出典: @ non_la_nonさん

Lifestyle

うなぎのレシピを紹介☆今年のうなぎはこの食べ方で決まり!

土用の丑の日にはうなぎを食べる人は多いですよね。いつも同じ食べ方だったり、上質なうなぎを食べたいけどたくさんは買えなかったりという人のために今回はうなぎの変わり種レシピと少しのうなぎで作れるレシピを紹介します。

土用の丑の日におすすめのメインのうなぎレシピからうなぎを使ったおつまみレシピを紹介します。

■夏になると耳にする土用の丑の日ってなに?

夏になると耳にするのが“土用の丑の日”。土用って土曜日のこと?丑は牛のこと?と土用の丑の日だけ聞くとどんな日か分からないですよね。そこで土用の丑の日とは何かと、うなぎを食べることが一般的になった理由を説明します。

出典:photo AC

・土用の丑の日にうなぎを食べる理由とは

出典:実はめっちゃフォトジェニック♡ニッポンが誇る「和食」 @ assamo.assamoさん

土用の丑の日は土用の期間にある丑の日のことを言います。
土用とは春立・夏立・秋立・冬立になる前の18日間のことで、丑の日とは十二支の丑にあたる日のことを指します。
夏のイメージが強いですが、土用の丑の日はそれぞれの季節にあるんですね。
本来は“うなぎ”を食べる日ではなく、「う」のつく食べ物を食べましょう!というものだったのですが、季節の変わり目で体調の崩しやすいこの期間に栄養価の高いうなぎを食べて精をつけようということでうなぎを食べる人が増えました。
うなぎが苦手な方は「う」のつく食べ物を食べて元気をつけましょう!

・2019年の土用の丑の日はいつ?

出典:photo AC

その年によって夏の時期に丑の日が2回あることもあります。その場合、最初の丑の日を「一の丑」2回目の丑の日を「二の丑」といいます。
2019年の夏の丑の日は7月27日の土曜日です。
今から紹介するレシピをぜひ試してみてくださいね。

■土用の丑の日におすすめのうなぎレシピ

土用の丑の日におすすめする、人気のうなぎレシピを3つ紹介します。

・名古屋名物ひつまぶしでいろんな食べ方を楽しむ

出典:photo AC

ひつまぶしとはうなぎのかば焼きを使った、名古屋発祥の料理です。
パッと見はうなぎ丼と似ていますが、わさびや海苔と出汁がいっしょについてきます。最初はそのままの味を、次に薬味といっしょに。そして最後に出汁をかけてと3通りの食べ方をすることができます。
お好みの食べ方でうなぎを堪能してくださいね。

・ごはんが進む定番の味といえばかば焼き

出典:土用の丑の日にまつわるアレコレ!名店&アレンジレシピもご紹介 @ oyabaka_gram さん

うなぎといえばお重や丼ぶりにごはんとかば焼きが入ったものをイメージしますよね。
ふっくら焼いたうなぎと甘辛のたれがごはんに染みて、ごはんが進むこと間違いなしのレシピです。
テレビ番組「ためしてガッテン」ではおいしいうなぎにするコツが紹介されました。生うなぎではなく、スーパーなどで買ってきたうなぎは熱湯をかけて一度タレを落としてキッチンペーパーなどで水気をきちんと取り除くことで臭みがとれ、お店のうなぎのようにふっくらとおいしいうなぎになるそうですよ。この下処理で味が変わってくるので、試したことのない方はぜひ取り入れてみてください。

・うなぎと卵を使ってうなぎの柳川風

出典: @ numa1o__2さん

柳川風を知っていますか?元々は柳川鍋からきていて、ささがきごぼうとドジョウを割り下で煮て卵で閉じた料理のことを言います。
ドジョウの代わりにうなぎやアナゴ、牛肉を使ったものが柳川風になります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]