Baby&Kids

ベビーバスチェアって必要?ママも赤ちゃんも楽しいバスタイムが叶う!

赤ちゃんは、生まれてからはベビーバスを使っての沐浴でしたが、1カ月ほど経つと大人といっしょにお風呂に入れるようになります。赤ちゃんと二人でお風呂に入るときにとても役立つのがベビーバスチェア!ママが洗う間や、子ども二人いっしょにお風呂に入れるときなど、赤ちゃんを座らせておくことができるので、より安心してお風呂に入ることができます!

今回は、ベビーバスチェアの選び方や、おすすめの商品を紹介します。

■ベビーバスチェアはいつからいつまで使えるの?

出典:photoAC

ベビーバスチェアはさまざまなタイプがありますが、大きくふたつに分けると、「リクライニング型」と「イス型」があります。
「リクライニング型」はメーカーにもよりますが、首座りしていない生後1カ月から使用することができ、「イス型」は個人差もありますが、腰がすわる生後7カ月頃から使用することができます。
ベビーバスチェアは、リクライニング型もイス型も2歳まで使える商品が多いですが、赤ちゃんがハイハイできるようになったり歩いたりできるようになると、なかなかじっと座ってくれないことが多く、1歳前後にはベビーバスチェアを卒業することが多いようです。ベビーバスチェアがお風呂で活躍しなくなった後でも、イス型ならリビングなどで少し座らせておいたりする活用法もありますよ!

■ベビーバスチェアの選び方やポイントが知りたい!

出典:photoAC

ベビーバスチェアを購入するときには月齢に合わせて選びましょう。新生児から2歳まで長く使える物や、首座り前、腰すわり後の赤ちゃん向けのものがあります。また、いつ頃から使いたいか?など家族のスタイルに合った物を考えて購入することをおすすめします。

【安全性】
ベビーバスチェアを選ぶときに一番大切なポイントが安全性です。便利なアイテムですが、赤ちゃんの月齢や成長に合っていない物を使ってしまうと思わぬ事故に繋がる場合も…。安全のためにもしっかりと赤ちゃんに合ったものを選びましょう。

【素材】
ベビーバスチェアは毎日使うものなので、清潔を保つことができる物がいいですよね!
メッシュ素材は水はけが良いので乾きやすくカビが生えにくく、衛生的です。
プラスチック製は丈夫で耐久性があるので長く使うことができます。冬場は冷たいことが難点ですが、冷え防止マットなどを活用する人も多いようですよ!
空気を入れて膨らませるビニールタイプは簡単に折りたたむことができ、場所を取らないので「狭いお風呂場に出したままにしておくと邪魔…。」という人にはおすすめです。

出典:photoAC

【サイズ】
安全に使うことができるように赤ちゃんの体格に合わせて選びましょう。
また、使わないときに置いておくスペースはあるか?兄弟などいっしょに入っても邪魔にならない大きさか?など自宅の浴室の広さに合った物を選ぶと良いですよ。

【機能性】
背もたれの角度が変えられるか、などもチェックしておきましょう。
お手入れのしやすい物を選ぶのも大きなポイントです。毎日使う物ですし、デリケートな赤ちゃんに使う物なので清潔にしておきたいですよね。水キレの良いもので、パーツが分解できる物が理想です。
また、防菌・防カビ加工が施してある物だと安心ですよ!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]