出典:photoAC

Baby&Kids

イヤイヤ期はいつからいつまで?年齢別の対処法やお役立ち体験談も公開

赤ちゃんから子供へと成長する段階で、「これをしたい」「これはしたくない」などの自己主張が激しくなってくる時期を「イヤイヤ期」と言います。子供が成長した証拠なので、成長を喜びたい反面、親としては手を焼いてしまうこともあるのでは?みんなが通るイヤイヤ期は、一体いつまで続くのでしょうか?

今回はイヤイヤ期の始まりと終わりの目安や、困ったときに役立つ対処法、イヤイヤ期を短くするためのポイントなどをお伝えします。先輩ママたちの体験談も参考にしてみてくださいね。

■どうしてイヤイヤ期はあるの?理由は?

イヤイヤ期は親としては頭を抱えてしまうこともあるのでは?なぜ、イヤイヤ期はあるのかみてみましょう。

・なんでも自分でやりたい

出典:photoAC

赤ちゃんから幼児へと成長していくにつれ、自分でやってみたいという気持ちが強くなるので、自分の力で挑戦しようとします。でも、まだまだ発達が未熟なので自分の思ったようにいかず、イヤイヤと反抗してしまうのです。

・自分のやりたいことが上手くできない

出典:photoAC

イヤイヤが起きるのは、「やりたいことが上手くできない」という自分へのイラ立ちが原因のひとつのようです。
上手くいかない、上手く伝わらないという気持ちが整理できず、泣き叫んだり、反抗をしたりします。まだ上手くできなくて当然の時期なので、大人が冷静に教えてあげるといいでしょう。

■イヤイヤ期はいつから始まるもの?

出典:photoAC

本格的なイヤイヤ期が始まるのは、「魔の2歳児」とも呼ばれる2歳頃からですが、始まる時期には個人差があります。早いケースでは1歳代で始まり、次第に行動がエスカレートしていく子供もいるようです。
「今までスムーズにできていたのに最近関わり方に悩むことが増えた」と感じる場合は、1歳代でもイヤイヤ期の予兆を見せているのかもしれません。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE