出典:髪型でおしゃれは決まる!ママにおすすめレングス別ヘアスタイル@ __yodaka__さん

Beauty

妊婦期間に最適な髪形はコレ!楽ちんかわいいヘアスタイル

妊娠中は、つわりやイライラ、体型の変化などでストレスを感じやすい状態です。できるだけ負担を減らして快適に過ごしたいと思う方も多いでしょう。そんなときにおすすめなのが、美容室に行くことです。産後の生活も考えて、妊娠中の動ける時期に美容室に行ってみましょう。今回は、どんな髪型にすれば良いかお悩みの妊婦さんに、妊娠中におすすめの髪型についてご紹介します。

■妊娠中のベストな髪型は?カラーしてOK?

髪の長さや髪型を変えるのってウキウキしますね。でも、妊娠中はつわりや体調不良で、定期的に美容室に通うのが難しい場合も!そこで、妊娠中におすすめの髪型をリサーチしてみました。

・ロングかショートのどっちにする?

出典:@ milktea_junyufukuさん

妊娠中の髪型はロングかショート、どちらがベストでしょうか?ロングは、アレンジがしやすく、結んでまとめることができますが、洗ったり乾かすのに時間がかかりますね。
ショートは、ロングほどアレンジのバリエーションはありませんが、お風呂のときにかなり楽です。特に上にお子さんがいる場合、いかに自分にかかる時間を短くして、子どものお風呂をスムーズに終わらせるかは日々の重要タスク!ショートなら洗う時間も短く、乾かすのも自然に任せておけばOKなのでおすすめです。

・妊婦さんはカラーやパーマはしても大丈夫?

出典:髪型でおしゃれは決まる!ママにおすすめレングス別ヘアスタイル @ tt_kk_mm_ttさん

カラーやパーマに使う薬剤は、完璧に人体に無害というわけではありません。熱の力でパーマをかけるデジタルパーマも薬液を使うので同じことが言えます。特に妊娠中は、頭皮や皮膚が刺激に弱い状態になっていることが多く、かぶれを起こす可能性があるので、カラーやパーマはおすすめはできません。
また、妊婦さんのときに髪色を明るくすると、産後に長期間染められず、プリンになってしまうこともあるのも、おすすめできない理由の1つです。
薬剤を洗い流すときに、長時間シャンプー台であおむけの状態が続くと、お腹の重みで血管が圧迫され、気分が悪くなったり、赤ちゃんへの血液量が減ってしまうことがあります(仰臥位低血圧症候群といいます)。

妊娠中期以降は、シャンプーの時間は短めにしてもらうか、少し横を向いたり、からだを起こした状態でしてもらうなどの対応が必要になります。事前に美容室に相談しておくと安心ですね。

・妊娠中に美容院へ行くベストタイミングは?

出典:photoAC

妊娠初期は、つわりが落ち着いてから行きましょう。薬剤のにおいやドライヤーの熱気で、吐き気がひどくなることもあります。つわりが落ち着くころが、ちょうど安定期に入る時期の場合が多いので、その頃に美容室に行くのがおすすめです。
出産前に行くタイミングとしては、妊娠8カ月頃が良いでしょう。妊娠9カ月から切迫早産の確率が上がるので、それまでに1度美容室へ行っておくと、もしものときに助かります。

ただ、あおむけでのシャンプーは危険ですので、シャンプーなしか、座った状態でのシャンプーにしてもらうなど、事前に相談してみましょう。出産直前に美容室に行くのは、陣痛や破水の可能性もあるので控えたほうが良いでしょう。

・要チェック!産後を意識して髪型を決めよう

出典:@ milktea_junyufukuさん

出産すれば、そのあとはいつ美容室に行けるかわからないという場合も多いです。特に産後数カ月は、からだの回復と慣れない育児を同時進行で行わないといけないため、時間的にも体力的にもケアの楽な髪形がいいでしょう。
また、サイドの髪は耳にかけられるか、下を向いたときに垂れてこない長さがおすすめです。授乳やオムツ替えなど、下を向く動作が多いので、髪が視界に入らないようにしておくとお世話がしやすいです。

■芸能人はどうしてる?出産前のヘアスタイル

産後は怒涛の日々が待ち受けています。里帰りされる方やご主人が育休を取られる方、ワンオペが確定している方など、産後の家庭環境はさまざまですが、産後のからだも育児も予想外の連続です。髪型だけでも自分の思い通りにいくように整えておきましょう。

・速洗速乾!ワンオペママに愛されるショート

出典:髪型でおしゃれは決まる!ママにおすすめレングス別ヘアスタイル@ __yodaka__さん

ケアのしやすさナンバーワンなのが、ショートです。シャンプーするのも短時間で済み、ドライヤーですぐ乾きます。自然に任せればさらに時短できるので、ワンオペの方におすすめです。

・楽ちんかわいい!伸びても気にならないボブ

出典:@ lucia_japanofficialさん

ショートほど短くしたくないけど、ケアが簡単なのがいい方や、産後に長期間、美容室に行けないことが予想される方は、出産前に髪型をボブにするのがおすすめです。面長や丸顔など、どの方にも似合う髪型で、妊婦さんに人気の髪型です。
ショートだと、少し伸びただけでうっとおしく感じることが多いですが、ボブだと伸びても気になりません。特にワンレンボブや切りっぱなしボブは、産後そのまま伸ばしてセミロングにするのもありです。

2017年に出産された近藤千尋さんや、2018年に出産された道端アンジェリカさんも、出産時に髪型をロングからボブにばっさり切られています。30代ママに人気の髪型ですね。

・長さもあってアレンジしやすい!セミロング

出典:mamagirl2019冬号

肩下5~8cmくらいがセミロングですが、後ろで束ねることができ、アレンジが比較的楽にできます。産後にそのまま伸ばしてロングにできるので、ロング派の方が産後の生活を見据えてセミロングにする場合も多いようです。
2017年に出産された川崎希さんも、産前にセミロングにして、その後ロングをキープされています。

・女子力アップ!ママガールならロング一択!

出典:@ yuapishさん

産後も変わらずロングでいくのもありです!ロングのメリットは、アレンジがしやすく、結ぶことできちんと感も出ます。寝ぐせがついても結んでしまえば問題なし!
2018年に出産された森泉さんも、産前産後とも変わらずロングで、おしゃれなヘアスタイルをインスタにアップされていました。

■どこまで切る?上げる?妊娠中の前髪作り方

前髪で顔の印象が大きく変わりますね。産後の生活を考えて短く切るのもありですが、切らずにアレンジを楽しむのもすてきです。簡単な前髪アレンジの方法をご紹介します。

・産後にも簡単なおすすめの前髪アレンジ方法

出典:@ _grass_hair_さん

前髪をねじねじして、サイドにピンで留めれば完成!伸びかけの前髪を簡単にアレンジする方法です。ピンの種類を変えれば、また違った印象に仕上りますね。

また、ターバンやヘアバンドを使えば、伸びた前髪をおしゃれにアレンジできます。アイテムのカラーや素材を変えれば印象も大きく変わってくるので、2~3種類購入しておくと便利です。

■妊娠中の鉄則!美容室には行けるときに行く!

妊娠中はつわりをはじめ、だるさや腰痛・恥骨痛などのマイナートラブルが多く、美容室に行くタイミングを逃しがちです。また切迫流産や切迫早産などで突然入院なんていうこともあり得ます。また来週行こうかな…と先のばしにせず、行けるときに行っておくことをおすすめします。
産後も、なかなか美容室に行く余裕がないこともあります。産前に美容室に行くときは、産後の生活を意識して髪型を選びましょう。

chano

2歳と5歳のそっくり兄妹のママ。看護師(4年)・パタンナー(6年)と全然違う2つの職種を経験し、現在、在宅ライターとして活躍中。本業の傍ら、趣味のハンドメイドでベビーグッズを販売したり、子育て関連や在宅ワークのブログを運営中。両実家遠方・ワンオペの状態で、子育てと仕事に追われる生活を変えるために在宅ライターに転身。働きたいけど働けないママにこの働き方を推進すべく、保育施設付きオフィス・コワーキングスペースを作る野望に向けていろいろ準備中。
【Instagram】atelierchanon
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!