出典:photoAC

Lifestyle

2019年の忘年会の出し物、何にする?絶対ハズさない定番は

年の瀬に盛り上がるイベント、それは忘年会!年末は職場の仲間たちや、ママ友、学生時代の友人、さまざまなメンバーで行う忘年会の予定で忙しい!という人もいるはず。飲んだり食べたりするだけでも十分盛り上がる忘年会ですが、どうせなら出し物を企画してもっともっとテンションアップしちゃいましょう。今回はそんな忘年会の出し物について、おすすめをピックアップしてきました。

忘年会の出し物といっても大掛かりなものは準備も大変そうだし、練習が必要なものはハードルが高くて嫌…。では、手軽な出し物はどんなことをすればいいのでしょうか?まずは定番のネタから考えていきましょう!

■おすすめの忘年会の出し物(1)ダンス

出典:photoAC

イベントの余興や出し物といえば、やっぱりダンス!とは言っても、もちろん本格的なものでなくても大丈夫。スペースもあまり使わず、衣装や練習などの準備があまり大変ではないダンスもたくさんありますよ。
例えば、2017にドラマの主題歌として大流行した星野源さんの「恋ダンス」は、誰でも簡単に覚えられる振りつけとして一斉を風靡しましたよね。かわいらしい音楽に合わせて、楽しく踊ればそれだけで盛り上がります。
その他にも、2016年のピコ太郎さんの「PPAP」や、2018年ヒットしたDA PUMPの「U.S.A」は誰しもが聞いたことはある!というヒットソングで大人も子どもも大ウケ間違いなし。上手に踊れなくてもそれはそれで面白さが演出できるので、ダンスに自信がない人も安心。

■おすすめの忘年会の出し物(2)ゲーム

出典:photoAC

見るだけでなく全員が参加できる出し物といえばパーティゲームです。昔からの定番のゲームでいうと、「箱の中身はなんだろなゲーム」が準備も簡単でおすすめ。
片面が透明、もしくは開いていて中が見えるような大きめの箱を用意します。その中に、さまざまなアイテムを入れ、挑戦者が手を入れた感触だけで中身を当てるというゲームです。入れるものによってはかなり盛り上がるゲームなので、イタズラの度が過ぎない程度に工夫をこらしてみてはいかがでしょうか。

■おすすめの忘年会の出し物③クイズ

出典:photoAC

ゲームに次いで定番の出し物がクイズです。忘年会で行うクイズは、世間一般のクイズよりも身内ネタや内輪ネタに踏み込んで出題するのがポイント!周りの人や親しい人しか知らない、というマニアックなクイズを出題することで、みんなの真剣度が増しますよ。
例えば「部長の愛用マグカップに描かれている動物は?」など、思い出せそうで思い出せないという絶妙なラインのクイズを考えるのがミソです。

■準備が簡単な忘年会の出し物

ここでは準備が簡単にできる忘年会の出し物をご紹介!

・素人でもできちゃう?子どもたちも感心する、テーブルマジック

出典:photoAC

昔から余興の定番として親しまれているのが手品。コインやサイコロ、トランプを使って目の前で魔法のようにマジックをしてみせるというのは意外と楽しいものです。
そして、出し物というと笑わせることが狙いのものも多いですが、手品だったらみんなが感心してくれるという点も一味違いますよね。人を笑わせることに自信がないという人も、マジックなら挑戦しやすいかも。
You Tubeなどの動画サイトには、素人でもできる簡単マジックのやり方がたくさんアップされていますよ。

・予想以上に白熱!たたいてかぶってジャンケンポン!

出典:photoAC

バラエティ番組でもおなじみの「たたいてかぶってジャンケンポン」は、忘年会などの余興にぴったりのゲーム!用意するのはヘルメットとピコピコハンマーだけというシンプルさなので、練習も必要ありません。
二人の対戦者が向かい合ってジャンケンをして、負けたほうがヘルメットをかぶり、勝ったほうがピコピコハンマーで相手を叩くというルール。反射神経が試されるので、いつの間にか白熱して盛り上がってしまいます。

■大人数向けの忘年会の出し物

ここでは大人数向けの忘年会の出し物をご紹介!

・いつの時代もやっぱり盛り上がる!カラオケ大会

出典:photoAC

大人数の忘年会なら、会場も広い場所を貸し切るはず。そんなパーティシーンで盛り上がるのはやっぱりカラオケでしょう。曲選びにはセンスが問われますが、世代によって盛り上がる曲も違ったりして楽しいですよ。
カラオケに採点モードがついている場合は、チームに分かれて点数で勝敗を競うというのも忘年会らしい雰囲気になりそう。

・豪華な景品が欲しい!運が試されるビンゴゲーム

出典:photoAC

パーティのお楽しみといえば思い浮かぶのがビンゴゲームです。景品を用意するなどの事前準備は多少必要ですが、豪華な景品であればあるほど盛り上がるはず。
立場や年齢など関係なくルールが把握しやすいことと、完全に運でアガリが決定されるのは公平性があって良いですよね。マス目がそろったときには大きな声で「ビンゴ!」と叫ぶようにすると、よりイベント感が高まります。

■女子向けの忘年会の出し物

ここでは女子向けの忘年会の出し物をご紹介!

・味覚が大爆発!ロシアンルーレット

出典:photoAC

女子だけの忘年会の場合はかわいさを狙った出し物よりも、ちょっとしたリアクションが試される出し物のほうが盛り上がりそう。ロシアンルーレットは5~6人分程度の食べ物の中にひとつだけ激辛や激苦などの味覚を刺激するものが当たりとして混ざっているというゲーム。
全員で一斉に口に入れて、反応や表情で誰が当たりを引いたか当てるというのも面白いですよ。

・まさかの昭和ネタがウケるかも!二人羽織

出典:photoAC

昔ながらの宴会芸、二人羽織。二人羽織は二人一組になって行う芸で、前後に並んで二人が一枚の羽織を着用します。この際後ろの人は顔を出さないようにするため前が見えない姿勢に。
後ろの人は手を使って、前の人に食べ物を食べさせます。後ろの人は当然うまく食べさせられないのですが、その必死な姿に爆笑が巻き起こるという鉄板ネタです。メニューは蕎麦やラーメンなどの麺類が定番ですが、前の人の顔にかかったり溢れたりするので熱すぎないよう気をつけましょう。

■忘年会の出し物は振り切ったテンションで思い切り楽しもう!

忘年会の出し物の定番をご紹介いたしました。どんな出し物をするかは、メンバーや性別、人数などを踏まえて盛り上がりそうなものを考慮するのが無難!あまり親しくない人もメンバーに含まれる場合は、過激なネタや難易度の高すぎるものはやめておいたほうが良いかも知れません。なるべく準備や練習が必要ではなく、みんなが笑顔で楽しめる出し物を企画することで、気持ち良く年末を迎えられるでしょう。

musubi

車と音楽を愛する2歳男子を育児中。アート鑑賞が趣味で、観たい展示の為なら国内どこにでも飛んでいきます!いかにストレスフリーで過ごせるかが人生のテーマ。
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!