出典:photoAC

Baby&Kids

男の子の七五三は何歳で祝う?おすすめの袴や髪型をチェック

子どもの成長を祝う七五三。由来を知っていますか?3、5、7歳でするんだろうということは分かっても、細かいところは知らないという方も多いのでは。
今回は特に、男の子の七五三について掘り下げてみます。基本的なことをチェックして、お祝いに備えておきましょう。おすすめの着物や袴もいっしょに紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

お子さんができて改めて七五三ってなんだろう?と思ったそこのあなた。基本的なことについて、いっしょに考えてみましょう。

■七五三は子どもの成長に感謝し、お祝いする行事

出典:@ cococo.ringoさん

かつて7歳までは“神様の子ども”と言われていたそうです。小さいうちに夭逝してしまう子どもがたくさんいたことと、関係があります。医療も発達しておらず病気も蔓延。食料を手に入れるのが難しい子もいたでしょう。子どもが亡くなってしまったときに、“神様の元に返ったから”と悲しい心を慰めていたのです。無事に大きくなったことに感謝し、節目としてお祝いしたのが七五三です。
また地域の結びつきが強かった時代には、地元の氏子として認めてもらうお披露目の意味もあったそうです。お祝いの日は旧暦の11月15日が基本ですが、今は近くの土日にお参りする家族が多いですね。

■男の子の七五三は何歳で祝う?

3歳、5歳、7歳の七五三ですが、男の子は何歳でお祝いするのでしょうか。

・男の子は5歳。袴を着始めたのが由来

出典:【男の子】おしゃれな七五三フォト♡3歳&5歳かわいく撮るコツ@miho1u1oさん

男の子は5歳でお祝いすることが一般的です。3、5、7歳という年齢には由来があります。

3歳は女の子が髪を伸ばし始める“髪置き”。
5歳は男の子が袴を着始める“袴着”。
7歳は女の子が帯を使って着物を着るようになる“帯解き”、とそれぞれ節目がありました。

ちなみに、かつて七五三は関東地方だけの風習だったそうですよ。

・地域や家庭によっても違う!男の子3歳でのお祝いも増えている


男の子は5歳だけ、という家庭も多かったのですが、最近では3歳でお祝いをする家庭も増えています。子だくさんだった昔とは違って少子化も理由のひとつかも。
数え年なのか満年齢でお祝いするのかというと、地域や家族の風習によって違います。実際、2歳でのお参りは大変かもしれませんね。特に男の子の場合は…。
成長の速度や兄弟姉妹でいっしょにお祝いしたいなど家族の事情に合わせてOK。相談して自分たちで決めてください。

■七五三ですることは?お参りやお食事会、そして撮影

七五三ですることをチェックします。必要なものがあれば準備しておきましょう。

・お参りして子どものこれまでの成長に感謝しよう

出典:photoAC

11月15日前後に、ご家族で神社に参拝しましょう。ちなみに北海道では10月15日が七五三祝い。東北などでも寒くなる前にお参りをすることが多いと言います。
お参りにはパパはスーツ、ママもフォーマルな洋装か訪問着などを着てください。お子さんもきちんとした洋服か和服を。七五三のおはらいを受け、祝詞(のりと)をあげてもらう場合は、事前に電話して予約などについて聞いてみましょう。その場合、“初穂料”や“玉串料”を納めます。金額はだいたい5,000円前後ですが、神社によって決まっているところもあるので確認してください。

・親族への挨拶回りや食事会を準備しても〇

出典:photoAC

晴れ着を着て、親族へのあいさつ回りや食事会を行っても良いでしょう。でも小さなお子さん連れの七五三参りは、それだけで大変です。祈祷中にギャンギャン泣く子もいるでしょうし、着物を着せたり自分が着たりするだけでヘトヘトかも。挨拶回りなどは無理をせず、家族だけでお祝いするのもOKですよ。
お祝いをもらったら、後日お返しするのをお忘れなきように。

・七五三の姿を撮影して、かわいい姿を写真に残そう

出典:【男の子】おしゃれな七五三フォト♡3歳&5歳かわいく撮るコツ@ineine05さん

七五三において、写真撮影も大切なイベントのひとつです。
お参りと同日に写真館に行くと、着つけやクリーニングなどは一度で済むので楽です。でも、お子さんも疲れているのでたくさん写真を撮りたい方は、前撮りや後日の撮影がおすすめです。人気の写真館やフォトスタジオは11月前後の予約がいっぱいになるので、早めにチェックしておきましょう。

■男の子のおすすめレンタル羽織袴はどんなもの?

フォトスタジオでは、羽織や袴などをレンタルできます。撮影をすれば、お参りに行くのときにも貸し出してくれるところもありますよ☆
男の子の羽織袴の選び方やおすすめを紹介します。

・男の子の羽織や袴の選び方。5歳は袴が必要

出典:@cococo.ringoさん

5歳の男の子の七五三は、“袴着”に由来しています。ですので、5歳に袴は欠かせません。3歳児なら着物に被布もOKです。
被布とは、正式な帯を結ぶかわりに兵児帯などを隠すために着るベストのようなもの。3歳女の子の七五三では着させることが多いでしょう。反対に言うと、帯解きの7歳からは着せないということです。
男の子は3歳で袴も良いのですが、幼い男の子に袴はけっこう大変です。ですので、着物に被布という選択肢もありますよ。

・おすすめのレンタル羽織袴!古典的な柄で子どもの成長を祝う

出典:@ ai_daganeさん

まずはクラシックな柄をおすすめします。
七五三の羽織に使われているのは、青海波(せいがいは)や鷹、松や宝船などがあります。どれもおめでたい意味を持っており、子どもの成長を祝う七五三にふさわしいものばかり。古典的な柄で上品に着飾ると素敵です。

・モダンな柄でおしゃれな七五三に☆

出典:@yagigigi1234さん

モダンなデザインの羽織や袴も増えてきています。ネットでもレンタルできるほか、フォトスタジオで借りることも可能。着物や羽織り、袴はもちろん、長襦袢やひも、懐剣なども含めたフルセットでレンタルできますよ。

■男の子の七五三。髪型はどうする?

男の子の場合、日常では髪型をセットする機会なんてほとんどありません。
でも、写真を撮るときには少しアレンジしてみましょう。ぐっとおしゃれになりますよ。

・たっぷりワックスでツンツン髪。男らしいヘアスタイル☆

出典:photoAC

ワックスを多めに付けて、ツンツン髪に仕上げてみてはいかがでしょう。男の子のテンションが上がりそうな髪型で、わんぱく坊やにおすすめです♡

・ふわっと無造作ヘアでおしゃれにキメる

出典:photoAC

女性のショートヘアのセットのやり方と同じように、トップを少しふわっとさせ、フロントを流すようなスタイルはおしゃれにキマります。ちょっとしたワックス使いで全然違うので、ワックス持参をおすすめします!

■男の子の七五三。格好良くキメてお参りに行こう

出典:photoAC

子どもがすくすく元気に育ってくれることは、親として何よりの願いです。ここまで大きくなってくれたことに感謝しつつ、これからの成長を祈ってご家族で七五三詣でに行ってくださいね♡

ひなこ

2児の母。子ども服づくりや読書が趣味。最近は、プロ野球観戦にも夢中です。シンプルで丁寧な暮らしを心がけています。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]