Baby&Kids

子どもを自慢できるお母さんは「できるよ」の魔法をかけている

vol.1127【1日1成長お母さん】褒め言葉は「ありがとう」で受け止め、みんなの自己肯定感UPを

日本人は気づかい文化。自慢する人は変わった人と捉えられがちな傾向がある

親バカ発言をして注意を受けたこと、ありませんか?私はあります。子どもを褒められた時に「そうなんです!私もそう思っています」と答えてしまいます。すると「謙遜しないの?」と言われたことがありました。
褒められたら「そんなことないのよ~」と返すのが一般的に常識のあるお母さんなのかもしれません。しかし、みなさんが子どもの頃を思い出してみてください。自分のことを褒められているのに、お母さんには「そんなことない」と否定されたようでショックを受けたことがありませんか?

可愛い我が子を自慢したい!VS我が子を褒めるのは恥ずかしい!

3歳の娘Kちゃんを連れ、天気の良い日は散歩に行ったり近所のスーパーへお買い物に行くのを楽しむKちゃんのお母さん。Kちゃんは知らない人にも「こんにちは」と挨拶をするので「なんて良い子なの!賢いわね」とたくさんの人に声をかけられます。
実はそんな時、声をかけてくれた人にどう応えようか迷うことがあるのです。心では自分も嬉しいし、誰にでも挨拶できる娘を自慢したい思いでいっぱいなのですが、相手に嫌がられないかなという不安のためです。

子どもの能力を伸ばしたければ、積極的にその子の長所を言葉で表現しよう

相手にどう思われるか気になるかもしれませんが、子どものことを褒められた時には素直に「ありがとうございます」と相手の言葉を受け取めていいのです。子どもたちは大人の話を聞いていないようで聞いています。
お母さんが「うちの子は全然ダメな子なの」と周囲の人に言っていると「自分はダメなんだ」と思うようになり、その逆に「うちの子はとても素直で優しい子なんですよ」と言っていれば子どもはどんどん優しくなっていくものなのです。子どものためにも謙遜せずに表現しましょう。

褒め言葉を「ありがとう」と受けとることでお互いの自己肯定感がUPする

謙遜せずに「ありがとう」と伝えることで、嬉しい気持ちになるのは褒められた側の子どもと親だけではありません。実は、褒めた側も自分が言った言葉に対してお礼の言葉をもらえて嬉しく、自己肯定感が上がるのです。
心から褒めてくれた言葉を否定するとその人が素敵だと思ったことを否定することになってします。今日からは謙遜せずに「ありがとう」で返しましょう。みんなの「自分のことが大好き」な気持ちをぐんぐん加速できるでしょう。

今日の1日1成長

褒め言葉には謙遜せずに「ありがとう」子どもの力はぐんぐん伸びる
子どもの自信力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
かわさき ちか(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!