出典:photoAC

Fashion

意外と知らない内祝いの意味って?正しく理解してマナーアップを目指そう!

出産や結婚などのおめでたいシーンで耳にする”内祝い”。「どんな意味があるかまでは知らない」そんな疑問のある人もいますよね。あいまいな理解のまま内祝いをすると、相手に失礼にあたることも…。
そこで今回は内祝いの正しい意味や内祝いの種類について、詳しく学んでいきましょう!

内祝いは、送る側ももらった側も気持ちよくやり取りできるのがベスト。意外と知られてない”内祝いの意味”は必見ですよ。

■そもそも内祝いの意味って?読み方は?

出典:photoAC

内祝いは“うちいわい”と読みます。内祝いのイメージとして多くの人が知っているのは、”お祝いしてもらった相手へのお返し”ではないでしょうか?しかし、内祝いの本来の意味は”身内で起きたおめでたいこと対し、喜びをおすそ分けする”ということ。そのおすそ分けのひとつに、贈り物をする行為があります。
今でこそ、お祝いのお返しのことを内祝いと呼ぶことが多いですが、本来の意味としてはお返しという意味はないようです。自分自身にいいことがあったとき、親族や近所の人、お世話になっている人に、喜びをおすそ分けするために贈りものをすることを内祝いと呼んでいました。
 

■いろいろある内祝いの種類をご紹介

次はそれぞれの事柄の内祝いをご紹介します。

・結婚の報告を兼ねて品物を贈る“結婚内祝い”

出典:photoAC

結婚内祝いの本来の意味は、親しい人へ結婚したことの報告を兼ねて贈り物をすることです。幸せのおすそ分けという意味合いがあり、喜びを共有するための内祝い。結婚祝いをもらっていない場合でも、その人と親しい間柄であれば内祝いをしてもマナー違反にはなりません。
結婚式に来てくれた人たちに対しては引き出物としてお返しをするので、原則内祝いを送らなくてもOK。ただし、もらったご祝儀が高額だった場合、追加で内祝いの品物を贈るケースもあります。結婚式に来られなかった人からご祝儀をもらった場合にも、もらったご祝儀の半額程度の内祝いを贈ることがマナーです。

・出産の喜びを伝える品物を贈る“出産内祝い”

出典:photoAC

出産内祝いは出産祝いをもらった人に贈るもので、出産の喜びを伝えるという意味合いがあります。結婚内祝いと同じく、品物を贈ることがほとんど。
内祝いはお祝いをもらった人の名前で贈るのがマナーですが、出産内祝いに関しては産まれてきた赤ちゃんの名前で贈るという特徴があるので気をつけましょう。
出産内祝いは品物にプラスしてメッセージカードを添えることも多いようです。赤ちゃんの顔写真が入ったメッセージカードや、英語で書かれたおしゃれなメッセージカードなど種類はさまざまです。

・家柄や地域によって異なる“入学内祝い”

出典:photoAC

入学祝いのもらい手である子どもは自分でお返しを用意することはできないため、入学祝いに対する入学内祝いを用意するケースは少ないようです。ただし、中には「せっかくもらったんだから」と親が内祝いをすることも。家柄や地域によってはマストとされるケースもあるようなので、年上の親戚や地域の人に相談するのもアリ!
入学内祝いを贈るタイミングは、入学式が終わってからにしましょう。遅くなりすぎるのもよくないので、入学後1カ月以内を目安にするとちょうどよさそうですね。内祝いの相場はもらった金額の1/3が目安です。

・新居に招待することが内祝いになる“新築内祝い”

出典:photoAC

新築内祝いは本来、もらった新築祝いに対して品物を贈る必要はないとされています。お返しとして相手を新居に招待する行為が内祝いとされるので、別途品物を用意するケースは少ないようです。
しかし、新築披露会をしないのであれば品物としてのお返しは必要です。他にも、招待できなかった人や新築祝いが高額だった人に対しても同じです、もらった金額は半額から1/3程度の金額のものを贈りましょう。

・セレモニーが内祝いになる“開業内祝い”

出典:photoAC

開業内祝いも新築内祝いと同じく、お祝いをもらった人を開業先に招待することが内祝いになります。
内祝いをするかどうかは、セレモニーの有無で異なります。セレモニーを行う場合はその場にお祝いをもらった人を招き、帰り際にちょっとした品物を手土産として渡すことで内祝いが成り立ちます。セレモニーを行わない場合、もらった金額の半額を目安に品物を選んで贈りましょう。

・快気祝いとされることもある“快気内祝い”

出典:photoAC

快気内祝いは、内々のささやかなお祝いのこと。「退院はしたけどまだ療養や通院を続ける」という場合にするお返しです。
病気をしてしまったときのお見舞い金をもらったときは、病気が治って1~2週間経ってから快気祝いとしてお返しをしましょう。その際は”快気祝い”でも”快気内祝い”どちらでも◎しかし、病気が完治してない場合は”お礼”としてお返しをするようにしましょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]