Baby&Kids

しっかり者の言いつけ魔には、関心を示して認めるのが吉

vol.1114【1日1成長お母さん】本当は何を見てほしいのかに着目し本人の努力を認めよう

“言いつけ魔”には悪気なし。集団の決まりを理解し実践できている証拠

集団生活の中で子どもたちにとっての最初の試練、それはルールを守ること。
今まで言われてきた家庭でのルールと集団でのルールが違う時、とまどう子は多いでしょう。新しい環境に慣れるペースも子どもによって様々。基準が分からずオロオロする子もいれば、今までこうだった!とこだわる子もいます。
女の子の中には、守れない子を先生に言いつける子が出てきます。少し意地悪に思われがちですが、こういう子は実は頑張り屋さん。頑張りを認めてあげるとおさまってきます。

意地悪にも見える言いつけ魔。言動の裏に本当に言いたいことが隠れている

しっかり者のMちゃん。ある日、お弁当の前に手を洗わなかったKくんに「ご飯の前には手を洗うんだよ!」Kくんはすぐに手を洗いにいきました。
それなのにMちゃんは先生に「Kくんが手を洗わないんだよ」、お迎えの時にはKくんのお母さんに「Kくん今日お弁当の前に手を洗わなかったよ」と告げ、さらに家に帰ってからも「お母さん、今日Kくんが手を洗わなかったんだよ」と再度言います。
お母さんは「人ができないことじゃなくてあなたのことを教えて」と言いますが効果なしです。

言いつけるのはお友だちを悪者にしたいのではなく、自分を認めてほしいだけ

実はMちゃんは、Kくんのことを言いつけているつもりは全くありません。「私はちゃんとルールを知っているよ、守っているよ」と伝えたいのです。お母さんや先生に自分はできていることに気づいてほしい、褒めてもらいたい、という気持ちの表れなのです。
こんな時は「なんでそんなことばかり言うの?」と制止するのではなく「あなたは手を洗ったのね」と認めてあげましょう。

本当に言いたいことを言葉にしてあげると、表現の方法が分かり自信が育つ

このタイプの子はきちんとしようとするあまり、周りの反応をとても気にします。自分ができたことを認めてほしくて他の子を引き合いに出してしまうのです。
言いつけが過ぎるなと思ったら、できていることを言葉で伝えてあげましょう。お母さんが見てくれていると分かればだんだん言いつけも減ります。
なにより認められたことが大きな自信になり、できない子を助ける優しさも発揮できるようになるでしょう。

今日の1日1成長

言いつけは自己アピール。できていることを言葉で伝え自信をつけてあげよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp