出典:Pixabay

Lifestyle

おしゃれな寝室を作りたい!寝室コーデのコツ&アイテムまるごとチェック

1日の疲れを取る寝室は、居心地いい素敵な空間にコーディネートしたいものですよね。寝室をおしゃれにコーディネートするには、いくつかのコツがあります。そうしたコツを押さえれば、雑誌で見るような素敵な寝室に簡単に模様替え可能なんです。
今回は、寝室をおしゃれに変身させるコツやアイテムを丸ごとご紹介しちゃいます。

■おしゃれな寝室ってどう作るの?

出典:ベッドカバーはインテリアの「隠す」と「おしゃれ」を叶える優秀アイテム! @ sh.atyouさん

おしゃれな寝室って、どんなものをいうのでしょう?ただファブリックを統一するだけではおしゃれな雰囲気になりませんよね。

・おしゃれな寝室にするコツ

出典:photoAC

寝室をおしゃれな雰囲気にするためのポイントは「色」「小物」「照明」の3つ。

<色>
寝室は文字通り眠るための部屋なので、落ち着いた雰囲気にするのがベストです。居心地がよいと感じる色は人によって異なりますが、目に入る色があまり多いと落ち着かなくなるので、寝室で使う色は2~4色くらいを目安にしましょう。部屋の雰囲気を最も大きく左右するのは、部屋の中で一番大きな面積を持つ壁です。

<小物>

出典:@ k_ei_ie_kさん

「小物」とは、インテリアやファブリックのこと。自然素材のものを取り入れると、落ち着いた空間になります。観葉植物でも、ファブリック素材に綿や麻といった自然素材を取り入れてもOK。寝室で最も大きな面積を持つ壁に、おしゃれな画像やファブリックパネルを飾るのも素敵ですね。

出典:男前インテリアの参考に!マネしたくなる実例&100均DIY @ miki.kiku.78さん

無骨な雰囲気が人気の男前インテリアは、100均アイテムで作れちゃいます。男前インテリアが好きな方はぜひチャレンジしてみてください。
小物だけでも、部屋の雰囲気はがらりと変わりますよ。

<照明>

出典:@ kuma___usagiさん

最後に「照明」ですが、寝室をおしゃれな空間として演出したいなら、間接照明がおすすめ。やわらかなライトを用いることで落ち着いた雰囲気になるうえ、眠りやすくもなります。

・おしゃれな寝室の事例をチェック

続いておしゃれな寝室の事例をチェックしてみましょう。

出典:@ hinahiyomom1017さん

コンパクトな寝室の場合は置ける家具が限られるので、壁や空間を利用したインテリアがおすすめです。
@ hinahiyomom1017さんの寝室で使われているペンダントライトや壁の飾りつけなどの小物は、6畳ほどの広さの部屋でも使えそうですね。

出典:@ reiya_14さん

@ reiya_14さんの寝室は、壁・床の色を濃いめにし、白多めのファブリックとインテリアで統一しています。ポイントは、民族的な雰囲気を持つ観葉植物の入れ物や自然素材を置いている点。
ボヘミアンテイストとモダンテイストを組み合わせたBohoスタイルは、スペースにやや余裕がある8畳の広さの部屋にもおすすめです。

出典:@ sat.homeさん

@ sat.homeさんの寝室は、シンプルながら上品なコーディネートが特徴。アクセンストクロスと壁に取りつけられたブラケットライトのみというシンプルさに、ポスターフレームが華やかさをそえています。照明と壁紙を上手に使うことで、スペースを取らずおしゃれな寝室を作ることができるという一例です。

出典:@ k_ei_ie_kさん

@ k_ei_ie_kさんの寝室はL字型の10畳。L字型の特性を活かし、眠るスペースとくつろぐスペースに分けて有効活用されているそうです。
10畳以上の寝室だと、シングルベッド2つを置いてもゆとりがある広さ。テレビやドレッサーなど、快適に過ごすためのインテリアを置くことができます。

■寝室をおしゃれにするためのおすすめアイテム

出典:@ haduki_maidoariさん

寝室をおしゃれにするためには、壁紙や照明、インテリアにこだわることがポイント。おすすめのアイテムをテイスト別にピックアップしました。

・北欧風の寝室

出典:@ a_y_m_.i._m_aさん

北欧風にするコツは、全体的にナチュラルで白いトーンでまとめることと、インテリアにアースカラーのアイテムを使うこと。照明は小ぶりなダウンライトがおすすめです。

@a_y_m_.i._m_aさんは、ホワイトの壁の下部分にグレイッシュブルーの壁紙を貼っています。この壁紙はあとからはがせるタイプなので、賃貸でもOKだそう。インテリアもナチュラルで優しげな雰囲気のものをチョイスすることで、北欧の雰囲気たっぷり。素敵ですね

・モダンな寝室

出典:Pixabay

モダンな雰囲気にしたい場合は、部屋のカラーをモノトーンでそろえましょう。明るい雰囲気の部屋が好みなら、壁紙はホワイトや明るいグレー、シックな雰囲気が好みなら壁紙は濃いグレー、またはホワイトを基調とし一面だけブラックを取り入れてもおしゃれです。
照明は大きめの間接照明がおすすめ。凝ったデザインのものを取り入れると、部屋のアクセントになります。

モノトーンだけでは部屋の雰囲気が固いので、インテリアにはビビッドカラーのものを取り入れて。鮮やかな色が苦手な場合は、グレーが入った色味のものでもOK。グレーが混ざることによってモノトーンの部屋にも合うようになります。

・ゴージャスな寝室

出典:@ yuki_s_homeさん

ゴージャスな雰囲気にしたいなら、ホテルライクな寝室を目指すとうまくいきます。リゾートホテルのちょっといい部屋の写真などを、参考にするといいでしょう。

@yuki_s_homeさんの寝室は、ゴージャスな雰囲気の壁紙に、大きめの照明をチョイスすることでラグジュアリーな雰囲気になっています。
ホテルライクを目指すなら、インテリアには大きめの観葉植物やサイドテーブルを置いてみてはいかがでしょう?お部屋がぐっとグレードアップします。

・ナチュラルな寝室

出典:Pixabay

ナチュラルな雰囲気の寝室にしたいなら、自然素材の小物やインテリアを置くとGOOD。
壁紙は生成りやアースカラー、照明は小さめのスタンドやペンダントライトなど主張しないものがおすすめ。
インテリアも素材の色を活かしたものを選ぶことで、落ち着けるナチュラルな雰囲気の寝室になります。

■壁紙・照明・インテリアにこだわっておしゃれな寝室を作ろう

おしゃれな寝室の作り方のコツとアイテムについてご紹介しました。どんなテイストにしようか迷ったら、インスタを参考にしてみるのもおすすめです。
寝室は1日の疲れを癒す特別な空間なので、好みの雰囲気に仕上げて落ち着ける寝室を作ってくださいね。

haduki

おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします。
【Instagram】haduki_maidoari

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!