出典:@ yu_zu0924さん

Baby&Kids

1歳でチャイルドシートは買い替えるべき?選ぶポイントやおすすめを紹介

車の運転中に赤ちゃんや小さな子どもを安全に守ってくれるのが、“チャイルドシート”。妊娠中から準備している人も多いでしょう。新生児用・未就学児用・学童期用タイプにわかれますが、なかには新生児~学童期までなど長く使える製品もあります。チャイルドシートの機能や価格帯はさまざまで、どれを選ぼうか、また買い替えの時期はいつなのか迷いますよね。

今回は、1歳の赤ちゃん向けのチャイルドシートに注目して、おすすめの機能&商品をご紹介!これから生まれる赤ちゃんに購入をお考えのママも、新しく買い替えを検討中のママも、いっしょに見ていきましょう!

 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■チャイルドシートは子どもが何歳になるまで使うの?

出典:photoAC

「道路交通法」では、6歳未満の幼児を車に乗せて運転するときには、チャイルドシートを使用するようさだめられています。もしチャイルドシートを使用していなければ、きちんと使用していたときと比べて死亡重傷率が約2倍になるという調査結果も(警察庁「チャイルドシート使用有無別交通事故関連統計/平成26年中」)。
チャイルドシートを使用するだけでなく、カーシートでの固定をきちんと行うこと、子どもを正しく座らせることも重要ですね。

 

■子どもの年齢に合わせて買い替えた方がいいの?

出典:photoAC

チャイルドシートは、使用する年齢別で3種類に分けられます。

 

・【新生児~乳児用】ベビーシート

新生児(0歳)~乳児(生後9カ月頃)が使えるタイプ。体重10kg未満かつ身長70cm頃までが目安です。車の進行方向に対し後向きに取りつけます。

・【1歳~4歳頃】チャイルドシート

目安は、4歳頃まで。体重が10kg(13kgのものもあり)を超えるまでは、原則として後向きで使用。前向き専用と前向き・後向き兼用のタイプがあります。

 

・【4歳~10歳頃】ジュニアシート

 

出典:photoAC

背もたれや台座が取り外せるジュニアシートなら、子どもの成長に合わせて長期間使用できます。車のシートベルトの対象は身長140cm以上なので、身長140cm以下であれば年齢に関わらずジュニアシートの使用がおすすめ。

ベビーシートのみを購入したご家庭なら、1歳を過ぎる前にチャイルドシートを購入しておきましょう。前もって新生児から幼児まで使えるタイプを買っておけば、わざわざ買い替える必要がなく安心です。
新生児時期しか車に乗る機会がないなんてご家庭は、ベビーシートのみでもよさそうですね。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE