出典:@ mipon201111さん

Lifestyle

今年のハロウィーンは手作りで!簡単・オシャレな実例をチェック

今年こそ、ハロウィーンを手作りで楽しんでみませんか?オシャレな市販のハロウィーングッズももちろん素敵ですが、オリジナリティあふれる手作りのハロウィーンも心に残るものです。簡単でオシャレなハロウィーンの衣装や飾りつけの作り方、子どもといっしょに作るお菓子などの実例を紹介します。

ハロウィーンがもっとずっと楽しくなりそうな、手作りのアイデアを見ていきましょう。

■今年のハロウィーンは手作りで!簡単アイデアを発見!

家族やお友だちといっしょにハロウィーンの工作やお菓子づくりを楽しめば、ワクワクがいっぱいです。

・ハロウィーンを楽しむ、お部屋の飾りつけ

出典:mamagirl2018秋号

自然のアイテムやグリーンを活かしたナチュラルインテリアの中に、ガーランドやリースなどでハロウィーンカラーを取り入れてみましょう。やりすぎ感のない、大人っぽいデコが素敵です。

・キモカワお菓子のデコレーションが楽しい!

出典:著者撮影

クッキーやケーキの生地にブラックココアを混ぜると、普通のココアよりも真っ黒に仕上がるのでハロウィーンっぽさが際立ちます。人型に抜いて焼き上げたクッキーに、溶かしたホワイトチョコレートかアイシングでガイコツを描いたら、キモカワクッキーのできあがり。
仕上げのラッピングで丸シールにサインペンで目玉を書き込む作業は、子どもたちにおまかせしてもいいですね。

・フェルトならミシンがなくても衣装が作れる

出典:ダイソーのフェルトがママたちに人気!おすすめの使い方アイデア集☆ @ mdk_1122_さん

切り落とした布の端を始末したり、縫い合わせたりが大変な衣装づくりですが、フェルトならほつれる心配なし!子ども用の衣装であれば、大判フェルトを使ってボンドで貼り合わせたり、安全ピンで留めるだけでもかわいくできちゃいます。かぼちゃの衣装は男の子にも女の子にも似合うので、きょうだいでおそろいもおすすめです。

■簡単な飾りつけを手作りしてみよう!

折り紙やトイレットペーパーの芯など、身近な材料で作れる飾りもあります。

・折り紙でモチーフを折ってみよう


「おりがみくらぶ」というサイトでは、ガイコツやコウモリ、かぼちゃなどいろいろな折り紙の作り方が見られます。難しさが星の数で示してあるので、とても取り組みやすいですよ。

・トイレットペーパーの芯や紙コップなどで工作してみよう


<ミイラとコウモリ>

出典:@ ayami_officetommysさん

紙コップのミイラ、トイレットペーパーの芯のコウモリ、紙皿の黒猫。@ayami_officetommysさんは、身近な材料でこんなにオシャカワな作品を作られています。

<シンプルにモノトーンで>

出典:@ chari0423さん

モノトーンでまとめた@chari0423さんの作品も、シンプルなアイデアで作られたもの。子どもといっしょに作れば、より楽しいハロウィーンになりそうです。

・ビニール袋や針金で、クモの巣やクモを作ってみよう


簡単にできるクモの巣とクモの作り方です。

<クモの巣>

出典:@ 2chococakesさん

黒いゴミ袋を折りたたんでから下書きに沿って切っていくと…?

出典:@ 2chococakesさん

見事なクモの巣ができあがります!

<今にも動きそうなクモ>

出典:@ 2chococakesさん

また、結束用の針金やモールを4本、中心で何度かねじって広げ、手芸用のポンポンをグルーガンで固定すると、カサカサ動き回りそうなクモに。

・100均や家にあるものでリースを作ろう


身近なものを利用してリースを作る方法です。

出典:mamagirl2018秋号

好みの造花を、ワイヤーかテグスで刺しゅう枠に留めていきます。

出典:mamagirl2018秋号

端切れやリボンを結んでいけば、大人ナチュラルなリースが簡単にできちゃいます。

■子どもといっしょにお菓子を作って気分を盛り上げていこう!

子どもたちはお手伝いが大好き。おいしいお菓子づくりを手伝ってもらいましょう。

・色違いの生地を重ねていくだけ!目玉おやじクッキー

出典:著者撮影

プレーンなクッキー生地を作ったら、大・中・小の3つの塊に分けておきます。大はそのまま、中には食紅で、小には水で溶いたココアで色をつけます。これを丸めて手のひらでつぶし、3つを重ねて焼きましょう。クッキーが冷めたら、溶かしたホワイトチョコレートで仕上げます。型要らずの、目玉おやじクッキーのできあがりです。

・お絵かきマフィンはワイワイと盛り上がる!

出典:著者撮影

焼き上がったマフィンにチョコペンを使って、クモの巣やおばけ、猫などの絵を描いてみましょう。アラザンやカラーシュガーでアクセントをつけても楽しいです。みんなで描くと、いっそう盛り上がること間違いなし!

・ホットケーキにお絵かきしてもGOOD


もっと手軽に楽しむなら、ホットケーキにチョコペンで絵を描くだけでもハロウィーンバージョンに早変わり。いちごジャムをゆるめたソースをたっぷりかけて、真っ赤なホットケーキにしても面白いですね。

■衣装や小物を手作りして、パーティーや撮影を楽しもう!

映える衣装や小物があれば、写真を撮るのももっと楽しくなります。

・子ども用魔女衣装はシンプルでもめちゃくちゃかわいい!

出典:@ mipon201111さん

シンプルな黒ワンピに大きな赤いリボンとほうき。@mipon201111のお写真からは、かわいい『魔女の宅急便』のキキたちの歓声が聞こえてきます。この衣装なら大人にも応用できそうですね。

男の子なら、大判フェルトをさっと羽織れば、お手軽なマントに。少し大きい子には、2枚を縫い合わせると対応できます。

・お菓子を入れるバッグも用意しよう


ハロウィーンと言えば、「Trick or Treat !」。たくさんのお菓子をもらいたい子どもたちのために、バッグの用意も忘れてはいけませんね。
紙袋に折り紙のハロウィーンモチーフを貼りつけたり、布のバッグに油性ペンで絵を描けば、オリジナルのお菓子バッグも簡単です。

・杖や帽子などの小物をプラスして乗り切るのもあり!


普段使いの服に小物をプラスすれば、本格的なコスチュームがなくてもハロウィーン衣装に大変身!100均のニット帽に目玉をつけたり、魔女のとんがり帽子にファーやリボンで盛ってもかわいく仕上がります。

出典:mamagirl2018秋号

プリンセス好きの女の子には、パーティーを華やかに盛り上げる「リボンワンズ」もおすすめです。

出典:mamagirl2018秋号

ワンズとは英語で「杖」という意味。丸く切った画用紙にお好みのシールを貼り、竹の棒と同じ長さに切ったリボンを数本用意しましょう。両面シールで貼り合わせたら完成です。

■手作りハロウィーンで楽しい思い出をいっぱい作ろう!

ハロウィーンを今まで以上に楽しめそうな、手作り実例を紹介しました。アイテムを手作りすると、ハロウィーンパーティー当日だけではなく、準備しているときもワクワクと楽しめますね。手作りで思い出いっぱいのハロウィーンにしてみてはいかがでしょうか。

CHIYUKI

男子2人のママです。子どもたちの笑顔と美味しいものが大好き。いきものや自然の不思議さにも心惹かれます。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]