出典:photoAC

Lifestyle

布団の圧縮袋ってこんなにあるの?圧縮袋のラインナップをチェック

布団の収納って、かさばりますよね。そんなときに活躍してくれるのが布団の圧縮袋です。『ニトリ』を始めとしたホームセンターだけでなく、『DAISO(ダイソー)』や『Seria(セリア)』を始めとした100均にも取り扱いがあり、サイズも豊富。しかし一口に圧縮袋と言っても、いくつも圧縮方法がありそれぞれにメリットやデメリットがあります。

またしまいっぱなしにするとカビが生えてくることもあるので、乾燥剤を入れるといった知識も必要です。
今回は、かさばる布団や衣料品の収納に便利な圧縮袋の、ラインナップや使い方についてチェックしましょう。

■布団の圧縮袋の種類は?

出典:photoAC

圧縮袋は、中の空気を抜くことで容量を小さくする収納アイテム。この圧縮方法にはいくつか種類があります。

・手で圧縮できるタイプ


手で圧縮するタイプは、中に布団や衣料品を入れたあと、空気を抜きながらくるくる丸めて空気を抜いていきます。メリットは掃除機や専用ポンプなどの道具が不要なので、手軽に使えること。デメリットは空気を完全に抜くことができないので、圧縮率が掃除機などを使うものに比べ下がること。
だから、小さめのもの・軽いものなどを圧縮するのに向いています。布団であればタオルケットや薄手のかけ布団など、衣料品なら夏物の衣料品や薄手のはおりものなど。手で丸めるという作業のため、厚手のもの・大きなものは向きません。掃除機なしでOKなので、旅行の着替えなどのパッキングにも便利です。

・掃除機などで吸い取るタイプ

出典:photoAC

掃除機で圧縮袋の中の空気を吸い出すタイプには、専用の吸い込み口を使うものと、袋の開閉口に掃除機の先端を入れて空気を吸い出すものの2種類あります。スティックタイプの掃除機しかないという場合には、圧縮袋専用のポンプを使うという方法も。専用ポンプには手動と電動がありますが、サイズが大きい袋の空気を手動ポンプで抜くのは大変です。できれば電動のものを使いましょう。

出典:photoAC

掃除機で空気を抜くことが前提になっているので、大きな袋が多く厚手の布団や冬物衣料など、かさばるものの収納にぴったり。一方で、圧縮率が高いので、布団や衣類が押しつぶされて、取り出してすぐにはふんわりしないのが難点です。
使い方は収納したいものを入れてしっかり口を閉じ、掃除機などで空気を抜けばOK。収納スペースに合わせたサイズの袋を選ぶこと、カビが生えないように乾燥剤を入れておくことがポイントです。

■手で圧縮できる布団圧縮袋でおすすめはどれ?

続いて、手で圧縮できるタイプの布団圧縮袋をふたつご紹介します。

・ニトリの掃除機がいらない消臭布団圧縮袋


ニトリの圧縮袋ラインナップはとっても豊富。「掃除機がいらない消臭布団圧縮袋(L)」は名前の通り掃除機いらずで布団を圧縮できるスグレモノです。サイズはMとLの2種類あり、価格は555円~648円(税抜)となっています。布団の匂いをとってくれる消臭シートがついているのが特徴。
Lサイズの消臭布団圧縮袋1枚で、ダブルの掛け布団1枚を圧縮収納可能です。毛布であれば3〜5枚圧縮できるようですよ。

・ダイソーの布団圧縮袋

出典:筆者撮影

ダイソーの手で圧縮できる布団圧縮袋は種類がたくさんあります。
定番の「布団圧縮袋」は掃除機の差込み圧縮にも対応していますが、掃除機を使わずに手で圧縮もできるタイプです。Lサイズ 200円(税抜)であれば、ダブル掛け布団に対応していますよ。Mサイズ 100円(税抜)ならシングルの掛け布団までは大丈夫です。
スライダーファスナーがついているので、丸めながら空気を抜き圧縮しましょう。

出典:筆者撮影

「こたつ布団圧縮袋」や「羽毛ふとん圧縮袋」、「毛布圧縮袋」などもあるので、用途に応じて選ぶことができますね!

■掃除機を使うタイプのおすすめは?

出典:掃除機を人気の機種に変えて毎日のお掃除を楽しく快適に! @ eriharuyuuさん

掃除機を使う圧縮袋にはどんなものがあるのでしょうか?おすすめの圧縮袋を3つご紹介します。

・ニトリのふとん圧縮袋

出典:@ haduki_maidoariさん

ニトリには手で圧縮するタイプもありますが、掃除機で吸い出すタイプの圧縮袋もたくさんあります。
「布団圧縮袋」は多くの掃除機に対応しているので、安心して使うことができます。カラーチャックなので開閉もわかりやすく使いやすい圧縮袋です。
「布団圧縮袋 シングル掛布団用」「布団圧縮袋 布団まとめ一式用」「布団圧縮袋 大きめ掛布団用」は海外メーカーの掃除機にも対応していて、ノズルをあてるだけで圧縮される「カンタン圧縮」方式。オートロックバルブで手軽に圧縮できます。
価格は462円から555円(税抜)。Mサイズはシングル掛け布団1枚、Lサイズはダブルの掛け布団1枚を圧縮収納可能。
「布団圧縮袋 布団まとめ一式用」ならLLサイズなので、布団一式を圧縮できますよ。

・オリエントのいたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋

出典:photoAC ※写真はイメージです

『オリエント』の「いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」は、羽毛布団専用の圧縮袋。従来の圧縮袋に羽毛布団を入れて圧縮すると、圧力に負けて中の羽毛が折れてしまい、羽毛布団本来のふんわり感が失われてしまうのが難点でした。
その点、この「いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」は羽毛布団を丸めるタイプの圧縮。押しつぶさないので中の羽毛も守られ、取り出したときにふんわり元に戻ります。筒のように立てて収納するのが特徴です。シングルサイズの羽毛布団1枚、ダブルサイズの羽毛布団どちらか1枚が入り、収納時のサイズは30cm×100cmとコンパクト。

・ワイズコーポレーションの圧縮プラス


ニトリの圧縮袋はクローゼットケース、押し入れケースは別売でしたが、『ワイズコーポレーション』の「圧縮プラス」は収納ケースと圧縮袋が一体化したタイプ。
圧縮袋だけを積み重ねると、ものによっては凸凹しているためうまく重ねられないこともありますが、収納ケースと一体化させれば重ねて収納するのも楽ちん。付属のベルトで締めるので、万が一圧縮袋に空気が入って膨らんでしまっても、崩れることはありません。透明窓がついているので、中身の確認もばっちりです。サイズは75cm×50cm×25cm。

・オリエントのQ-PON!セット(ふとん用2P)


『Orient(オリエント)』の「Q-PON!セット(ふとん用2P)」は電動ポンプと圧縮袋がセットになったアイテム。
『Dyson(ダイソン)』を始めとしたハンディ掃除機はノズルの形状が合わず、うまく圧縮できないことが多いものですが、ポンプつき圧縮袋なら問題ありません。
オリエントのポンプは、片手で持てるほどコンパクトなのに掃除機に負けないほどパワフルだから、あっという間に圧縮が完了。またポンプも小さいのでかさばらずに収納できます。
さらにオリエント以外の圧縮袋にも使えるというすぐれものです。掃除機を使うよりも衛生的に圧縮ができるので、アレルギー持ちの人にもおすすめ。サイズは92cm×120cm。

■衣類用の小さめ圧縮袋も種類が豊富

衣類用の圧縮袋もご紹介しましょう。

・ダイソーの衣類圧縮袋

出典:@ haduki_maidoariさん

ダイソーの衣類用の圧縮袋はラインナップが豊富。手で圧縮するタイプには透明タイプのほか、ハローキティやチェリー柄などかわいらしいデザインのものあります。

出典:@ haduki_maidoariさん

透明タイプのサイズは30cm×40cm、35cm×50cm、45cm×60cm、50cm×70cmの4種類です。

出典:@ haduki_maidoariさん

・ラッキーシップのVACPAC トラベル用 衣類圧縮袋


『Lucky-ship(ラッキーシップ)』の圧縮袋「VACPAC」シリーズは、サイズごとに色が異なるのが特徴。空気を抜く穴が2か所あるため、少ない力で圧縮作業が可能。また空気残りも従来のものに比べぐっと減らすことができるようになりました。抗菌・防臭加工がしてあるので、旅行やスポーツジムの着替えを入れるのにも向いています。
サイズはS(27cm×38cm)、M(32cm×50cm)、L(42cm×50cm)、XL(50cm×70cm)の4タイプ、価格はM2枚入りが825円、L2枚入り、SMLアソート3枚入りが1,100円、XLとLの2枚入りが1,210円(すべて税込)となっています。

■布団の圧縮袋を使って上手に収納しよう

布団の圧縮袋についてご紹介しました。圧縮袋はこのほかにも「クローゼットに吊るすタイプ」や「ベッド下に収納するタイプ」など、種類が豊富です。収納するものや収納場所に合わせた圧縮袋を選ぶのがポイント。上手に利用して、かさばる布団や衣類をすっきり片づけましょう。

haduki

おしゃれなインテリアが大好きです。よろしくお願いします。
【Instagram】haduki_maidoari
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!