出典:photoAC

Baby&Kids

男の子の七五三は何歳で祝う?おすすめの袴や髪型をチェック

子どもの成長を祝う七五三。由来を知っていますか?3、5、7歳でするんだろうということは分かっても、細かいところは知らないという方も多いのでは。
今回は特に、男の子の七五三について掘り下げてみます。基本的なことをチェックして、お祝いに備えておきましょう。おすすめの着物や袴もいっしょに紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

お子さんができて改めて七五三ってなんだろう?と思ったそこのあなた。基本的なことについて、いっしょに考えてみましょう。

■七五三は子どもの成長に感謝し、お祝いする行事

出典:@ cococo.ringoさん

かつて7歳までは“神様の子ども”と言われていたそうです。小さいうちに夭逝してしまう子どもがたくさんいたことと、関係があります。医療も発達しておらず病気も蔓延。食料を手に入れるのが難しい子もいたでしょう。子どもが亡くなってしまったときに、“神様の元に返ったから”と悲しい心を慰めていたのです。無事に大きくなったことに感謝し、節目としてお祝いしたのが七五三です。
また地域の結びつきが強かった時代には、地元の氏子として認めてもらうお披露目の意味もあったそうです。お祝いの日は旧暦の11月15日が基本ですが、今は近くの土日にお参りする家族が多いですね。

■男の子の七五三は何歳で祝う?

3歳、5歳、7歳の七五三ですが、男の子は何歳でお祝いするのでしょうか。

・男の子は5歳。袴を着始めたのが由来

出典:【男の子】おしゃれな七五三フォト♡3歳&5歳かわいく撮るコツ@miho1u1oさん

男の子は5歳でお祝いすることが一般的です。3、5、7歳という年齢には由来があります。

3歳は女の子が髪を伸ばし始める“髪置き”。
5歳は男の子が袴を着始める“袴着”。
7歳は女の子が帯を使って着物を着るようになる“帯解き”、とそれぞれ節目がありました。

ちなみに、かつて七五三は関東地方だけの風習だったそうですよ。

・地域や家庭によっても違う!男の子3歳でのお祝いも増えている


男の子は5歳だけ、という家庭も多かったのですが、最近では3歳でお祝いをする家庭も増えています。子だくさんだった昔とは違って少子化も理由のひとつかも。
数え年なのか満年齢でお祝いするのかというと、地域や家族の風習によって違います。実際、2歳でのお参りは大変かもしれませんね。特に男の子の場合は…。
成長の速度や兄弟姉妹でいっしょにお祝いしたいなど家族の事情に合わせてOK。相談して自分たちで決めてください。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]