出典:@ ichumama10さん

Baby&Kids

運動会の親子競技ってどんなのがある?年齢別に競技を紹介!

子どもたちの行事はママやパパにとってもビッグイベント!運動会もそのひとつですね♡運動会では子どもの個人競技を応援するだけでなく、親子競技に参加していっしょに楽しむ!ということも。
けれど、親子競技ではどんなことをするの?という疑問もあるかもしれません。そこで今回は、親子競技について年齢別に競技例を紹介しますね。

■運動会の親子競技にドキドキ!どんなことをするの?

出典:photoAC

子どもの運動会は親にとっても楽しみな行事ですね。中には親子参加の競技もあるので、楽しみなだけでなくドキドキすることも♡
けれど、事前にどんな親子競技があるのかを知ることができれば心の準備ができそう。おもしろい競技をする保育園や幼稚園、小学校もあり親子競技もさまざまですが、競技例を年齢別に紹介していきます。

■【1〜2歳児編】運動会の親子競技はどんなのがある?

乳児から幼児へと成長していく中で、親子でふれあいながら競技に参加できるようになる1~2歳児さん。
初めての運動会という親子も多いかもしれませんね。1歳児や2歳児さんは運動会での個人競技はまだ難しいので、親子競技だけということも。どんな親子競技があるのか見ていきましょう。

・子どもが大好きな電車や働く車に乗ろう!

出典:@ 02ksm23さん

1歳児や2歳児など、小さな子どもたちが大好きな電車や働く車に乗れば、小さくても楽しく競技ができます。
保育園によってさまざまな工夫がされていますが、例えば画像のような乗り物を用意し、親子で乗り物に乗ります。カラーコーンをぐるっと回って戻ってきたらゴール!途中にマットで高さを出した場所を作るなど、簡単な障害物があることも。

・オリンピック選手に見立てた複合競技

出典:photoAC

運動会なので、オリンピックに見立てた競技があることも。1~2歳児さんは親子でいっしょにかけっこをし、途中にはトンネルやカラーコーンなどの障害物が用意されている障害物競争にチャレンジ!
親子でオリンピックカラーの花を探しに行き、ボードに花を貼ってゴールという園もありましたよ。

・おんぶでお寿司になりきろう!どのネタが出るかな?

出典:@ ichumama10さん

まずはカードをめくり、カードに書かれているネタのリュックを子どもが背負います。
おうちの方におんぶしてもらい進んでいくと、洗濯ばさみでつられたわさび(緑の帽子)が!わさびの帽子を子どもが取りますが、ここも競技。洗濯ばさみに挟まれた帽子を子どもが外すことで成長を感じることができます。最後はゴールに用意されているお皿に乗ってお寿司のでき上がり♡

■【3歳児(年少)編】運動会の親子競技はどんなのがある?

出典:photoAC

続いては3歳児(年少)さんの親子競技をご紹介します。

・海賊になりきろう!親子でサメ退治へ


1~2歳児さんの電車や働く車に乗る親子競技と似ていますが、今度は海賊船に乗ってサメ退治!
まずは親子でおそろいのバンダナを頭に巻き、剣を持ったら海賊船に乗ってスタート。途中で出てくるサメを子どもが剣を使って倒し、ゴールへと向かいます。ゴールにはお宝であるメダルなどが用意されていたりすることも♡

・子どもたちが大好きなドラえもんが登場


運動会には、子どもたちが大好きなドラえもんが登場することもしばしば!
スタートしたらバケツの中にボールを数個入れそれを運び、ゴールで待っている大きなドラえもんの口の中にボールを入れてあげる親子競技や、タケコプターをつけた子どもをおんぶして音楽が流れている間に進み、音楽が止まったら動きもストップ!これを繰り返しながらゴールを目指すという親子競技もありますよ。

■【4歳児(年中)編】運動会の親子競技はどんなのがある?

出典:@ sun11rsさん

4歳児(年中)さんの親子競技では、例えばデカパン競争が盛り上がるようですよ♡取り入れている園も多いかもしれませんね。
大きなパンツをはいて息を合わせ、ゴールに向かって走ります。デカパンを履き終え、走るところから競技が始まることもあれば、デカパンを履くところから競技が始まることも。
息を合わせて一生懸命にゴールを目指す姿は、応援する人たちも盛り上がります♡

■【5歳児(年長)編】運動会の親子競技はどんなのがある?

出典:@ hickory197608さん

5歳児(年長)さんでは2人3脚が。デカパン競争よりも息を合わせることが必要になります。協力し合うことが勝敗のカギを握りますね。
来年は小学生になる5歳児さん。ペース配分を考えたり協力をしたり、相手を思いやるなど成長を感じられる競技になるかもしれません♡

■一斉にできる運動会の親子競技はどんなのがある?

出典:@ ichumama10さん

運動会で一斉にできる競技といえば玉入れがあります。
子どもたちだけでもできますが、親子競技としても人気です。限られた時間の中でより多くの玉を網の中に入れたチームが勝ち。シンプルに時間内に玉を投げ入れるだけでなく、音楽が流れたら玉入れをやめて親子みんなでいっせいに簡単なダンスをする、音楽が止まったら玉入れをする、そんな工夫がみられる玉入れもありますよ♡

■運動会は応援だけでなく親子競技も楽しもう

出典:photoAC

子どもの成長はあっという間!運動会では応援するだけでなく、親子競技に参加していっしょに楽しみながら成長を感じられるとよいですね。
親子競技は子どもも喜んでくれるので、喜ぶ姿にもうれしくなるかもしれません♡

しろ

雑貨屋勤務の経験もある雑貨好き♡時間を見つけてはインスタでおしゃれなインテリアを見るのが楽しい時間。子ども3人に振り回されながらも、快適に暮らせるようアンテナをはって情報収集しています。
【Instagram】_shiro9

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!