが悪くならないよう、干すときに裏返すなどの一工夫を。製品によっては乾燥機が使用できるものもあるので、洗濯表示を確認してみてくださいね。

・洗濯する頻度はどれくらい?

出典:photoAC

使用状況にもよりますが、マットレスプロテクターの理想的な洗濯頻度は週に1回。子どもがおねしょをしてしまった、飲み物をこぼしてしまったなどという場合は、その都度洗濯してあげましょう。衛生性を保ちつつ長く使うためには、洗濯耐久性の高い生地のものを選ぶとよさそうです。

■マットレス派の方にはぜひ使ってほしい!

出典:photoAC

洗濯できないからこそ、できるだけ“汚さない”ための対策が必要になるマットレス。シーツや敷きパッドのみで対応してきたという方も、この機会にマットレスプロテクターを取り入れてみてはいかがでしょうか?清潔なマットレスの上で、これまで以上の快眠を手に入れられるかもしれませんよ。

moria

よく食べよく遊びよくしゃべる2歳娘を育てています。節約とプチプラで日々家計を浮かす努力中!シーズン中は家族で野球観戦を楽しんでいます。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!