出典:photoAC

Lifestyle

布団は洗濯できる!丸洗いして家族の睡眠を守ろう

布団の汚れはほとんどが洗濯できれいに落とせるのをご存じですか?毎日使う布団につく汚れは汗や皮脂など、洋服につく汚れと同じですよね。洋服は毎日洗うのに、布団の汚れを放置していませんか?汚れを放置しておくと、ダニやカビが繁殖しやすくなります。布団の丸洗いで天日干しだけでは落としきれない気になる汚れを一掃しましょう。

ここでは布団の洗濯方法やメリット、料金などをご紹介します。

■清潔な布団で毎日快適に眠ろう!布団を定期的に洗濯するメリット

まず、布団を洗濯するメリットとはなんでしょう。

・布団を洗濯すれば臭いも雑菌も除去できる

出典:photoAC

人は眠っているときにコップ1杯分の汗をかくと聞いたことはありませんか?その水分を含んで湿気を帯びた布団は、湿度を好むダニやカビ菌の増殖場所に。また、毎日体がふれているお布団には汗の他にも皮脂、フケも付着しています。汚れをそのままにしておくと、悪臭の原因にも。
汗や皮脂、フケなどの汚れは、洋服につく汚れと性質は同じですよね。つまり布団もお洋服と同じ様に洗濯してあげれば、臭いも気にならなくなります。本来の通気性を取り戻した布団にはカビやダニも発生しにくくなりますね。

・キレイを保てば布団の寿命がのびる!

出典:photoAC

汚れた布団をそのまま使い続けると、布団生地の劣化が早まります。つまり、布団の寿命を縮めてしまうことに。汚れをきちんとその都度落とすことで、布団本来の、通気、保温、保湿などの機能を発揮して、長く使うことができます。キレイな布団であれば、寝心地や睡眠の質もかわってきそうですね。

■年に何回洗えばいい?布団の洗濯頻度はどのくらい

出典:photoAC

布団を洗う頻度はワンシーズンに1回くらいでOK。布団カバーをこまめに洗っていれば、そんなに神経質にならなくても大丈夫です。使用している環境によっては年に1回、2回でも問題ありません。ただし、子どものおねしょで大量に水分を含んでしまった場合や、ペットの抜け毛などがついてしまう場合は、放置して雑菌が増殖しないよう、早い段階で洗いましょう。お洋服と同じ様に、汚れたら洗う、が基本です。

■布団を傷めずに自宅で洗濯する方法をご紹介<ネットあり>

布団を自宅で洗う際に、布団の生地を傷めたくない場合は寝具用の洗濯ネットがおすすめです。100均やホームセンターでも購入できます。
ニトリにはたくさんの種類の洗濯ネットがそろっています。布団を入れて洗って、そのまま干す場所まで移動できるバッグ型のネットなども人気ですよ。近くのニトリで自分の洗濯のスタイルに合うものを探してみましょう。

出典:photoAC

■布団の風合いを損ねずに自宅で洗濯する方法をご紹介<ネットなし>

出典:photoAC

生地にキルティング加工がない布団を洗う際には中身の綿が偏らないように、ヒモで縛って洗いましょう。布団を三つ折りにした後に、ヒモでぐるぐるっと3~4箇所程度縛ればOK。麻ヒモを使用すると、洗濯している最中にもずれないというメリットもあります。

■布団を自宅で洗濯するときに事前にチェックしておくこと

では、自宅で布団を洗濯する前に確認しておくべきことは?

・自宅で洗える布団なのかどうか洗濯取り扱い表示を確認しよう!

出典:photoAC

最近では家庭で洗濯できる布団も多くなっていますが、洗濯前には取り扱い表示を確認しましょう。洗い桶のマークが表記されていれば洗濯機洗いも手洗いも可能。適正水温の表示や手洗い表示に沿って洗濯コースを選ぶのが理想です。

・布団をしっかり乾燥できる環境を確保しよう!

出典:photoAC

布団を自宅で洗濯したあと、干す場所がない!と慌てないように、スペースを確保しておきましょう。花粉やPM2.5、黄砂などにアレルギーがある人は室内干しもおすすめ。布団乾燥機を使用したり、日向のスペースに十分な通気ができる状態で布団を干したり、室内でも布団をしっかり乾燥させる工夫が必要です。乾燥が不十分な場合、布団の内部に湿気がこもり、カビやダニが繁殖しやすい環境になるので要注意!

■コインランドリーで布団を洗濯するメリットは?

出典:コインランドリー基本の使い方と最新トレンド★カフェ併設や水槽観賞も! @ smilelaundry_ritsukoさん

大きな布団を洗う容量のある洗濯機が無い場合や、天候を気にせず布団を洗濯したい場合はコインランドリーがおすすめ。カフェやスーパーに併設されている店舗などを利用すれば、洗濯をしている間にゆっくり買い物やコーヒーを楽しめますね。設置されている洗濯機の種類によっては、洗濯から乾燥まで自動でできるものも。

■コインランドリーで布団を洗濯する手順は?

出典:photoAC

コインランドリーによって置いてある機種はさまざまです。お店に、洗えるものと容量を提示してあるので、確認しましょう。布団を丸洗いできる大型の機種が置いてあるお店をえらぶのがポイントです。羽毛布団一枚が重さ約10㎏なので、それより少し大きめの14㎏程度の容量の機種がおすすめです。洗濯槽の中に布団を入れて、1割程度空きがでるサイズを目安にしましょう。手軽さがメリットのコインランドリーなので、布団を入れてコインを投入するだけでOK。あとは指定された時間に戻って来れば、きれいになった布団を持ち帰るだけの状態に。

■コインランドリーで布団を洗濯する時間や料金の目安は?

出典:photoAC

コインランドリーで布団を洗濯するのにかかる料金や時間はどのくらいでしょう。羽毛布団一枚を洗濯乾燥機で洗って乾燥した場合、1300円程度で、約2~3時間が目安になります。布団の種類や材質、サイズ、コインランドリーの店舗によっても金額は異なるので、事前に料金や時間をしっかり確認しておくことをおすすめします。

■クリーニングで布団を洗濯するメリットは何?

クリーニング店は洗濯のプロです。自分で洗う自信がない、という人はクリーニング店にお任せしましょう。素材に合わせたクリーニング方法で布団を傷めずにふわふわの状態を維持できます。また、宅配サービスのあるクリーニング店舗であれば、大きな布団を持ち運ぶ手間もなく、気軽に布団を洗濯できますね。

■クリーニングで布団を洗濯する料金・日数の目安は?

出典:photoAC

布団のクリーニングは手軽な反面、金額が気になりますよね。綿の掛布団シングル一枚で持ち込みの場合は4,000円前後。集配サービスを利用するとこれに集配の料金500円程度がプラスされます。サイズや材質の違い、クリーニング店によって、金額設定や日数は変わるのであくまで目安として参考にしてみてください。宅配の場合は枚数が増えればその分お得になるサービスになるお店もあるので、近くのクリーニング店の料金やサービスを事前に確認することをおすすめします。

■清潔な布団で毎日の眠りをよりよいものに変えられる

布団の洗濯方法をご紹介しました。お肌に直接ふれるものなので、清潔に保ちたいですよね。きれいな布団で毎日の睡眠をよりよいものにしましょう。

snoma

男の子2人のアラフォーママ。外遊びが大好きで週末はお外に出たがります。どんなに忙しくても日課のジャニーズのSNSチェックは怠りません。

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!