出典:photoAC 

Beauty

化粧水・乳液の正しい使い方や塗る順番は?100均で買えるおすすめも公開

化粧水や乳液など、毎日使う基礎化粧品。時間がなくて忙しいとついつい使い方が適当になりがちですが、順番や使い方など今一度おさらいしてみませんか?正しい方法で使用することで、より効果的にスキンケアができるようになりますよ。
今回は、それぞれの基礎化粧品の役割や正しい順番や使い方、化粧水と乳液の違いやプチプラでおすすめの商品などについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

■化粧水と乳液の違いは?基礎化粧品の効果や役割

それぞれの違いや役割について説明します。

・【化粧水】肌の保湿に欠かせないベーシックアイテム

出典:photoAC 

化粧水とは、肌を保湿し整える機能を持つ液状の基礎化粧品のことを言います。約7~8割は水分でできており、水に溶けやすい美容成分が含まれています。
洗顔後に失われやすい水分を補い、みずみずしくうるおった肌に仕上げてくれるマストアイテムです。
水分量を調整し肌の状態を整えてくれるので、メイクが馴染みやすい肌を作るうえでも欠かせないアイテムですよ。

・【乳液】油分でバランス◎うるおいも逃さない!

出典:photoAC 

化粧水がほとんど水分であるのに対して、乳液は油分も豊富に含まれています。化粧水のみでは肌から水分が蒸発してしまいますが、乳液の油分が皮膚の“膜”となり、水分や美容成分を肌に閉じ込めることができるのです。
日焼け防止効果の高い乳液や、美白成分を豊富に含んだ乳液などさまざまな種類の乳液があり、テクスチャもアイテムによってさまざまです。

・【美容液】普段のスキンケアもワンランクアップ!

出典:photoAC 

美容液は、美白成分や保湿成分など、美容成分を豊富に含んでいます。化粧水や乳液などのスキンケアだけでは物足りないときにプラスして使う方法が一般的で、夜のスキンケアに使用する人が多いようです。
目元のシワや乾燥に効果的な目元専用の美容液や、エイジングケアに特化した美容液など種類豊富で、肌悩みに合わせたアイテム選びをすると効果が期待できます。

・【クリーム】さらに保湿効果が期待できる!

出典:photoAC 

保湿クリームは、乳液後に使用したり、乳液の代わりに使用したりすることが可能。乳液よりも油分を多く含んでいるため、より保湿効果を期待したい人にピッタリのアイテムです。
保湿を十分に行うことで、乾燥などから肌を保護してくれますよ。

・【オールインワン】手早くスキンケアしたい人にピッタリ!

出典:photoAC 

オールインワンはこれまで紹介した化粧水や美容液、乳液などそれぞれの機能をひとつにまとめたお手軽化粧品。
肌悩みに特化したアイテムやメンズ向けのアイテムなど、近年多くの化粧品メーカーで取り扱われており、時短を叶えるアイテムとして注目されています。

次の項目からは、それぞれの基礎化粧品を使うタイミングや、効果的な使用方法について説明します。

■ここだけは押さえておこう!使う順番やタイミング

出典:photoAC 

基礎化粧品を使用する際は、化粧水→美容液やパック→乳液という順番が一般的。組み合わせは肌の悩みや好みで選び、水分や美容液成分で肌を整えたあと、乳液でフタをすることで肌にうるおいを閉じ込めることができます。

・正しい使い方で効果を期待!


【化粧水】

出典:photoAC 

化粧水は少量ずつ優しく肌に馴染ませるのがポイント。手をじっと肌に押し当てながら浸透させると、肌へ負担をかけず保湿することができます。
触ってみて肌がもっちりと潤うまで、繰り返し化粧水をつけましょう。

【美容液】

出典:photoAC 

美容液は、手のひらに適量を落とし両手でしっかりと温めます。肌悩みのある部分などを中心に優しく肌に馴染ませましょう。
効果を求めるあまり、ついついつけすぎてしまうこともありますが、肌が一度に吸収できる量には限りがあります。適正な量をつけるように心がけましょう。

【乳液・保湿クリーム】
乳液をつけるときは肌の状態をしっかり見極めましょう。化粧水や美容液をのばした直後など、水分が肌の上に多く残っている状態で乳液をつけてしまうと、成分が混ざり合ってしまい“膜”としての効果が半減してしまうことも。
化粧水や美容液が肌にしっかり浸透したことを確認してから肌に馴染ませることがポイントです。

■化粧水と乳液はどのくらい時間をあけてつける?

先ほども紹介したように、化粧水をつけてすぐに乳液を塗ってしまうと、成分が混ざる上に乳液の濃度も下がり効果が半減してしまうかもしれません。
そのため、化粧水が肌にしっかり浸透するまでの「1~2分間」は時間をあけてから乳液を塗るようにしましょう。時間をあけることで化粧水の水分や成分をしっかり閉じ込めることができますよ。

■基礎化粧品はどうやって選べばいいの?

基礎化粧品、あなたはどのようにアイテムを選んでいますか?
ブランドがいっしょのものをセットでそろえたり、ランキングを参考にしたり、プチプラアイテムから選んだりなど、選び方の基準は人それぞれ。
ここでは基礎化粧品の選び方について紹介します。

・自分の肌質・肌悩みに合ったものを選ぼう

出典:photoAC 

敏感肌や乾燥肌など人によって肌質や肌悩みはさまざま。天然由来成分配合など肌への負担が少ないものや、ニキビ防止効果の高いものなど、近年はあらゆる肌質や肌悩みに対応したアイテムが豊富。
まずは、自分の肌質をしっかりと理解することが、自分に合った化粧品へ出会う近道となりますよ。

・季節によって変えてみるのもおすすめ

出典:photoAC 

乾燥しやすい冬や、湿気の高い夏など季節によって肌の状態は変化するもの。オールシーズン同じアイテムではなく、季節別にアイテムを変えてみるのもひとつの手ですよ。

■プチプラでおすすめの化粧水・乳液3選

ここでは、「プチプラだけど優秀でコスパ抜群」と人気を集める化粧水・乳液を厳選して紹介します。

・【ダイソー】ヒアルロン酸配合化粧水

出典:@100yenshoploveさん

人気の100均ショップ『DAISO(ダイソー)』では、化粧水シリーズも話題!さまざまなアイテムがある中でも、“刺激も少なくしっとり潤う”と密かに人気を集めるのが「ヒアルロン酸配合化粧水」100円(税抜)です。
3種類のヒアルロン酸を配合しており、オールインワンゲルのようなしっとりとしたテクスチャーが特徴の高保湿タイプの化粧水。

・【無印良品】化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ

出典:@maru.maru.piさん

『無印良品』の「化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ」200ml 690円(税込)は、SNSでも“コスパが凄い!”と常に人気を集めている優秀化粧水です。天然水を使用した低刺激タイプ。アルコールやパラベンなどの刺激に弱い敏感肌の人でも安心して使うことができます。
同シリーズには、@ maru.maru.piさんが紹介する高保湿タイプの他にさっぱりタイプやしっとりタイプもあるので、肌の悩みや好みに合わせて選ぶことができますよ♡

・【ちふれ】乳液 しっとりタイプ

出典:ちふれの乳液はプチプラ&高評価☆一度使えばやみつきに!@ kuuu.tさん

国産のプチプラコスメブランド『CHIFURE(ちふれ)』の「乳液 しっとりタイプ」600円(税抜)は、無香料・無着色・ノンアルコールの肌に優しい乳液です。保湿成分としてヒアルロン酸・トレハロースを配合しており、肌をしっとりなめらかにして乾燥から守ります。
乳液には「詰替用」500円(税抜)も販売されているため、リピート買いする場合はエコでお得に購入することができますよ。

■基礎化粧品は正しい方法で賢く使おう♡

今回は、基礎化粧品の効果や使い方、化粧水と乳液の違いやおすすめアイテムについて紹介しました。毎日使う基礎化粧品だからこそ、正しい順番や使い方をマスターして、より効果的に使いたいですよね。
今後のスキンケアの参考にしてみてくださいね。

※この記事で紹介している商品は、現在店頭にない場合がございます。

rie

1歳男の子のママです。お出かけ好きで、週末は家族で遠出していろんなところに遊びに行きます♡
マイペース・のんびり子育てがモットー*
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]