mamagirlより

Baby&Kids

哺乳瓶ケースのメリットはなに?代用品や手作りの方法も紹介

ミルク育児をおしゃれに助けてくれるグッズ、哺乳瓶ケース。かわいいデザインのものや、保冷効果があるもの、哺乳瓶が二本入るものなど、さまざまな種類がありますよね。今回は、便利な育児アイテム哺乳瓶ケースに注目。おすすめの哺乳瓶ケースや代用品、手作りの作り方など盛りだくさんでご紹介します!

哺乳瓶を収納して持ち運べる哺乳瓶ケース。「本当に哺乳瓶ケースは必要?」や「購入するまでの間使える代用品はないかな?」など、疑問に思うママも多いのではないでしょうか。ハンドメイド好きなママは、自分で作る哺乳瓶ケースの作り方も知りたいかもしれませんね。
そこで今回は、哺乳瓶ケースのメリットやおすすめの哺乳瓶ケース、代用品として使えるものや手作りの方法などをまとめてみました!これから哺乳瓶ケースを準備しようかなと思っているママや、出産祝いに哺乳瓶ケースを贈ろうと考えている人など、参考にしてみてくださいね。

■哺乳瓶ケースは必要?哺乳瓶ケースのメリットとは

出典:photoAC

ここでは、哺乳瓶ケースのメリットをまとめてみました。

・哺乳瓶を保護してくれる


哺乳瓶にはガラス製とプラスチック製がありますが、哺乳瓶ケースがクッションの役割を果たしてくれるので哺乳瓶の保護に役立ちますよ。

・ミルクがこぼれたときカバンが汚れずに済む


哺乳瓶は完全な密封性ではないので、傾けた場合ミルクがこぼれてしまうことも。哺乳瓶ケースに入れておけば、カバンやカバンの中に入れているほかの大切な物が汚れることがありません。哺乳瓶ケースを洗うだけで済むので便利ですよね。

・ママバック内の荷物を減らすことができる


哺乳瓶ケースにはたくさんの種類がありますが、保温保冷機能がついているタイプがほとんど。家を出る前に自宅でお湯を入れていけば、数時間後にはちょうどいい温度になっていたり、長時間保温したりすることができますよ。
哺乳瓶のほかに、ミルクやお湯が入った水筒を持たずに済むので、ママバック内の荷物を減らすことにもつながります。

■知りたい!哺乳瓶ケースの選び方

哺乳瓶ケースを探してみると、種類が多いことに驚くのでは?哺乳瓶を選ぶときは、素材やサイズ、デザインなどをチェックして選んでみてはいかがでしょうか。
タオル地のものや、中にアルミ蒸着シートが使われていて保冷機能があるものなど素材によって使い勝手が異なりますよ。
また、哺乳瓶を一本だけでなく二本収納できるサイズのものや、持ち手がついていて哺乳瓶ケースだけでも持ち運びしやすいデザインのものなどがあります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]