Baby&Kids

1歳児におすすめの絵本って?ハズレなしで長く楽しめるものを一挙ご紹介

立ち上がって歩き始める1歳前後の赤ちゃん。体の成長だけでなく、心や脳の発達も著しく赤ちゃんの世界はぐんぐん広がっていきます。
そんな1歳前後から絵本の読み聞かせを始めるというママやパパは多いのではないでしょうか。
今回はロングセラーの絵本をはじめ、しかけ絵本や寝かしつけなどテーマごとにおすすめを紹介。1歳頃から2歳、3歳、そしてもっと大きくなっても楽しめる本ばかりです♡

1歳児に絵本を読み聞かせるねらいは、言語、好奇心、そして脳への刺激です。言語をたくさん吸収すると言われている0~3歳。
言葉を真似したり自分で表現する楽しさを知ったり。これらはママやパパとの会話だけでなく、絵本を通じても学ぶことができるのです。
カラフルな絵やオノマトペ(擬音語、擬態語)などの言葉は、赤ちゃんをたくさん刺激してくれます。絵本を通じてベビーの世界を広げてあげてくださいね♡

■1歳の絵本選びのポイントをチェック!

出典:@cococo.ringoさん

1歳児にストーリー性の高いものはちょっと難しいかもしれません。
そこで絵本選びのポイントは、絵がシンプル、オノマトペがたくさん、リズムの繰り返しーこの3点をおすすめします。
1歳児といっても、生後13カ月から24カ月。脳や心の発達も大きいので選ぶ絵本もベビーの成長に合わせてさまざまかもしれません。
ベビーの好みを一番知っているのは、きっとママやパパです。上のポイントを押さえてお子さんが楽しめそうな絵本を選んであげてくださいね♡

■秋におすすめの1歳向け絵本はこれ!

出典:@moco___111さん

秋におすすめの絵本には長江 青さんの「ぐるぐるちゃん」を紹介します。どうにかこうにか、たくさんのどんぐりを集めていくリスの親子が愛らしく、とても秋らしい1冊です。
なんと作者はアパレルブランド『mina perhonen(ミナ ペルホネン)』のデザイナー兼プレスだそう。絵本製作は作者の原点回帰だったのだとか。ぜひ手に取ってご覧ください♡

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]