Facebook Twitter Instagram

出典:@ masakiuraoさん

Lifestyle

ウッドデッキにフェンスをDIYで取りつけよう!手軽に簡単に☆

新築の家を建てるときに設置しているウッドデッキ。開放的でおしゃれ!と思ったけど、「フェンスをつけておけば良かったな!」と、後で後悔していませんか?でも、大丈夫。ウッドデッキのフェンスは後づけができるんです。後づけして良かったと思えるフェンスのメリット、後づけするときに気をつけたいこと、DIYを考えたときにどんな物が必要になるのかなど、フェンスの後づけの方法や、参考になる実例の紹介をします。

参考にしてみてくださいね!

■ウッドデッキに目隠しフェンスは必要?

ウッドデッキに後づけをしてつけるほどフェンスは必要なのでしょうか?目隠しフェンスの必要性とメリットについて確認したいと思います。

・ウッドデッキにフェンスをつけるメリット

出典:@ masakiuraoさん

ウッドデッキのフェンスをつけるメリットは目隠しになることです。家の位置にもよりますが、通行人や道路を運転している人からの視線を気にしなくても良いことがメリットです。また、フェンスをしっかり固定することが多いので、布団やレジャーシートなどを掛けて干せたり、小さい子どもがいる場合は、落下防止にもなります。

・ウッドデッキにフェンスの後づけができる?

ウッドデッキにフェンスの後づけができるか不安ですよね。また、後づけする場合は、ウッドデッキにフェンスを固定できるかも気になりますね。
ウッドデッキの耐久度が高い場合は、フェンスを固定して後づけすることが十分可能です。耐久度が弱い場合でも、地面に埋め込みを固定できる金具やコンクリで固めて固定する方法をとれば、フェンスの後づけは可能になります。

■ウッドデッキのフェンスに必要な高さとは?

出典:@ erc_didiさん

『LIXIL(リクシル)』のフェンスを設置されているお写真です。道路側からウッドデッキの部分を目隠しするために@ erc_didiさんは後づけをされました。高さは2mです。
ウッドデッキで使用するフェンスの高さは、1.8mぐらいが一般的です。目隠しのためにつけるフェンスは、布団を干せる高さにするなど、使い勝手で調節しても良いのではないでしょうか。

■主なウッドデッキのフェンス3種類を紹介

ウッドデッキのフェンスは横張りや縦張り、それにクロスフェンスの3種類を使われることが多いです。その3種類をご紹介しましょう。

・ウッドデッキにつける縦張りフェンス


ウッドデッキの縦張りフェンスとは、板を縦方向に並べて貼りつけるフェンスのことです。DIYであれば隙間を自分で調整できます。
一枚板に縦張りになっているフェンスは隙間の調整はできませんが、手軽にDIYできる利点があります。また、縦張りフェンスは、子どもが登れないので、危険度が低い安全なフェンスです。

・ウッドデッキにつける横張りフェンス

出典:@ oyama167000さん

ウッドデッキの横張りフェンスとは、板を横方向に貼りつけるフェンスのことです、材料の板が少なくDIYできるのが魅力です。ウッドデッキにつけるフェンスでは、横張りフェンスが多くみられ、定番となっています。

・ウッドデッキにつけるクロスフェンス

出典:photoAC

クロスフェンスとは、フェンスの枠に板をクロスして貼りつけるようになっているフェンスのことです。カフェなどでよく見かける素敵なフェンスは、クロスフェンスのことが多いですね。クロスされている板が販売されているので比較的簡単に取りつけられます。

■ウッドデッキのフェンスを後づけDIYする方法

フェンスをDIYする材料や道具、作り方はどうすればいいのか気になりますね。材料や作り方をご紹介しましょう。

・ウッドデッキの後づけフェンスに必要な材料と道具

出典:photoAC

DIYでフェンスを後づけするときにはこのような材料と道具が必要です。

<材料>
・金具やネジ
(※樹脂フェンスや使う木材により金具の種類も変わります)
・フェンス用板
・支柱

<道具>
・DIY用工具

以上が必要な材料と道具です。

・ウッドデッキの後づけフェンスの作り方

出典:@ oyama167000さん

ウッドデッキの本体にフェンスをつける方法をご紹介します。

1.フェンスをつけるときには、表面をどちらにするか確認します。
2.支柱をウッドデッキの本体に金具とネジを使い固定し取りつけます。
3.縦や横、クロスなどつけたいフェンスにより、板を工具で固定します。

上の写真は、ウッドデッキにフェンスを固定して作られたものです。ウッドデッキとフェンスの木材の色を好みで変えられるのが、DIYならではですね。

・ウッドデッキの後づけフェンスについて注意点

ウッドデッキの本体の木材が劣化していたら、フェンスの強度が弱くなるので、最初にウッドデッキ本体の状況を調べて、金具がしっかりと取りつけられるかを確認しましょう。
リウッドデッキであれば、硬度が高く耐久性もあるのでフェンスを後づけしても大丈夫なのですが、いずれにせよ、最初にウッドデッキの状態を確認することは大事です。

また、リウッドデッキでもウッドデッキでも、DIYの後片づけするときに金具やネジが落ちることが多いので、取りつけるときは落ちないように注意し、設置後はもう一度確認をしてくださいね。

■おしゃれなウッドデッキフェンスDIY実例

DIYで設置されたウッドデッキフェンスの実例です。

・縦張りフェンス

出典:@ yujin_jin_110さん

ウッドデッキにDIYされた縦張りフェンスです。フェンスの下にも植え物を置いたりと、使い方が楽しめますね。フェンスの右側には、扉がつけられるようにしてあるので、出入りも簡単にできる作りになっています。
出窓の半分が隠れ、自宅の中が直接見えないのでカーテンを開けても気になりませんね。

・横張りフェンス

出典:@ masakiuraoさん

ウッドデッキにDIYされている横張りフェンスです。DIYであれば自由にフェンスを取りつけできるので、鉢植えが置きやすいように横張りの間隔を調整できますね!ウッドデッキからの出入り口も自由にできるよう間隔をあけられてるので便利です。
フェンスの高さも変化できるのは、DIYならではの魅力です。

出典:@ hiiiro_homeさん

こちらのフェンスは、2種類の色の板を使ってDIYされています。左の枠は、開閉できる扉にもなっていて、DIYならではの楽しい作りです。ウッドデッキの中を見せたり扉を開いて座ることもできる素敵なフェンスです。

・クロスフェンス

出典:@ milking24さん

写真のウッドデッキのフェンスは、クロスフェンスになっています。大きめのクロスがカフェのような雰囲気でオシャレですね。ウッドデッキの出窓から地面まで高さがありますが、クロスフェンスがついているので、転倒する心配をしなくてすみます。クロスが大きいと、掃除がしやすいという一面も。

■ウッドデッキにDIYでフェンスを後づけしてみよう!

ウッドデッキの周りに後づけで目隠しフェンスをとりつけることは、メリットが多いのでおすすめです。DIYなら材料の価格や設置費用もおさえられるうえに、オリジナルフェンスを作ることもできます。おしゃれで機能的なフェンス、作ってみたいですね!

EMIKA

3姉妹の母です。ドラマを見るのが好きです。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp