Baby&Kids

繊細な心の子でも心配無用!安心できると分かれば心を開く

vol.1260【1日1成長お母さん】人と比べず、子どもを信じて慣れるまで見守ってあげよう

入園準備にワクワクする一方、子どもがちゃんと通えるのか心配です

春から保育園や幼稚園に入園を控えている子どもがいる家庭では、入園グッズをそろえたり名前を書いたりワクワクしていることでしょう。
今まではお母さんと過ごす時間が多かった子どもが、まったく違う環境で毎日を過ごすと思うと「一人でお着替えできるかしら?」「お友達と仲良く遊べるかな?」と心配にもなります。人見知りが激しくお友だちの輪に積極的に入らないタイプの子だと、ちゃんと通えるのかお母さんも不安になりますね。

集団行動に慣れてほしいけど子どもは親の思い通りには動かないもの

1歳半のAちゃんは春から保育園に通い始めます。人見知りと場所見知りが激しく、外に遊びに行ってもお母さんの側から動こうとしません。お母さんが少し動くだけでも泣き出してしまいます。お友だちがいても少し離れてじっと様子を見ているだけで一緒に遊ぼうとしません。
入園までになるべく外に連れ出して子ども同士で触れ合う機会を作ろうと頑張るお母さんですが、一向に変化のないAちゃんが保育園に通えるのか心配です。

時間をかければ自分らしさを発揮する。焦らず長い目で見てあげよう

子どもは生まれながらに性格を持ち合わせており、キッズコーチングでは人見知りの激しい子を“デリケートタイプ”と言います。
このタイプの子は控えめで繊細、環境の変化にも敏感に反応し、なかなか自分を出せずにいます。おもちゃを取られても取り返そうとせず静かに泣くだけ。一見弱そうにも見え、集団生活の場では心配事は尽きません。
ですがもともと人が嫌いというわけではなく、慣れるのに時間がかかるだけ。焦らず長い目で見てあげると、仲良しのお友達もできます。

慣れるまでに時間がかかると割り切り、その子のペースに合わせてあげよう

このタイプの子はお友だちの輪に入らずに一人で遊んでいたりもしますが、近くで見ているだけでも楽しんでいたりもします。「何をしているのかな?」と見ていたり会話をしっかり聞いたりして一緒に遊んでいるのです。
性格も違えば遊び方も人それぞれ。「一人で寂しそう」「お友だちできるのかな?」と心配にもなりますが、その環境に慣れてくると自分を出しはじめ一緒に遊べるようになります。子どもの成長を信じて見守ってあげましょう。

今日の1日1成長

人見知りの激しい子の入園は慣れるまで子どものペースに合わせてあげよう
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
吉田あき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!