出典:photoAC

Baby&Kids

ベビーゲートは手作りできる!100均を活用してDIYしてみよう

何ごとにも興味津々な赤ちゃんは、危険がいっぱいの場所にも入ってきてしまいます。赤ちゃんを守るためには、ベビーゲートで侵入を阻止することが大切。でも、市販のものはそれなりの値段がするものです。
今回はおトクにベビーゲートを手に入れたいという人に向けて、手作りの方法を伝授。『Seria(セリア)』など100均でも手に入る材料で、ベビーゲートをDIYしてみましょう!

ベビーゲートが欲しい!みんなどうやって作っているのかチェックしてみよう。

■ベビーゲートって?どれくらいの期間使うものなの?

出典:photoAC

小さい子どものいる家庭で、目にする機会の多いベビーゲート。どのような場所へ設置するのか、使用期間はどれくらいなのかなど、ベビーゲートにまつわるアレコレをまとめました。

・ベビーゲートのイロハと設置すべき場所とは

出典:photoAC

大人が普通に行き来している場所は、小さな子どもにとって危険がいっぱい。ふとした瞬間に、事故やケガが発生してしまう可能性も否定できません。
子どもにが安全に過ごせるよう見守っているつもりでも、四六時中ずっと見続けることは不可能。ベビーゲートは、思わぬ事故を防ぐためにも欠かせない育児アイテムなのです。

出典:photoAC

ベビーゲートは階段の上り口や降り口、キッチンの入り口などに設置するのが一般的。マンションなど玄関の扉まで一直線の間取りなら、玄関の手前に設置するケースもあります。
ママがトイレへ行くあいだや料理をするときなど、ベビーゲートがあれば子どもの安全を確保することが可能に。子どもと接する時間の長いママたちにとって、ありがたい存在なのです。

・ベビーゲートは子どもがどれくらいの大きさになるまで必要?

出典:photoAC

ベビーゲートは、赤ちゃんがハイハイをし始める生後6・7カ月ころから、会話のやり取りがしっかりとできる3歳ころまで使用するケースが多いよう。子どもの成長に合わせてベビーゲートを取りつける場所が変化する場合もあり、家庭によって使用期間には多少の差が生じます。
ハイハイをし始める時期が早かったり、好奇心旺盛でいろいろなことにチャレンジしようとする子どもがいたりと、子どもによってもベビーゲートの使用期間には違いが。我が子の成長に合わせて、ベビーゲートの使用期間も調整しましょう。

■100均の材料を活用してベビーゲートを手作りする方法

出典:photoAC

さまざまな育児メーカーから発売されているベビーゲートですが、実は身近な材料を使用して簡単に手作りすることもできます。ベビーゲートの手作り方法について、確認していきましょう。

・100均でも売っているすのこを使って手作りする

出典:@nnm_mcdさん

まずは、すのこを使った方法から。押し入れに入れたり布団の下に敷いたりと、いろいろな場面で使われている“すのこ”。100均でも取り扱われている材料であるため、ひと昔前に比べて身近な材料となりました。

出典:ダイソーのすのこを使って、簡単DIYに挑戦しよう!

すのこを使ってベビーゲートを作るときは、つっぱり棒・木工用ボンド・紙やすり・結束バンドを用意。希望の長さになるようすのこ同士を木工用ボンドで接着し、ボンドが乾いたら結束バンドを使って外れないよう固定します。
つながったすのこの上下に結束バンドを使ってつっぱり棒をつけ、紙やすりで木のささくれなど取れば完成。手作りとは思えないしっかりとした作りと見た目なので、ぜひ試してみてください。

・ダンボールでもベビーゲートが手作りできる

出典:photoAC

家にダンボールが余っているという人には、ダンボールを使った手作りベビーゲートがおすすめ。空のダンボールだと重みがなく小さい子どもでも動かせてしまうので、本や水の入ったペットボトルなど重みのあるものをダンボールの中に入れておきましょう。
ベビーゲートを取りつけたい場所へ重しの入ったダンボールを並べ、そのダンボールを覆うようにボンドや両面テープを使って余り布を貼りつけます。ダンボールのベビーゲートは、たったこれだけで完成!簡易的なベビーゲートが欲しいときには、ダンボールを活用してみてください。

・開閉可能なベビーゲートを手作りしてみよう

出典:@ryosuke.1.9さん

すのこや園芸用の柵など、木製の材料と蝶番を組み合わせれば開閉式のベビーゲートを手作りすることもできます。開閉式のベビーゲートを作るときには、出入り口となる部分にカギをつけるのが鉄則!
子どもが届かない位置にカギをつけておけば、しっかりとゲートの役割を担ってくれる上に大人にとっても使いやすいものになります。

■必要な場所に手作りベビーゲートを取りつけてみよう

出典:photoAC ※写真はイメージです

ベビーゲートの手作り方法は、今回ご紹介した以外にもたくさんあります。L字型の木製ラティスやパイプなどを使えば、自立式のものを作ることも可能。ベビーゲートの設置を考えている人は、身近な材料を使って手作りしてみませんか?

syksn

おかっぱヘアの6歳女の子と、自宅で誕生した2歳男の子のママ。お笑いをこよなく愛する大阪人です。子供たちと好きな芸人の漫才を見ながら、日々我が子のお笑いセンスを磨いています。
カフェ巡り大好き!遅ればせながら着々とタピ活にもいそしんでおります。
【Instagram】asamakoma
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!