Baby&Kids

人に褒められても納得しないのは謙遜ではなく理想の高い完璧主義

vol.1086【1日1成長お母さん】大切なのは過去の自分との比較。褒めずに認めて自信を育てよう

しっかり者で器用な子は、小さな頃から完璧を求める傾向がある⁈

子どもの器用さには個人差が大きいもの。2歳でボタンを留められる子もいれば、3歳でできるようになる子もいます。器用な子の中には、3歳で折り紙やぬりえなどの作品をとても綺麗に仕上げる子もいます。
しかしお母さんが「上手にできたね」と言っても、その褒め言葉に「全然できていない」と怒り出してしまう子がいるのです。お母さんはお世辞を言っているわけではありません。子どもながら出来上がりに求める理想が高いゆえの発言なのです。

お母さんの声かけが台無し。褒め言葉も否定的に捉える我が子にびっくり!

4歳の女の子Eちゃんは、習い事の宿題で丸や三角などの形に色を塗っていました。一生懸命に鉛筆を動かすEちゃんをお母さんはニコニコ見ています。
お母さんはEちゃんの塗った丸を見て「きれいに塗れたね。次のもしよう」と声をかけました。するとEちゃんは「まだここ残ってるでしょ!」とほんの少しだけ塗り残された箇所を指差して怒ってしまったそうです。
Eちゃんは完璧に塗ることを自分に求めていたのです。

褒め過ぎはNG!完璧へのこだわりは受け入れ、認める言葉で自信を育てよう

Eちゃんはキッズコーチングにおいてテキストタイプという生まれ持った個性を強く持っています。このタイプの特徴のひとつは完璧主義。理想の高さから自己評価を下げてしまうことも。
Eちゃんの例で言うと「上手だね」などの褒め言葉より「半分塗れたね」のように状況を表す言葉をかけてください。褒め過ぎると「完璧な自分でいなきゃ」という気持ちがさらに強くなり、失敗を恐れて積極性が失われてしまう傾向にあります。

器用に見えて陰の努力家。過去の自分を超えることに意識を向けよう

園生活などでは、先生からも優等生扱いされて大満足です。何でも器用にできるように見えますができないことは悔しく感じ、褒められることが大好きなので陰で練習を頑張っているのです。
しかし周囲の人には努力する姿はあまり見られたくないという一面もあります。お母さんは子どもの頑張っている姿を認め「前より○○できるようになったね」と成長を言葉で伝えてあげてください。お母さんが“見てくれている”という安心が子どもの自信につながります。

今日の1日1成長

頑張る姿をお母さんに見てほしい。関心を示す言葉で自信を育てよう
子どもの自信力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
かわさき ちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!