出典:@izayoikokoさん

Lifestyle

ハーバリウムをライトアップして幻想的に☆おすすめライトも紹介

インテリアとしても人気で、最近では手作りする人も多いハーバリウム。そのままでも十分きれいですが、ライトアップをすれば、またひと味違った楽しみ方ができるのをご存知ですか?

今回は、思わずマネしたくなるハーバリウムライトの例や、ハーバリウムが映えるライトの選び方、おすすめのライトなどをご紹介します。

■ハンドメイドも人気のハーバリウムとは?

出典:@izayoikokoさん

小瓶の中にさまざまな花や植物を閉じ込めたハーバリウムは、部屋のアクセントとして人気のアイテム。作り方を習えるワークショップなどもあり、最近では手作りする人も増えていますよね。
ハーバリウムとは、もともとは研究用の植物標本のこと。けれど現在では、プリザーブドフラワーなどをオイルに浸して観賞用にしたものが、ハーバリウムとして広く知られています。

・ハーバリウムをライトアップするのもおすすめ

出典:@izayoikokoさん

そのままでも美しいハーバリウムですが、ライトアップをすると、幻想的でまた違った雰囲気に☆ライトつきのハーバリウムを置いておけば、夜間に間接照明の代わりとして利用することもできます。

■ハーバリウムが映える!ライトの選び方

出典:@izayoikokoさん

ここからは、ハーバリウムがさらに映えるライトの選び方をご紹介しましょう。

・単色ライトの場合はハーバリウムと同系色に


単色のライトを使う場合は、ハーバリウムの花やオイルの色に近いものを選ぶと失敗しにくいでしょう。レッド系の花がメインの場合はレッド系のライトを、ブルー系の花がメインの場合はブルー系を選ぶと、ハーバリウムにも自然にマッチします。

出典:@cana5canさん

こちらは、イエローやホワイトがメインのハーバリウムを、暖色系のライトで照らした作品☆お花が黄色く照らしだされていてきれいですね。

・色が変化するライトを選ぶのもおすすめ


ライトの中には、単色ではなく、光がさまざまな色に変化するものもあります。色によっていろんな表情が見られるので、また違った楽しみ方ができます。

出典:@heart7706さん

こちらはブルー系の光がグリーン系に変化。

出典:@heart7706さん

同じハーバリウムでも、まったく違った印象になりますね。

・花とのバランスを考える


ハーバリウムの中にワイヤー状のライトを入れる場合は、花とライトとのバランスを考えることも大切。どの花を目立たせたいか、どこにライトがあるとよりきれいに見えるかを意識するといいでしょう。

出典:@fiori_di_cuoreさん

こちらはケーブルタイプのライトを使ったハーバリウム。ライトが花をバランス良く照らしています。

■ハーバリウムを彩るライトのおすすめ6選

最後に、ハーバリウムを照らすのにおすすめのライトを、タイプ別にいくつかご紹介しましょう。

・上にハーバリウムを置けるコースタータイプ

出典:@__sun61__さん

まずは、ライトの上にハーバリウムの瓶を置き、下からライトアップするタイプ。下からお花を照らす光景は、とっても幻想的です♡

【パジコのLEDライトスタンド】
『PADICO(パジコ)』というメーカーから出ている「LEDライト[3灯丸型]」は、丸いコースタータイプのLEDライトです。色がゆっくりと変化していき、とても幻想的☆コースター全体がシルバーの、スタイリッシュなデザインです。中心にはライトが3つついています。価格は325円(税抜)で、「東急ハンズ」などで購入可能です。

【セリアのLEDライトスタンド】
100均ショップの『Seria(セリア)』で販売されている「LED Light Stand」も、100円(税抜)ながらライトの色が変わる優れもの。丸いプレート部分は鏡面、台座の部分は白いプラスチック製で、中心に小さめのライトがひとつついています。お手頃価格なので、試しにハーバリウムを照らしてみたい!という人にもおすすめです。

【スワン電器の木目調LED コースター】
『スワン電器株式会社』から出ている「BOTANIC LED CHARGING COASTER」は、台座部分が木目調になっているのが特徴。ライトは単色で、本体についたボタンで3段階に光を調節できます。インテリアをナチュラルテイストでまとめたい人などにぴったりかもしれませんね。USB充電式なのもポイントです。こちらは定価3,024円(税込)で、「Amazon(アマゾン)」などでも販売されています。

・ハーバリウムの瓶の中に入れるケーブルタイプ

出典:@fiori_di_cuoreさん

続いては、ライトがついたケーブルを瓶の中に入れるタイプ。小さなライトがあちこちでチカチカと花を照らすので、より立体的な印象になります☆

【ダイソーのLEDワイヤーライト】
『DAISO(ダイソー)』から出ている「コルク栓風ワイヤーライト」は、小さなライトが光るLEDワイヤーライト。約75㎝のワイヤーにLEDライトが8つついています。色は単色で、点灯したままのタイプと点滅タイプの2種類があります。

【セリアのLEDジュエリーライト】

出典:筆者撮影

セリアからも、同じくワイヤータイプのLEDライト「LEDジュエリーライト」が出ています。こちらはライトが常時点灯するタイプ。セリアでハーバリウムの材料をまとめてそろえる予定の人は、ぜひあわせてチェックしてみてくださいね。

【カラーいろいろのジュエリーライト】
『ハンドメイド手芸材料のココット』が販売している「ジュエリーライト」は、長さ2mのワイヤーライト。光のカラーはホワイトだけでなく、イエローやブルー、グリーン、レッド、レインボーの6種類から選んで購入できます。こちらは 556円(税抜)で販売されていて、「楽天市場」から送料無料で購入可能です。

ちなみに、材料を自分でそろえてハーバリウムライトを手作りするのは面倒…という場合は、ライトがスタッキングされたタイプのハーバリウムの完成品も販売されています。ロフトなどでも購入できるので、探してみてくださいね。

■ハーバリウムライトで夜もおしゃれに

日中、窓辺で太陽の光を浴びてキラキラ輝くハーバリウムももちろんきれいですが、闇夜でライトアップされたハーバリウムもとてもロマンティック☆ご家庭にハーバリウムがある人やこれから手作りしようと考えている人は、ぜひライトアップも試してみてくださいね。

くらら

小学生男子と幼稚園児女子を子育て中。ファッション・美容・収納系の話題が好きです☆最近はホットヨガにもハマっています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!