Baby&Kids

泣くまで叱る!の落とし穴。涙を武器にする子を育てる可能性あり

vol.1098【1日1成長お母さん】子どもの好ましい行動を定着させるには「ありがとう」と言おう

子どもは賢い!「今日だけよ」を今日だけにさせないテクを持っている

子どもの行動は成功法則によるものと聞いたことがあるでしょうか。
例えば子どもが「お菓子買って~!!」とスーパーで寝転がって泣き叫ぶとお母さんは困ってしまいますね。そこで「今日だけよ」と言って買ってしまうこともあるでしょう。すると子どもは「こうするとお菓子を買ってもらえる」と学習します。そして何度も同じ行動に出るようになるのです。
このようなことは日常の様々な場面で起こります。

子どもを泣くまで叱ると“泣けばお説教が終了する”と学習してしまう

例えば子どもを叱っている時に「本当に反省しているのかしら」と感じることがあるでしょう。特に子どもがケロっとした顔をしていると「まだまだ叱り足りない」と思ってしまうものです。中には「叱った時は子どもが泣くまで叱り続けます。そうじゃないと子どもの心に響いている気がしなくて」と言うお母さんもいます。
しかしここで気をつけたいのが“泣くまで叱る”ということです。子どもは“泣いたらお母さんのお説教が終了する”と学習してしまうかもしれません。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE