出典:photoAC

Baby&Kids

新生児の布団ってどう選ぶ?チェックポイントやおすすめセットをご紹介

出産前の準備品のひとつでもあるベビー布団。新生児は1日のうち約20時間以上を寝て過ごすとも言われています。しっかりと良い睡眠をとることは成長していく上で必要なこと。そのため、快適な睡眠ができる環境を整えてあげることが大切です。では、どんなお布団を選べばいいのでしょうか?新生児の布団はどんなことに気をつけて選んだら良いのでしょうか。

そこで今回は、ベビー布団を使うメリットや選び方、おすすめの布団についてご紹介していきます。

■新生児にベビー布団は必要なの?大人用と何が違うの?

出典:photoAC

ベビー用布団は必要なのでしょうか?新生児用の布団は大人用の布団と何が違うのでしょうか?

・ベビー布団のメリットは?


大人よりも新陳代謝が激しい赤ちゃんは、寝ている間にたくさんの寝汗をかいてしまうもの。そのため、ベビー用の布団は大人の布団に比べて通気性に優れているものが多くなっています。また、サイズが小さいのでベビーベッドにはもちろん、寝室やリビングにも簡単に移動ができたり、洗ったり干したりが手軽にできるといったメリットもあります。

・大人の布団に寝かせる危険性とは?


大人用の敷布団は柔らかいものが多いので、赤ちゃんの顔が布団にうずまって窒息するなどの危険があります。また、大人用の掛け布団は赤ちゃんには重すぎることも。顔にかかってしまっても自分で取り払うことができないので危険です。添い寝などで大人といっしょに寝る場合も、十分に注意をしてあげてくださいね。

■新生児の布団を選ぶときのポイントは?

出典:photoAC

新生児用の布団を選ぶポイントをチェックしていきましょう。

・1)肌にやさしい素材を選ぼう


生まれたばかりの赤ちゃんは肌が敏感です。できるだけ肌に優しい素材のものを選ぶようにしましょう。化繊よりも天然素材のものがおすすめです。

・2)敷布団は適度な硬さのものを選ぼう


ベビー布団の敷布団の硬さは意外と重要です。1日のほとんどを布団で寝ている赤ちゃんは、柔らかすぎるものだと姿勢が安定しづらくなります。また、寝返りを打ったときに、柔らかい布団やまくらでの事故防止のためにも、適度な硬さの布団を選ぶのが良いとされています。

・3)掛け布団は軽いものを選ぼう


あまり重さのある布団だと赤ちゃんの負担になります。顔にかかってしまっても自分で取り払うことができないため危険です。適度に軽い掛け布団を選びましょう。

・4)洗濯のしやすいものが便利


赤ちゃんは寝汗をたくさんかきます。そのため清潔な状態を保つためにも簡単に洗濯できるものがおすすめ。シーツや布団カバーはもちろん、布団自体も洗濯機OKなものなら負担も少ないですね。洗い替えのシーツもあると安心です。
ミルクのはき戻しが多い場合は、ミルクの逆流を予防してくれる上半身全体を起こすように傾斜のついたまくらもありますよ。タオルなどをたたんで傾斜を作っても代用できます。

■お得なベビー布団のセットを選ぶのもおすすめ

出典:@ harenohi_117さん

西松屋などのベビー用品を扱うお店では、必要なものがそろったベビー布団のセットがあります。掛け布団や敷布団はもちろん、まくらや布団カバーに汗取りパッドなどが全て入っているので、何をそろえて良いのかわからない場合にも安心です。新生児用のグッズを準備する時期は出産前になることがほとんどなので、あれこれ悩むよりもセットになっているものを選ぶ方が、ママやパパの負担も少なくてすみますね。また、セット商品には敷き布団の敷く順番が書かれているので、初めて使うパパやママでも安心です。
セットで販売しているベビー布団をいくつかご紹介します。

・京都西川のベビー布団

出典:@ ayaka.o.s2さん

寝具ブランドの『京都西川』のベビー布団セットは、動物の刺繍のワンポイントや周囲に小さなポンポンの飾りがついているなど、おしゃれでかわいい布団です。こちらは11点セットで防水シートまでついています。掛け布団カバーや敷き布団シーツなどは綿100%と敏感な赤ちゃんの肌にも優しい素材に。全てが高品質のためお値段も高めですが人気があるのもうなずけますね。

・西松屋のセット布団

出典:@ ryumari1212さん

『西松屋』のベビー布団なら、ベビーミッキーやベビーミニーなどがかわいいディズニーキャラクターのベビー布団がおすすめです。

出典:@ ryumari1212さん

布団カバーや汗取りパッドなどはもちろん、洗濯ネットもセットになっています。

・しまむらのセット布団

出典:@ yagigigi1234さん

『しまむら』の「ベビー布団7点セット」は、かわいらしいイラストのセットです。写真は2018年の冬に発売された人気商品。洗い替えのシーツなどを追加で購入しても、お手頃価格のしまむらなら安心ですね。

■季節ごとに使いたい新生児用の布団について

新生児は大人よりも寝汗をかくなど暑がりやすいですが、布団を掛けないわけにもいきません。季節に合わせて布団や毛布などを用意する必要があります。

・<春>薄手の掛け布団や毛布を用意しよう

出典:photoAC

春は気候の良い日が多いので、薄手の掛布団や毛布を用意しましょう。日によって暑いと感じるなら、タオルケットも活用していきます。

・<夏>タオルケットなど通気性の良いもの

出典:photoAC

暑い夏は、掛け布団の代わりに薄手のタオルケットなど通気性の良いものを使いましょう。大きめのバスタオルなどでも代用できますよ。暑いようなら手足は出して、冷えないようにおなかに掛けてあげましょう。エアコンや扇風機の風が直接当たらないように気をつけてあげてください。

・<秋>タオルケットや薄手の毛布があると安心


秋も春と同様に気候の良い時期が続くので、タオルケットや薄手の毛布があれば十分ですが、春と違い少しずつ寒くなっていくので、掛け布団もすぐに使えるようにしておくと安心ですね。暑いようなら足の先を出してあげるなど、様子を見て調節してあげましょう。

・<冬>布団を蹴飛ばすベビーにはスリーパーがおすすめ

出典:@ mamakhrさん

新陳代謝が活発な赤ちゃんは、冬でも暑がって布団をはぐことがあります。様子を見ながら布団や薄手の毛布を掛けてあげてください。ベビーは夜中でも暑いと布団を蹴飛ばしてしまうので、真冬は写真のようなスリーパーを着用すると安心です。

出典:西松屋でベビー布団を選ぼう!売れ筋ラインナップをご紹介

写真のような敷き毛布パッドで敷布団もあたたかくするのもおすすめですよ。こちらは西松屋の商品です。

■新生児にはベビー用の布団がおすすめ

新生児の布団についてご紹介しました。機能やデザインにこだわったベビー布団は、大人よりも新陳代謝が活発なベビーに合わせて作られています。より良い睡眠の環境になるよう、選んであげてくださいね。

まあち

小学生の娘のママです。大好きなコーヒーと共に過ごすカフェタイムが至福のひと時♡雑貨やインテリアが好きで北欧へお買い物ツアーに行くのが夢です。
【Instagram】march.jp

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!