Baby&Kids

うまくできることよりも、子どもの強みと取り組む姿勢を育もう

vol.1069【1日1成長お母さん】どんな時もお母さんが子どもを信じることで能力を発揮できる

幼児期は結果を出すことより、子どもの心の成長に目を向けてみよう

大人の何気ないアドバイスが子どもの原動力を止めてしまうことがあります。大人からすると「あの子にできるかな…」と心配になり、「挫折を味わう前に違う道を」と思うがゆえです。
しかし幼児期に必要なのは効率よりも目標に向かっていく力を蓄えること。そんな非認知能力を育むのに大切な“子どもの心の成長”を応援したいものです。
そんな考え方で接すれば、大人が子どもにどんな言葉をかけるかも自然と変わってくるでしょう。

結果にフォーカスしすぎると、前向きな子どものやる気を奪っていく

6歳のMくんが仲良しのお友達の家に遊びに行くと、友だちのお父さんに「将来の夢はなんだ?」と聞かれたそうです。「サッカー選手かバスケットボール選手」と元気よく答えたら、「背が低いし、足の使い方を見てもMくんにはサッカーやバスケットは難しいだろう。もっと自分に合うものを見つけてみたら」とアドバイスをくれたようです。
家に帰ってきたMくんが残念そうに今日のそのできごとを伝えてくれるのですが、どんな言葉をかけようかお母さんも迷います。

どんなときもお母さんが信じてあげることで子どもは必ず成果を出していく

「今だけを見て判断するには早すぎるよね。背はこれから伸びていくし、毎日練習すれば必ずうまくなっていくものよ」「今だって十分できてる。これからもきっとできる」お母さんがMくんを励まします。
何かに挑戦する子どもが「自分はできる」と自信を持てるようになるためにはお母さんの声かけや気持ちが重要です。大人が「この子ならできる」と信じて期待することが、子どもの成果を上げるのです。これを“ピグマリオン効果”といいます。

前向きに楽しむ子どもの心と、信じて応援するお母さんの思いが継続力になる

子どもが好きなことに夢中になって、目標に向かっている姿を心から応援しましょう。幼児期に大切なのはうまくできることではありません。目標に向かって頑張る中で、集中力や努力、忍耐力や達成感そして自信を育む方が重要です。
そういう視点で接すれば、子どもの能力をより伸ばせるでしょう。お母さんだけは目の前の子どもをいつも100パーセント信じて応援し、一緒に向かいながら他に替えられない子どもの自信につながる記憶を残してあげましょう。

今日の1日1成長

子どもの心の成長にフォーカスして、好きなことを思いっきりさせ応援しよう
子どもの努力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!