出典:@ kani00homeさん

Lifestyle

漂白剤の正しい使い方をマスター!種類別の使い方や基礎知識を学んで清潔さをキープしよう

洗濯や掃除の際に活躍する漂白剤は、正しい使い方を知っておくことが大事!漂白剤の種類や使い方をマスターしましょう。

漂白剤は衣類のシミや黄ばみを落とし、白く美しくしてくれるものです。しかし一方で、色柄が落ちたり衣類が傷んでしまったり、取り扱いが難しい印象を持たれることもあります。また注意事項も多く、扱い方を間違えると危険な洗剤。でも、漂白剤は正しい使い方をマスターして安全に使えば、家中を清潔に保てる優れものなのです!今回は、ちょっと取り扱いが難しい漂白剤の使い方を詳しくご紹介します。

■漂白剤とはどのようなものなのでしょう?

出典:筆者撮影

漂白剤は汚れを分解してくれる洗剤です。衣類のシミや黄ばみを落として白く美しくしたり、排水溝の黒カビを除去したり食器の赤ワインやコーヒーによる着色を除去したりと、家中のあらゆるところで大活躍!
漂白剤は、扱いやすいようにさまざまな工夫をこらしたものが各メーカーから販売されています。液状のものや泡で出るものなど、用途に応じて使いやすいように作られたものが豊富です。さらに、漂白剤には種類があり、それぞれ成分が異なります。

■漂白剤には酸素系と塩素系の2種類がある

酸素系・塩素系、2種類の漂白剤のそれぞれの特徴を見てみましょう。

・酸素系漂白剤とは?どんな汚れに効果的なのかも合わせてチェック

出典:@ ____fizz.03さん

酸素系漂白剤は、消毒で使われるオキシドールと主成分が同じで安全性の高い漂白剤です。漂白・シミ抜き・消臭・除菌に使用可能。酸素の力で汚れを落とすのが特徴で、お湯につけると酸素の泡が発生し、衣類などの汚れを浮き出させてしっかりと洗浄します。
酸素系漂白剤は洗浄力が強力でありながら衣類が傷みにくく、洗濯のたびに白さが増すと人気の漂白剤です。「オキシづけ」と呼ばれるつけおきもおすすめですよ。

そんな酸素系漂白剤が向いている汚れは何なのか、また使用できない素材もいっしょに確認して、上手に使いこなしてみてくださいね。

○酸素系漂白剤向きの汚れ…色柄ものに付着した汚れ、食べこぼし汚れ、皮脂汚れ、泥汚れ、茶渋汚れ、カビ汚れ、ぬめり汚れなど
○酸素系漂白剤が使用できない素材…ウール、シルク、草木染の生地、ステンレス以外の金属など

・塩素系漂白剤とは?どんな汚れに効果的なのかも合わせてチェック

出典:@ ____fizz.03さん

キッチン用漂白剤などでよく見かけるのが塩素系漂白剤です。次亜塩素酸塩が主成分の漂白剤を塩素系と言います。漂白力が強く染料まで漂白してしまうので、色柄物には使えません。また、服などの生地を傷めることもあります。
とはいえ、ガンコな汚れもしっかり落として除菌までしてくれるので、お掃除に欠かせない洗剤です。

酸素系漂白剤同様に何の汚れに向いているのか、使用できない生地はなにか、重要事項を確認しておきましょう。

○酸素系漂白剤向きの汚れ…油汚れや皮脂汚れ、泥汚れ、ぬめり汚れ、カビ汚れなど
○酸素系漂白剤が使用できない素材…ウール、シルク、ナイロン、アセテート、金属など

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]