Baby&Kids

褒めるよりも承認しよう!迷ったときは一緒に喜ぶことが一番

vol.1111【1日1成長お母さん】喜びや感動を伝えられるお母さんになると子どもの力が伸びていく

“褒める”のではなく“認める”。「すごいね」ではなく「頑張ったね」

“褒めるよりも承認する方がいい”ということを、上手な声のかけ方としてよく耳にするでしょう。
“承認”には一般的に言われる“褒める”意味も含まれてくる場合がありますが、何より大切なことは“子どものありのままを受け入れ認めてあげる”というスタンス。そして観察力が大切になってきます。
子どもの小さな変化や成果、こだわった部分や努力など気づいたことをありのままに具体的な言葉にするのです。

頑張った子どもにかけるお母さんの言葉が、次の意欲とやる気を引き出す

6歳のKちゃんのお母さんは幼稚園の発表会を見にきました。Kちゃんはお友だちと体操を披露します。ところが途中の逆立ちのところでKちゃんだけうまくいきません。「家では上手にできていたのに…」とお母さんもドキドキ。
先生から「幼稚園での練習も毎日頑張っていますよ」と聞いていただけに、この後一緒に帰るKちゃんにかける言葉を探します。「今日の体操、とってもよかったよ」「かっこよかった!頑張ったね」Kちゃんの気持ちを想像し、どう言えばいいのか迷ってしまいます。

「よかったよ」という評価よりも、子どもと一緒に喜びや悲しみを共有しよう

“できた”“できなかった”は子どもにとっても大人にとっても、一つの大切な結果です。しかし結果にとらわれすぎて大切なものを見落としてしまわないようにしましょう。
どんなお母さんでも一年前に見た我が子よりも、成長した我が子の姿を見て感動しているはずです。それは発表会でうまくできても、できなくても同じはず。成長を目にして心に感じた子どもへの思いを素直に言葉にしましょう。

子どもを認めてあげること。小さな変化や努力に気づき言葉で表現しよう

お母さんが感じた心からの喜びを、子どもを抱きしめながら伝えることは子どもが一番望む反応かもしれません。さらに認めてあげるときは子どもの様子をよく観察し本人が何を褒められたか分かるように伝えていきましょう。「家で見た時よりもきれいに足が伸びていたよ」と具体的に伝えるのも一つ。
「毎日欠かさずよく練習したね」と努力や過程にも目を向けてあげましょう。「いつもはできていたのに今日はできなくて本当に悔しかったね」と共感してあげることも心の支えになるでしょう。

今日の1日1成長

子どもへの褒め方に困ったら、お母さんが心で感じた“感動”を言葉にしよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp