出典:@m_marikkoさん

Lifestyle

ローズマリーの使い方って?料理の香りづけやアロマインテリアなど万能!

ローズマリーと言えば、おうちのアロマオイルや、肉や魚などの料理に使われるハーブとしておなじみですよね。きれいな花を咲かせ香りも良いため、そのまま部屋に飾っても素敵です。古くから“若返りのハーブ”として、美容に役立てられてきた一面もあります。今回は、さまざまな使い方が楽しめる万能ハーブ・ローズマリーの魅力を、たっぷりご紹介します!

まずは、ローズマリーの基礎知識からご紹介しましょう。


 

Recommend

「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?

■ローズマリーってどんな植物?

ローズマリーは、地中海沿岸地方にルーツを持つシソ科の植物。聖母マリアにちなんで“ローズ・オブ・マリー”と呼ばれたことが、その名の由来と言われています。

・ローズマリーの香りは?花の色は?


 
 

出典:pixabay

ローズマリーは、すっきりとした強めの香りを持つハーブです。清涼感があり、薬っぽい独特の香りを好む人は多く、古くから料理やポプリなどに使われてきました。
常緑の美しい葉と、小さな青い花(白やピンクの品種もあります)をつけるため、そのまま部屋に飾っても素敵ですよ。

・ローズマリーにはどんな効能があるの?


 
 

出典:pixabay

ローズマリーの清涼感のある香りは、脳を刺激するため、記憶力や集中力を高める効能があると言われています。また、血行を促進する効果もあるため、古くはリウマチや痛風の症状緩和に使われていたとか。
また、ローズマリーの成分をアルコールで蒸留した液体は“ハンガリアンウォーター”“ハンガリー王妃の水”と呼ばれ、中世ヨーロッパでは医薬品や香水として珍重されていました。

・ローズマリーって、何に使えるの?


 
 

出典:photoAC

ローズマリーの使い道は多岐にわたります。
最も一般的な使い道は、肉料理や魚料理に添える方法です。独特の香りが食材のくさみをとってくれますよ。生のまま使うこともできますが、ドライやパウダーにしたスパイスが、スーパーなどで販売されています。


ほかにもハーブティーにしたり、ポプリやエッセンシャルオイルで香りを楽しんだりすることもできます。エッセンシャルオイルを垂らした水にぞうきんを浸し、床のふき掃除をするといい香りがしますよ。

・ローズマリーはどこで買える?


 
 

出典:pixabay

生(フレッシュ)のハーブは、スーパーの野菜売り場などで購入できます。乾燥させたスパイスは、同じくスーパーの調味料売り場に並んでいますよ。
ローズマリーのエッセンシャルオイルは、アロマ用品店などで購入できます。

・ローズマリーを育てるには?

出典:pixabay

ローズマリーの苗は園芸店などで購入できます。プランターでも比較的簡単に栽培できますよ。家庭菜園にローズマリーがあれば、いつでもフレッシュなものが使えるのでおすすめです。


 

■ローズマリーは生と乾燥では何が違う?使い方も知っておこう

ローズマリーは生でも乾燥させても使えます。生と乾燥したものの大きな違いは、香りの強さです。やさしい香りと濃い緑色を映えさせたいというのなら生、強い香りがほしいときには乾燥させたものがおすすめ。
 

・生のローズマリーの使い方

生のローズマリーの使い方は、料理の飾りとしてトッピングしたり紅茶にいれたりすると良いですよ。やさしい香りときれいな緑色に癒されるかもしれませんね。
 

・乾燥ローズマリーの使い方


乾燥させたローズマリーは香りが強く出るので、料理の下処理で使うのがおすすめ。肉や魚の臭み取りや、たれに加えるのも良いですよ。オイル漬けにして、ハーブオイルにするのも人気みたいです。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE