出典:pixabay

Lifestyle

アボカド×チーズがやっぱり大好き♡おすすめのレシピをご紹介

サラダやおつまみ、野菜のディップとしても人気なアボカド。チーズやトマト、卵など、いろんな食材とも相性抜群なので、口にする機会も多いですよね。実はアボカドは、栄養価がとても高い果物として有名です。今回は、アボカドの魅力とアボカドと特に相性の良い食材“チーズ”を使ったレシピを紹介します。早速アボカドの魅力をチェックしていきましょう!

■アボカドってすごい!アボカドの魅力をチェック

アボカドって何がそんなにすごいの?アボカドの魅力を調べました。

・世界一栄養価の高い果物としてギネスに載っている

出典:pixabay

クスノキ科ワニナシ属の常緑高木の果実であるアボカド。脂肪分が多いので“森のバター”と呼ばれることもあるのだとか。良質な脂質に加えて食物繊維やカリウム、ビタミンEも豊富に含まれているので、世界一栄養価の高い果物としてギネスにも載っています。
ただ、100gあたり187kcalと高カロリーなので食べ過ぎには注意です!

・アボカドに含まれる栄養素を詳しくチェック!

出典:pixabay

1.良質な脂質
果実の20%が脂肪でできているアボカド。
アボカドに含まれているn-3系(オメガ3系)不飽和脂肪酸のリノレン酸、n-6系(オメガ6系)不飽和脂肪酸のリノール酸には、悪玉コレステロールを減らす働きが確認されています。

2.カリウム
体の中の余分なナトリウムを積極的に外に出す働きをするカリウム。血圧を下げる効果が期待できます。

3.ルテイン
ルテインとは、黄色カロテノイドのひとつ。高い抗酸化力をもっているので、老化を遅らせたりがん細胞を減らしたりする効果があるのだそう。

4.食物繊維
整腸作用がある食物繊維。アボカド1個には、ごぼう1本と同じ量の食物繊維が含まれています!ごぼう1本食べるのは大変な量ですが、アボカドなら食べられそうですよね。

・食べる美容液ともいわれている

出典:pixabay

ビタミンが豊富に含まれていることから、“食べる美容液”ともいわれているアボカド。含まれているビタミンは、コラーゲンの生成を助けるビタミンC、脂質代謝に欠かせないビタミンB2、血行促進や抗酸化力があるビタミンEなどです。

■チーズの健康的要素もチェック!

アボカドによく合うチーズもチェックしちゃいましょう。

・ビタミンが溶け込んだ乳脂肪分

出典:photoAC

ビタミンAやビタミンB2がたっぷり含まれているチーズ。ビタミンAには視覚を正常化したり粘膜を強くしたりする働きがあり、ビタミンB2には脂肪を燃焼させたり疲労回復を助けたりする働きがあります。

・チーズにはカルシウムがたっぷり含まれている

出典:photoAC

カルシウムといえば、牛乳や小魚を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、チーズも豊富に含まれています。カルシウム含有量は牛乳や小魚よりもチーズの方が高いので、少量食べるだけで必要なカルシウムが摂取できるのもうれしいところ。

・発酵食品の代表格であるチーズ

出典:photoAC

発酵食品とは、食材を菌や微生物と作用させて、発酵させてつくられた食品のこと。納豆や味噌なども発酵食品です。チーズの種類は、数千種類あるといわれていて、原料となる乳や製法、発酵微生物、酵素を変えることで、さまざまなチーズをつくることができます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]