出典:@02ksm23さん

Lifestyle

運動会の親子競技中はカメラを止めるな♡シャッターチャンスはココ!

子どもが幼稚園や保育園に通うようになると、「運動会ではどんな親子競技があるんだろう?」と気になりますよね。そこで今回は、運動会の親子競技にスポットを当ててご紹介!0歳児から小学生まで、実際に行われている親子競技を年齢別に見ていきましょう。事前にチェックしておきたい、運動会を楽しむためのポイントにも注目ですよ。

子どもたちの行事はママやパパにとってもビッグイベント!運動会をより楽しむために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

■運動会の親子競技にドキドキ!どんなことをするの?

出典:photoAC

子どもの運動会は親にとっても楽しみな行事ですよね。プログラムの中には親子参加型の競技もあるので、楽しみなだけでなくドキドキすることも!
事前にどんな親子競技があるのかを知っていれば、心の準備をしたうえで当日を迎えられます。おもしろい競技をする保育園や幼稚園、小学校もあり、親子競技の内容はさまざま!さっそく年齢別の競技例を見ていきましょう。

■【0歳児編】ダンスや障害物競争!ハイハイ姿もかわいい♡

0歳児といえば、保育園で最年少の学年です。運動会の時期にまだ歩けない、座って過ごすことがほとんど、という子どもも。そんな0歳児の親子競技は、体の発達ペースに関係なく楽しめるものが選ばれています。

・親子で取り組むダンス!子どもの笑顔はシャッターチャンス☆

親子いっしょに取り組むダンスは、0歳児の親子競技として取り入れている保育園多数!ママやパパといっしょにダンスをすることで子どもが安心して、にっこり笑顔が見られることも。座ったまま、立ち上がった状態などいろんなポーズをとる子どもたちのかわいい姿に、思わずカメラを構えたくなります。
保育園によっては、最初は子どもだけで曲の途中からママやパパが混ざる、というダンスのスタイルを取り入れているところもあります。曲のはじめはちょっぴり不安な子どもも、ママやパパが登場するとぽかーんとした表情から一気に笑顔に!子どもの表情の変化を楽しめるのが嬉しいですね。

・障害物競争も人気!ママのサポートがポイント

出典:筆者撮影

ダンスに次いで人気の親子競技が障害物競争。と言っても、0歳児ではまだ歩けない子どもも多いのでママのサポートが大切になります。
マットの上をハイハイする子どもをゴール地点で呼んだり、子どもを抱きかかえて花畑にあるボールをつかませたり…コースに設置された障害物を親子いっしょにクリアするためのサポートが、ママのお仕事になります。もちろんパパの活躍する姿も!コースによっては抱っこの時間が長いので、力持ちのパパが頑張るのもアリですよ。

■【1〜2歳児編】乗り物を使ったり、オリンピックに見立てたり☆

乳児から幼児へと成長していく中で、親子でふれあいながら競技に参加できるようになる1~2歳児。この年齢では運動会での個人競技はまだ難しく、プログラムとしては親子競技だけ、としているところも。

・電車や働く車に乗ろう!乗り物好きの子どもにぴったり

出典:@02ksm23さん

1歳児や2歳児など、小さな子どもたちに人気の電車や働く車。まだまだ小さい年齢の子どもでも楽しめる競技です。
保育園によってさまざまな工夫がされていますが、例えば画像のような乗り物を用意し、親子で乗り物に乗ります。カラーコーンをぐるっと回って戻ってきたらゴール!途中にマットで高さを出した場所を作るなど、簡単な障害物があることも。

・オリンピック選手に見立てた複合競技

出典:photoAC

運動会ということで、オリンピックに見立てた競技があることも。1~2歳児は親子でいっしょにかけっこをし、コースに設置されたトンネルやカラーコーンなどの障害物をひとつずつクリアしていきます。
親子でオリンピックカラーの花を探しに行き、ボードに花を貼ってゴールという園も!ここでは1〜2歳児の競技としていますが、5歳児向けにつくったオリンピックの親子競技を行うところもあるようですよ。

・おんぶでお寿司になりきろう!どのネタが出るかな?

出典:@ichumama10さん

お寿司をテーマにした親子競技も。
まずはカードをめくり、カードに書かれているネタのリュックを子どもが背負います。おうちの方におんぶしてもらい進んでいくと、洗濯ばさみでつられたわさび(緑の帽子)が!わさびの帽子を子どもが取りますが、ここも競技。洗濯ばさみに挟まれた帽子を子どもが外すことで成長を感じることができます。最後はゴールに用意されているお皿に乗ってお寿司のでき上がり!

■【3歳児(年少)編】海賊やドラえもんがモチーフの競技

出典:photoAC

続いて、3歳児(年少)の親子競技をご紹介!1~2歳児と比べると、子どもが活躍するシーンが増えてきます。

・海賊になりきろう!親子でサメ退治へ

1~2歳児の電車や働く車に乗る親子競技と似ていますが、今度は海賊船に乗ってサメ退治!
まずは親子でおそろいのバンダナを頭に巻き、剣を持ったら海賊船に乗ってスタート。途中で出てくるサメを子どもが剣を使って倒し、ゴールへと向かいます。ゴールにはお宝であるメダルなどが用意されていたりすることも!

・子どもたちが大好きなドラえもんが登場

運動会では、子どもたちが大好きなドラえもんが登場する親子競技も!
スタートしたらバケツの中にボールを数個入れそれを運び、ゴールで待っている大きなドラえもんの口の中にボールを入れてあげる親子競技や、タケコプターをつけた子どもをおんぶして音楽が流れている間に進み、音楽が止まったら動きもストップ!これを繰り返しながらゴールを目指すという親子競技もありますよ。

■【4歳児(年中)編】デカパン競争は見ごたえ抜群

出典:@sun11rsさん

4歳児(年中)の親子競技では、例えばデカパン競争が盛り上がるようですよ。取り入れている園も多く、なかなか見ごたえがあります。
大きなパンツをはいて息を合わせ、ゴールに向かって走るこちらの競技。デカパンを履き終え、走るところから競技が始まることもあれば、デカパンを履くところから競技が始まることも。
息を合わせて一生懸命にゴールを目指す姿は、応援する人たちも盛り上がります!思うように進めなかったり、途中でこけてしまったり…いろんなドラマが発生する人気の競技ですよ。

■【5歳児(年長)編】2人3脚で親子の息を合わせよう

出典:@hickory197608さん

5歳児(年長)では2人3脚などが定番です。デカパン競争よりも息を合わせる必要があります。親子で協力し合うことが勝敗のカギ!
来年は小学生になる5歳児さん。ペース配分を考えたり協力をしたり、相手を思いやるなど成長を感じられる競技になるかもしれません。1ペアごとに競ったり、クラスごとにリレー形式にしたりと、開催する園によって競技内容が違っています。

■幼稚園や保育園を卒園!小学校でも親子競技はある?

出典:photoAC

小学校になると、運動会のプログラムは子どもの個人競技メインになります。しかし、多くの小学校で親子競技をプログラムに入れていることをお忘れなく!
競技例としては、大玉転がしやボール運び、綱引きなどがあります。大玉転がしは、親子ペアでゴール目指して大玉を転がしていく競技。ボール運びではお玉にのせた小さなボールを落とさないように運びます。綱引きは、大人チームと子どもチームに分かれて競うことも!一見大人が圧勝しそうな競技ですが、子どもたちの力強さに大人たちはあっさり敗北…という展開もあるようです。

■一斉にできる運動会の親子競技もチェック

出典:@ ichumama10さん

運動会で一斉にできる競技といえば、玉入れがあります。
子どもたちだけでもできますが、親子競技としても人気。限られた時間の中でより多くの玉を網の中に入れたチームが勝ち。シンプルに時間内に玉を投げ入れるだけでなく、音楽が流れたら玉入れをやめて親子みんなでいっせいに簡単なダンスをする、音楽が止まったら玉入れをする、そんな工夫がみられる玉入れもありますよ。

■運動会を思いっきり楽しむためのポイント

運動会を思いっきり楽しむためには、体調管理やマナーへの配慮も欠かせません。ここでは事前にチェックしておきたいポイントを見ていきますよ。

・春や秋でも油断しないで!熱中症対策を万全に

運動会の開催時期は春や秋が多くなっていますが、当日の天気によっては熱中症になる場合も。「大人の出番はほとんどないから」と油断せず、こまめな水分補給を心がけましょう。
運動会では保護者用のテントが設置されていることもありますが、テントスペースには限りがあるもの。帽子やハンディファンなど、日除け対策もしっかり考えてくださいね。

・日頃の運動不足が祟る…ケガに気をつけよう

親子競技で張り切った結果、次の日筋肉痛に…そんな経験のあるママやパパも少なくありません。競技の前に準備運動をするなど、ケガに気をつけて取り組むことが大切です。「リレーで頑張り過ぎたらコケた」「子どもをおんぶして走ったけど、まったくスピードが出なかった」というママやパパの感想もあるので気をつけましょう!

・周りの迷惑になってない?運動会のマナー

出典:photoAC

体調管理以外で気をつけたいのが、運動会に参加する保護者としてのマナー!たとえば写真撮影では、周りの人の邪魔になっていないか確認することが大切。ビデオカメラを構える手が他のママの撮影を妨げたり、撮影に夢中になって立ち入り禁止エリアに入っていたり…そんなマナー違反には注意が必要です。
また、スペースの譲り合いやゴミの持ち帰りも、運動会で意識しておきたいマナーのひとつ。みんなで楽しめる運動会にするために、少しの意識を心がけてくださいね。

■運動会は応援だけでなく親子競技も楽しもう

出典:photoAC

子どもの成長はあっという間!運動会では応援するだけでなく、親子競技に参加していっしょに楽しみながら成長を感じられるとよいですね。
体調管理やマナーなど楽しむためのポイントも抑えて、親子でおもいっきり楽しんでください。

※今年はコロナの影響により開催されないことがあります

メロン

5歳女の子のママ。育児・仕事・家事のバランスを取るべく日々苦戦中!休日は子どもが楽しめるスポットへお出かけしています。子育て中のママたちに役立つ情報を発信していきます♡
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!