出典:photoAC

Fashion

意外と知らない内祝いの意味って?正しく理解してマナーアップを目指そう!

■内祝いとお返しでは何か明確な違いがあるの?

内祝いとは”喜びのお裾分け”、お返しとは”もらったお祝いのお礼”というのが正しい認識です。しかし、近年は内祝いを贈る前にお祝いをもらうことも多いので、内祝いもお返しも同じような意味合いで使われることがほとんどです。

■内祝いにぴったりな品物、何がある?

出典:photoAC

内祝いといっても、実際どのような品物を贈ればいいのか迷いますよね。ここでは内祝いにおすすめ品物例をご紹介します。

・食べやすくファミリーウケもばっちり!焼き菓子セット

焼き菓子は基本的に賞味期限の長いものが多く、個別に包装してあり食べやすいものです。食べて無くなる品物ということで、相手にとって使い道に困ることがないのも魅力ポイント。また、大人から子どもまで幅広い年齢の人に受け入れられやすい品物ということで、ファミリーへの内祝いとしても人気ですよ。

・主婦や女性向けのおすすめ消耗品!洗剤セット

主婦や女性におすすめなのは洗剤セット。食器用でも洗濯用でも、洗剤は毎日使うもの。日々家事をこなす相手にとって、あると便利な消耗品です。洗剤セットは相手によってメーカーの好みが分かれることもありますが、日常使いにはちょっぴりお高いイメージのあるメーカーや、かわいいデザインのものだと、より喜ばれるでしょう。

・選択肢に幅を持たせるならカタログギフト

内祝いの中でも特に人気が高いのはカタログギフト!他の品物に比べ、「相手の好みに合わなかった」という失敗を防げる品物です。相手がカタログの中から好きなものを選べるシステムなので、より満足度の高い結果に。贈る側ともらう側、どちらにとってもうれしいおすすめの品物ですよ。

■内祝いに熨斗はつけるべき?つけなくてもいい?

出典:photoAC

内祝いを贈るときは、必ず熨斗(のし)をつけるようにしましょう。

・結婚内祝いの熨斗を書くときのポイント

名前は新姓+名前。名前を書くときは男性の名前が右に来るように書きましょう。

・出産内祝いと七五三内祝いの熨斗を書くときのポイント

名前は子どもの名前を書く。出産内祝いはふりがながあると丁寧で◎

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]