出典:photoAC

Lifestyle

内祝いってどんな意味?お返しとの違いは?正しい知識で喜ばれる贈り物をしよう

■いろいろある内祝いの種類をご紹介

次はそれぞれの事柄の内祝いをご紹介します。

・結婚の報告を兼ねて品物を贈る“結婚内祝い”

出典:photoAC

結婚内祝いの本来の意味は、親しい人へ結婚の報告を兼ねて贈り物をすることです。幸せのお裾分けという意味合いがあり、喜びを共有するための内祝い。結婚祝いをもらっていない場合でも、その人と親しい間柄であれば内祝いをしてもマナー違反にはなりません。
結婚式に来てくれた人たちに対しては引き出物としてお返しをするので、基本的には内祝いを送らなくてもOK。ただし、もらったご祝儀が高額だった場合、追加で内祝いの品物を贈るケースもあります。結婚式に来られなかった人からご祝儀をもらった場合にも、ご祝儀の半額程度の内祝いを贈るのがマナーです。

・出産の喜びを伝える品物を贈る“出産内祝い”

出典:photoAC

出産内祝いは出産祝いをもらった相手に贈るもので、出産の喜びを伝えるという意味合いがあります。結婚内祝いと同じく、品物を贈ることがほとんど。
内祝いはお祝いを受け取った人の名前で贈りますが、出産内祝いに関しては産まれてきた赤ちゃんの名前で贈るという特徴があるので気をつけましょう。
出産内祝いは品物にプラスしてメッセージカードを添えることも多いようです。赤ちゃんの顔写真が入ったメッセージカードや、英語で書かれたおしゃれなメッセージカードなど種類はさまざまです。

・お祝いの席に招待するのが理想“初節句内祝い”

出典:photoAC

子どもが初節句を迎えるときには、パパママそれぞれの両親をお祝いの席に招待するのがおすすめです。しかし、遠方で来てもらうのが難しい場合やお祝いの日に都合がつかない場合は、内祝いの品物を贈りましょう。
本来内祝いはお祝いしてもらう本人がお返しを用意しますが、子ども自身が用意することはできません。そのため初節句をはじめ子どもの成長のお祝いにお返しは不要とされています。しかし、やはり親としては何かお礼をしておかないと…と気になるもの。そこで内祝いとして品物を贈るケースが多いようです。

・家柄や地域によって異なる“入学内祝い”

出典:photoAC

入学祝いのもらい手である子どもは、初節句と同じく自分でお返しを用意することはできないため、入学祝いに対する内祝いを用意するケースは少ないようです。ただし、中には「せっかくもらったんだから」と親が内祝いをすることも。家柄や地域によってはマストとされるケースもあるようなので、年上の親戚や地域の人に相談するのもアリ!
入学内祝いを贈るタイミングは、入学式が終わってからにしましょう。遅くなりすぎるのも好ましくないので、入学後1カ月以内を目安にするとちょうど良さそうですね。内祝いの相場はもらった金額の1/3程度です。

・新居に招待することが内祝いになる“新築内祝い”

出典:photoAC

新築内祝いは本来、もらった新築祝いに対して品物を贈る必要はないとされています。相手を新居に招待することが内祝いとされるので、別途品物を用意するケースは少ないようです。
しかし、新築披露会をしないのであれば品物としてのお返しは必要です。他にも、招待できなかった人や新築祝いが高額だった人に対しても同じで、もらった金額の半額から1/3程度の金額のものを贈りましょう。

・セレモニーが内祝いになる“開業内祝い”

出典:photoAC

開業内祝いも新築内祝いと同じく、お祝いをもらった相手を開業先に招待することが内祝いになります。
内祝いをするかどうかの判断基準は、セレモニーの有無です。セレモニーを行う場合はその場にお祝いをもらった人を招き、帰り際にちょっとした品物を手土産として渡すことで内祝いが成り立ちます。セレモニーを行わない場合は、もらった金額の半額を目安に品物を選んで贈りましょう。

・快気祝いとされることもある“快気内祝い”

出典:photoAC

快気内祝いとは、内々のささやかなお祝いのこと。「退院はしたけどまだ療養や通院を続ける」という場合にするお返しです。
病気や怪我をしてしまったときにお見舞い金をもらった場合、治って1~2週間経ってから快気祝いとしてお返しをしましょう。その際は“快気祝い”でも“快気内祝い”どちらでも◎しかし、病気が完治してない場合は“お礼”としてお返しをするようにしましょう。

■内祝いにぴったりな品物にはどんなものがある?

出典:photoAC

内祝いといっても、実際どのような品物を贈れば良いのか迷いますよね。ここでは内祝いにおすすめの品物例をご紹介します。

・食べやすくファミリーウケもばっちり!焼き菓子セット

焼き菓子は基本的に賞味期限の長いものが多く、個別に包装してあり食べやすいものです。食べて無くなる物なので、相手にとっては使い道に困ることがないのも魅力。また、大人から子どもまで幅広い年齢の人に受け入れられやすい品物ということで、ファミリーへの内祝いとしても人気ですよ。

・メインで家事をする人向けのおすすめ消耗品!洗剤セット

洗剤セットもおすすめです。食器用でも洗濯用でも、洗剤は毎日使うもの。日々家事をこなす相手にとって、あると便利な消耗品です。洗剤セットは相手によってメーカーの好みが分かれることもありますが、日常使いにはちょっぴりお高いイメージのあるメーカーや、かわいいデザインのものだと、より喜ばれるでしょう。

・選択肢に幅を持たせるならカタログギフト

内祝いの中でも特に人気が高いのはカタログギフト!他の品物に比べ、「相手の好みに合わなかった」という失敗を防げる品物です。相手がカタログの中から好きなものを選べるシステムなので、満足感を得やすいでしょう。贈る側ともらう側、どちらにとってもうれしいおすすめの品物ですよ。

■内祝いに熨斗はつけるべき?つけなくてもいい?

出典:photoAC

内祝いを贈るときは、必ず熨斗(のし)をつけるようにしましょう。基本的にはお祝いを受け取った人の名前で贈りますが、次のような例外もあります。

・結婚内祝いの熨斗を書くときのポイント

名前は新姓+名前。名前を書くときは男性の名前が右に来るように書きましょう。

・出産内祝いと初節句内祝いの熨斗を書くときのポイント

名前は子どもの名前を書きます。出産内祝いの子どもの名前は、読み仮名がふってあると丁寧で◎

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]