Baby&Kids

西松屋のジュニアシートは高機能でコスパ最高♡ミッキー・ミニーデザインも

日本では原則6歳まではチャイルドシートの着用義務があり、子どもが成長にあわせてチャイルドシートからジュニアシートに移行します。ジュニアシートはチャイルドシートよりも簡易的なつくりですが、さまざまなデザインや機能性があるので、子どもが気に入る快適なものを選んであげたいですよね。

今回は西松屋のおすすめジュニアシートや、あわせて買うと役立つジュニアシート・カーアイテムをご紹介!まずはジュニアシートの使用時期や選び方を説明していきます。

■チャイルドシートの種類はどれくらいあるの?

チャイルドシートは対象年齢や使用する用途によって、「ベビーシート」「チャイルドシート」「ジュニアシート」の3種類に分けられます。一般的には、これらをまとめて”チャイルドシート”と呼ぶことが多いようです。それぞれに特徴や種類があるので、子どもの成長に合ったチャイルドシートを都度選ぶ必要があります。

■ジュニアシートはいつからいつまで使う?

チャイルドシートは、法律により”子どもが誕生してから6歳の誕生日を迎える日まで” 着用することが定められています。一般的にはチャイルドシートは新生児から3歳ごろまで使われることが多く、成長してチャイルドシートが窮屈に感じてくる3歳から4歳ごろになるとジュニアシートに切り替えるようです。

使っているチャイルドシートや子どもの成長の個人差も見極めたうえで、パパ・ママが判断することが大切。ジュニアシートは必ずしも3歳以降しか使えないということはなく、1歳から使用できるジュニアシートもありますよ。現役ママの口コミによると、回転式のチャイルドシートの場合、高さがあるので子どもが大きくなると天井に頭をぶつけそうになるなど乗り降ろしが不便に感じてきて、2歳頃にはジュニアシートに切り替えたという人も!

■ジュニアシートを選ぶときの3つのポイント

これだけは押さえたい項目をご紹介します。

・まずはシートと車が適合するかをチェック!

気に入ったジュニアシートがあっても、自宅の車に設置できなければ使うことはできません。車種適合表であらかじめチェックしてみてください。わからなければ、店頭でお店の人に尋ねると良いでしょう。

・ジュニアシートもisofix対応が便利!

出典:photoAC ※写真はイメージです

ジュニアシートの固定方法は従来型の「シートベルト式」と便利で新型の「ISOFIX(アイソフィックス)式」があります。シートベルト式は、ジュニアシートにシートベルトを通して座席に固定するタイプ。ISOFIX式は、座席のコネクターに専用の金具を差し込んで固定するタイプです。
装着が簡単でスムーズにでき、しっかりと固定できるので手軽&安心です!購入前に自宅の車がISOFIXに対応している車かどうかを必ず確認するようにしましょう。

・サイズ調整できると快適に長く使える

出典:photoAC ※写真はイメージです

子どもの成長は早いので、サイズ調整ができるジュニアシートが便利です。成長に合わせてインシートや背面などを取り外していけるロングユースタイプも充実しているので、チェックしてみてくださいね。

・Eマークの有無を必ずチェック!

出典:チャイルドシートの次はジュニアシート!切り替える時期やおすすめ商品は?

ジュニアシートを選ぶ際に、誰もが重要視するポイントは、まずは安全性だと思います。国の安全基準を満たすジュニアシートには、写真のようなEマークがついています。お店で販売している商品は信頼できますが、ネットでは安全基準を満たしていないジュニアシートも出回っていることもあるよう…。
また、おさがりなどの場合、現在の安全基準ではNGの可能性も!Eマークがあるかないか確認して、子どもの安全を守ってあげてくださいね。

■西松屋はチャイルドシート・ジュニアシートが豊富

出典:@ yagigigi1234 さん

西松屋では、マタニティー用品や育児用品の他、ジュニアシート・チャイルドシートや便利なカーアイテムまで幅広く取り扱っています。種類が豊富なのが魅力で、なかには西松屋でしか購入できない限定モデルのジュニアシートもあるんです!ミッキーやミニーなどの、ディズニーキャラのかわいいジュニアシートもありますよ♡

■西松屋のおすすめジュニアシート6選をご紹介

西松屋から人気の商品をピックアップ!

・定番人気!GRACOのジュニアマキシカラーズ

出典:筆者撮影

『GRACO(グレコ)』のこちらの商品は、西松屋限定のジュニアシートです。女の子におすすめなピンクのカラーもあります。ビビットな色合いがアクセントのデザインで、3歳ごろから11歳まで使えるジュニアシートです。価格は5,979円(税込)です。

出典:筆者撮影

購入されたママさんによると、ドリンクホルダーつきかどうかが購入の決め手だったそうです。飲み物だけでなく、お気に入りのぬいぐるみを入れたり、公園で拾ってきたどんぐりなどを入れたりと、さまざまな使い方を楽しんでいるそうです♡

・コスパ最強のラッキーブースターブラウン

出典:@ yagigigi1234 さん

こちらの商品は、3歳ごろから11歳まで使えるジュニアシートです。価格は1,649円(税抜)です。価格が安いので、普段使いだけでなく、帰省時の実家の車用に購入するのも良さそう!
口コミによると、お店で他の商品とも比べてみて、「ラッキーブースターブラウン」のジュニアシートが座り心地が良く、子どもが嫌がらずに乗ってくれたのが購入の決め手になったそうです。

・カラバリ豊富◎LEAMANのジュニアコレットシリーズ

出典:筆者撮影

『LEAMAN(リーマン)』のジュニアコレットシリーズは、カラーバリエーション豊富なので車に合った色が見つかりそうですね!
カラーは、レッド・ピンク・オレンジ・ベージュ・グリーン・ブルーの全6色。口コミでも3,000円台で安いのにつくりがしっかりしていると評判です。

・ディズニー好きにおすすめ!ミッキープレスブースター

座面のみでコンパクトな「ミッキープレスブースター」2,749円(税抜)。3~11歳頃まで長く使えます。ブラック×レッドのシンプルなカラーで車内がすっきり見せられ、座面は子どもがよろこびそうなミッキー模様になっているのでデザイン性も◎

・女の子に人気♡HG ミニーマウスチャイルドシート

ピンク×ブラックでキュートなデザインの「HG ミニーマウスチャイルドシート」は、女の子に大人気♡チャイルドシート、ジュニアシート、ブースターシートと、成長にあわせて取り外しながら使えます。ヘッド部分がリボンモチーフになっていて、とってもかわいいですよ。

・リクライニングができるチャイルド&ジュニアシート Oreille

「チャイルド&ジュニアシート Oreille(オレイユ)」17,999円(税抜)は、新生児から7歳頃まで対応のロングユースタイプ。成長に合わせた4段階のリクライニングができます。西松屋限定モデルで、サイドからの衝撃にも強い構造になっているのもうれしいポイントです!

■ジュニアシートの基本の付け方をレクチャー

1.座席の背もたれを適切な角度(100度~120度)に調節。

2.座席のヘッドレストを外す。外れないタイプの場合は、そのままで大丈夫です。

3.座席の上にシートを設置する。

以上がごく基本的な装着方法となります。詳細は実際に購入したメーカーの説明書を確認しながら設置するようにしてください。

■あると便利なジュニアシート・カーアイテムもチェック!

ジュニアシートの他にも、便利なアイテムが豊富です!

・暑さ対策に◎COOL & SOFT CUSHION

出典:筆者撮影

ベビーカーやチャイルドシート、ジュニアシートなどマルチに使える、「COOL & SOFT CUSHION」。凍らせても柔らかい保冷剤が計4個あり、頭・背中・座面のポケットに入れられます。ジュニアシートの熱さに困っているママは、試してみてくださいね!

・ふわふわで快適♡シートベルトクッション

シートベルトの不快感を和らげてくれるのが「シートベルトクッション」1,279円(税抜)。ドライブ中にうとうと眠ったときも、枕のように柔らかく支えてくれるので、パパ・ママも安心♡

・クーラーの効きにくい後部座席に◎クリップファン

暑い時期にあると便利なのが「SmartAngel クリップファン」1,159円(税抜)。クリップで手軽に取り付けられ、角度も調整できます。乾電池やUSBケーブル対応なので、車内での使用も可能。空調の効きにくい後部座席にジュニアシートを取り付ける場合は、特におすすめです!

■西松屋の店舗はどこにあるの?

ジュニアシートを選ぶなら、店舗に行って実際にふれて座り心地を確かめることをおすすめします。西松屋は現在全国に約1,000店舗ほどありますが、全店舗にジュニアシートが置いてあるとは限りません。
まずは、ジュニアシートがあるかないかをお近くの店舗に連絡をしてみてから行くと良いですよ!

■ジュニアシートで迷ったら西松屋に見に行ってみよう

西松屋にはデザインも機能性も魅力的なジュニアシートが豊富です。実際に店頭で試してみて、ぜひお気に入りのジュニアシートを見付けてくださいね。

isaco

お散歩大好きな1歳男の子のママです。親子遊びネタを増やしながら毎日楽しんでいます。看護師・保健師の資格や経験も活かしながらいろいろな記事を執筆中!
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!